ライターの大久保 舞です。
好みの異性は、S(サディスト)とM(マゾヒスト)どちらか⋯⋯というのは、飲み会などで出やすい、定番の話題の一つですよね。
一般的には、女性はSの男性を好み、逆に男性はMの女性を好むとされています。

実際のところは、どうなのでしょうか。今回は、筆者が男女にリサーチをした結果を元にお伝えします。

女性はSの男性を好む傾向があるものの、中には⋯⋯


女性がSの男性を好み、男性がMの女性を好むのであれば、まさに需要と供給が合っていますよね。
今回のリサーチをした中でも、女性の回答はほとんどが「Sの男性」がいいという結果となりました。

「Sが好みですが、人を追い詰めるような、可虐的なSは好きではないです。ちょっとイジワル・いたずらっぽい感じのSがタイプです」(20代・女性・クリエイター)

「ガチな感じのSじゃなくて、イジワルぐらいのS」(20代・女性・事務)

ただ、本物のSというよりは、いわゆる「Sキャラ」ぐらいの男性が好まれているようです。

「Mの男性。高圧的な態度が苦手なので。私は弟がいるのですが、いつも“お姉ちゃん”でいることが自然だったので、そのせいもあるかもしれません。夫は末っ子なので、おかげでバランスがとれています」(20代・女性・主婦)

主婦の方には、こんな意見も。
女性がS、男性がMというポジションでも、実際に夫婦としてうまくいっているのであれば、何も問題がないという証拠ですね。

男性の好みは本当に人それぞれ


「絶対にM。好きな子にはイジワルしたいから」(30代・男性・建築業)

「Mですかね。いじめられたそうにしている顔や、自分が少し優位な状態が好きなので」(20代・男性・大学生)

「M。リードしたいというエゴがあるので」(20代・男性・接客業)

このように「Mの女性がいい」という男性の意見も複数あったものの⋯⋯。

「どちらかといえばMがいいけれど、好きになればこだわりはない」(30代・男性・製造業)

「SとM両方。好きになってしまえば、どちらでも関係ない」(30代・男性・接客業)

このように「好きになればどちらでもOK」という意見もありました。

「私自身、MなのでSの人が好きです。普段は言いにくいですね。言える場面は、女性と二人きりなど、かなり限定されます」(40代・男性・営業)

「S。ちょっといじってもらえると楽しいから」(30代・男性・専門職)

また、男性でも「Sの女性がいい」という意見は、当たり前ですがありました。
筆者個人としては意外だったのですが、男性がMでも何もおかしいことではないはずですよね。
それでも、一般的には男性はSが多いというイメージがあるのは「普段は言いにくい」という意見のように、男性は自分がMでも、そうだとは言いにくいのかもしれませんね。

まとめ


深い意見がたくさん出てきて、筆者としても、大変参考になるリサーチ結果となりました。
SとMの男女だからといって、必ずしもうまくいくとは限りません。
ノーマルであろうと、Sであろうと、Mであろうと、お互いが好きになれば、あまり関係はないでしょう。
どうしても性癖的にこうでないと⋯⋯という場合以外は、こだわりすぎる必要はないのかもしれないですね。

(大久保 舞/ライター)

■S男とS女は相性が悪い!? カップルの相性が調査によって判明
■運命の人は年上? 年下? 同い年? 二人の年齢差はどれくらい?
■誤解していませんか?「本当のSとMの定義」

恋愛】の最新記事
  • 恋愛に生かしたい! 芸能人に学ぶ「セルフブランディング」テク
  • 1000のモテテクを覚える前に、気を付けたい「たった一つのこと」
  • コンドームつけない男子53%……女性の本音は?
  • 恋が持続するのは4年まで!恋愛感情が愛情に変わった瞬間とは?
  • 過去の恋愛引きずってない? 縁切り風水で新しい恋を呼び込もう!
  • 長女の恋愛傾向は2パターンある!あなたはどっち?
  • あなたは本命?彼の気持ちが気になったら「ブランチデート」に誘おう
  • 恋愛とか結婚って必要なの?|エマちゃんの幸せライフハック