学生時代の恋に憧れ、大人の恋に悩んでいるみなさんへ。
高校生の頃に好きだった人が、大人になったいま、何をしているのか、考えたことはありませんか?
 
はたまた、大人になってから好きな人がなかなかできづらい。高校時代のように純粋に好きな人ができたらいいのに……。そんな風に、ふと思ってしまうことってないでしょうか。
 
高校生までの恋愛と、大人の恋愛は何がどう違うのか。今回はその違いを考えてみました。
 

気持ちと条件の優先順位の違い

 
高校生までの恋愛は、純粋に相手を想える恋愛だったと思います。
同じクラスの人を好きになり、場合によっては付き合い、エッチなどを得て、関係が進んでいく……。
お互いに気持ちが高まれば、たちまち関係は深まりやすかったのではないでしょうか。
 
一方で大人の恋愛は、お互いに年齢が大人であることから、気持ちをさらけ出すことができなかったりすることがあるもの。
気持ちで恋愛をしていた学生時代と違って、大人の恋愛は「頭」でしてしまうことが多いのでは?
 
相手の仕事柄、年収、年齢など――。性格、人となりとは別に、相手の条件が気になる女性も多いのではないでしょうか。
 
相手のことは気になるけど……。条件を意識して、気持ちにブレーキが掛かったり、冷静になってしまうことって多いかもしれませんね。

出会いが見つかりやすい、見つかりにくい違い

 
学生時代の恋愛は、学校というお互いが同じ生活、年齢というコミュニティのなかにいるので、気になる人が見つかりやすかったのでは?
 
その点、大人の恋愛は、社会というコミュニティのなかで始まります。社内、街コン、ネットなど、出会いの場は多岐にわたりますね。
 
同じ会社でも、いろいろな人が働いていると思います。多感な学生時代と違って、大人になってしまうと、恋をしたいと思ったときには、自分から出会いを求めなければ、いい人に出会えないという見方もあるでしょうか。
 
そのため、学生時代のほうが出会いがたくさんあった。そんな感覚を持つ人がいるのも、こうした影響からかもしれません。
 

責任の伴い方の違い

 
学生時代であれば、お互いにまだ学生の身分なので、結婚の話には至りづらいと思います。
でも、大人になれば社会の仲間入りです。
自分で好きな人を見つけ、そして、相手との関係に責任を持つのは、大人ならではの恋愛の仕方と言えるのではないでしょうか。
 
たとえば結婚すれば、子どもも生まれるでしょう。自分たちが親となって、自分たちの家庭を持つ。それが大人の恋愛だと思います。

おわりに

 
いかがでしたか。ざっと挙げただけでも、これだけの違いがあると思います。
学生時代と大人とでは、恋の仕方が違ってきます。好きな人との出来方も違えば、関係の図り方も違ってくるでしょう。
 
そうしたなかでも、自分がいいなと思う人と一緒になるのは、大人も同じ。
ぜひいい相手を見つけて、いい恋愛ができるといいですよね。
 
■純粋な愛情表現が魅力!夢女子に学ぶたくましさと深い愛 
■純粋さをこじらさせた女たち~「毒女」のセルフチェック8つ
■彼氏が彼女に対していつもよりかわいいと思う瞬間
 

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • 愛し合う、パコる…聞き流すわけにはいかないセックスの呼び方
  • 婚活では男の尻に注目!デキる男は尻で決まる3つの理由
  • 恋愛に模範解答なんてない。相手の反応を考えすぎるのやめませんか?
  • 幸せな結婚をしたいなら!自分の欲望に正直になろう
  • ゲイ風俗とゲイバーで働いていたオカマだけど質問ある? 〜ゲイの恋愛事情編〜|もちぎ
  • 付き合っていても不安になる理由。期待・深掘り・妄想はしないこと
  • 男性は「エロい彼女」が欲しい!思わずドキッとさせるちょいエロとは?
  • 「セックスフレンド」との正しい付き合い方10カ条