恋がうまくいかないことが続くと、「私って、恋愛に向いていないかも……」と、感じてしまいませんか。俗にいう、恋愛不適合者でしょうか。
 
恋愛は相手がいることです。どんな相手と恋をするのかは、とても大切ですが――。
どんなに相性のいい人でも、あなた自身の恋の仕方が変わらない限り、思うような付き合いができず、別れてしまうと思います。
 
今回は、自身の恋愛がいまひとつうまくいっていない女性に向けた、恋愛下手な人の特徴を挙げてみました。
 

恋愛経験が乏しい

 
しばらく恋をしていなかったり、普段異性との接点が極端に少なすぎると、いざ恋をしても、相手をどう振り向かせたらいいのかわからない。異性とどう接したらいいのかわからない――。
そんな状態では、出会いがあっても思うようにアプローチできず、それこそ恋愛下手という状態になってしまいそうですね。
 
こうしたタイプの女性は、男友達を作るだけでも、異性への接し方がだいぶ改善されそうです。
ほかにも、普段から飲み会や街コンなど、異性と接する機会を作るだけでも、いざ異性を前にしてもヘタに緊張したり、意識したりすることはなくなるのでは。
 
恋愛は、経験値がものをいいます。例えアプローチに失敗しても、その経験が恋愛スキルに変わります。振られても告白の経験があれば、次の恋に生きてくるはず。男性の見る目も養われてくるでしょう。
モテる女性は、ルックスなどに恵まれている場合もあるでしょうが。日ごろから積極的に恋をしているからこそ、アプローチの仕方などが上手なのだと思います。
 

恋愛に憧れを抱き過ぎている

 
普段から恋をしている女性でも、恋愛に対する憧れが極端に強すぎる――。たとえば恋愛ドラマ、マンガ、2次元の男性キャラクターの影響を受けすぎて、「恋とはこういうもの」「男性とはこういうもの」という、イメージがかたくなにあると、いざ恋をしてもうまく行きづらそうです。
 
リアルの男性は、2次元の男性よりも完璧ではありませんし、むしろ「頼りがいがない」「気が小さい」など、マイナスに感じることも多いかもしれません。
でも、完璧な人が存在しないように、誰かしら欠点はあるものですし、反対に魅力や尊敬を感じることもたくさんあるはず。
 
付き合う相手が変われば、恋の仕方も変わります。「こんな恋がしたい」と憧れを持つことは、悪いことではありませんが――。
相手のことを知って、相手との関係を図り、相手との恋を前向きに楽しむことは、相手と付き合ううえで、欠かせないポイントです。恋はひとりではできません。
相手の気持ちを尊重したり、相手が幸せを感じられるよう、どう付き合ったらいいのか。あなたなりに考えて、行動する優しさや配慮も必要になってきますね。
 

気を遣いすぎてしまう

 
好きな人に嫌われたくない思いが強く、自分の意見を言えなかったり、相手に合わせ過ぎてしまう人は、相手との関係がうまく行きづらいかもしれません。
等身大の自分を出せないのはツライものです。友達との関係も、相手になんでも言いたいことが言えるからこそ、気楽に付き合え、一緒の時間が楽しいと思えるのでは。
 
恋愛だって同じです。相手に言いたいことをなんでも言えて相談できる関係のほうが、一緒にいて気が楽でしょうし、相手も同じように感じるでしょう。
そのほうが関係も充実し、ふたりの仲も深まるはず――。相手に弱みを見せることができて、初めて相手はあなたのことを知ることができます。
自分を見せることを恐れず、等身大の自分を見せていきましょう。相手の愛情が本物なら、あなたの弱みを知ったくらいでは離れていきません。
 
いまは恋愛下手でも、気にする必要はありません。出会いを求めて、失敗し、成功を繰り返していくうちに、自然と恋愛上手になっていきます。恋をすることを怖がらず、前向きに楽しんでみてください。
 
(柚木深つばさ/ライター)
 
■男が思わず引いてしまう間違った恋愛アプローチ
■出会い占い|あなたに良い恋愛をもたらす場所はどこ?
■思いやりが大切?甘え上手とわがままの決定的な違い
 

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • 付き合っていても不安になる理由。期待・深掘り・妄想はしないこと
  • 男性は「エロい彼女」が欲しい!思わずドキッとさせるちょいエロとは?
  • 「セックスフレンド」との正しい付き合い方10カ条
  • 高校生までの恋愛と大人の恋愛は何が違うの?
  • 尻軽じゃない「この人、脈ナシ」と思ったら諦めるのが幸せへの近道
  • 「好きになること」「愛すること」って、どういうこと?|エマちゃん
  • 「ひとりの人とだけ恋愛もセックス もする」以外の恋愛の形もある
  • 思わず赤面!アンダーヘアにまつわる恥ずかしい体験談5選