「遅くなっちゃったし家まで送るよ」と紳士ヅラをして近づいてくる送り狼。好きな人からのお誘いならうれしいですが、興味のない人や気持ち悪い人から露骨に性的欲求のはけ口として見られるのはストレスですよね。
 
まずは、ファーストステップとして、当たり前ですが、そもそも家まで送る口実となる遅い時間まで一緒にいないことをおすすめします。次に、“送らせない”ことも重要です。
 
男性としては、「家まで送っていくのがOK=自分に少しでも気がある」と思うものです。興味のない男性にそんなことを許したら勘違いされても文句は言えません。
 
女性が自分で口実を与えておきながら、断りづらいからと言って、心配して送ってくれようとする男性全員を敵に回さないことを念頭に置きつつ、今回は、サクッと送り狼を撃退する方法についてご紹介します。
 

送り狼の撃退法1 タクシーに乗る

 

「もう電車もなくなっちゃったから車で家まで送るよ」と言われたら、「タクシーで帰るから」と断言し、すぐにタクシーを捕まえましょう。
 
ラクをしたりお金を節約したりと、「車で送ってもらって、家に上げなければいいや」と考えてしまいがちですが、送り狼狙いの男子の場合、家まで送り届けた後に「トイレかして」「家で飲み直さない?」とゴネるケースも少なくありません。そういった面倒を避けるために、まずは車に乗らないことが大切です。
 
もし送ってもらうことになってしまっても、家の真ん前まで送ってもらうことは避けましょう。
 

送り狼の撃退法2 彼氏と同棲していると言う

 

断りきれずに家まで送り届けてもらった場合、送り狼狙いの男子は、なんとかして家に上がりこもうとしてきます。家にあげたら面倒なことになりますから、まったく相手に興味がない場合は「実は彼氏と同棲しているんだ」など、どうにかして家に上げないための言い訳を考えましょう。
 
仮に「いいかも」と思っている相手でも、初めから家にあげることは避けたほうが賢明でしょう。軽い女だと思われるのがオチです。
 
男性からしてみれば、送っては来たものの家にあげて欲しいと思っていない場合もあります。自分から一人暮らしの自宅に誘い込む女性に対して、男性は「俺以外の男にもこうしてるんだろうな」と疑念を抱いてしまいます。

送り狼の撃退法3 親・家族と同居していると言う

 

「彼氏はいない」と言ってしまっている場合には、部屋に上がらせないために「実家に住んでいる」「お兄ちゃんとルームシェアしている」などの言い訳を使いましょう。
 
ただ、一夜限りの身体目的で送ってきた男性なら、「あいさつしたいから」といって、無理やり家の前まで行って女性の嘘を暴こうとしてくる場合もあります。
 
そうさせないためにも、途中のコンビニまで引き返したり、「ここまででいいよ、近いから。さすがに家の前まではね」と断りを入れましょう。車なら急いでいるふりをして早々と降りたり、車を停めさせないようにして、お礼だけ言って足早に家に駆けこみましょう。
 

送り狼の撃退法4 何か買ってきて、と言う

 

しつこく部屋に入りたがってくる場合は、部屋片づけるから、と前置きしつつ「水が無いから買ってきて」などと言って追い払い、家の鍵を閉めてしまいましょう。
 
ただ、一緒に買いにいこうだの、部屋は散らかってるくらいのほうがいいだの、押し問答になることも十分予想できます。家の前だと周囲の住人に気を遣って、しぶしぶ家の中に入れてしまうこともありがちです。そうなると送り狼男子の思うつぼ。ぜひ家の前までたどり着く前に実施したい作戦です。
 

送り狼の撃退法5 直球で断る

 

遠回しに断っているのに気がつかずに厚かましく迫ってくる場合には、「もしかして、家に上がろうとしてる? さすがにそれは無理。送ってくれてありがとう、でもドン引きだわ」「あんまりしつこくすると警察呼ぶよ」と直球で断りましょう。
 
日本人は「NOと言えない民族」なんて言われていますが、とくに女性は「断れない」人が多い気がします。ですが、空気の読めない男性にはいくら遠回しに「嫌だ」と伝えようとしても伝わらないことが少なくありません。
 
自分を守るために、嫌なことには、ハッキリと「嫌だ」と伝えの必要があります。自分でハッキリ断ることができない性格だと自覚している場合は、「その気のない男性の車に乗らないこと」を徹底しましょう。
 

さいごに

 

今回は、興味のない男性の「送り狼狙い」を撃退する方法についてご紹介しました。
 
送り狼はしつこいのが当たり前です。すんなり撃退できるのならいいですが、実際にはそういうわけにいかないことも多いでしょう。
 
ですから、まずは“興味のない男性と遅くまで過ごさない”、“送らせない”という、当たり前のステップを大切にしたいですね。二度三度会って楽しかっただけの素性の知れない男性に、自分の住所を教えるというのは、考えただけでもゾッとします。これが理由で引っ越しをすることになったという女性もいるでしょう。
 
その上、恋人探しの中でいい人に巡り会いたいと思っていたのに、身体までやすやすと許してしまうと、自暴自棄にもなりますし、次に会う男性にも不信感を拭えません。
 
セックスはしたい時にしたい人とするものです。「押し切られてしてしまった」「断りきれなかった」といった不本意なセックスは後悔することになりがちです。興味の無い男性から、「セックスしたい」という欲求を向けられても、ハッキリと断った方が良いでしょう。
 
(今来 今/ライター)
 
■「今日、家にお父さん来てるから」送り狼をうまく断る方法4選
■送り狼に気を付けて!豹変する男性の見分け方
■こうやって断ろう! デートの誘いの上手な断り方

恋愛】の最新記事
  • 幸せな結婚をしたいなら!自分の欲望に正直になろう
  • 「富山県」に嫁ぐが正解?富山県民が幸せな結婚生活を送る理由
  • セックスの満足度が段違い! 女性がオーガズムに達する秘密の方法
  • 良いセックスはキスで決まる!男を悶々とさせるキスとは?
  • 彼氏からの愛情表現が物足りない…マンネリカップルに刺激を与えるのは嗅覚!
  • 熱い夜を過ごしたい! マンネリ彼氏、草食系男子を欲情させるテク6選
  • 男性が本命女子には「絶対しないこと」
  • 私の性欲は異常⁉ 女性の性欲の理由とコントロール方法