「相性が合う人とお付き合いしたい」と考えている人は多いでしょう。
 
「相性が合う」の「相性」には、食の相性も含まれています。
そのため、食生活が合わない人との恋愛は破綻してしまう可能性があります。
 
今回は、食生活の乱れから恋愛関係が破綻してしまったエピソードを4つご紹介します。
 

食生活の乱れから恋愛関係が破綻したエピソード1 プロテイン・オンリー

 

「僕はプロバスケットボール選手を目指しています。
食生活には気を使っている方ですが、筋肉を鍛えるために食事はプロテインバーやプロテインシェイクで済ませることも多々あります。
 
彼女がデートで美味しいものを食べたくても、僕は付き合うことができません。
 
そういったすれ違いから、関係が破綻してしまったことがあります。
 
僕は食事に気を使っているつもりでしたが、彼女からは、ちゃんと食事していない人に見られていたみたいです」(17歳・高校生・男性)

食生活の乱れから恋愛関係が破綻したエピソード2 カップ麺ばかりの日々

 

「私は食に興味がないので、家に大量にカップラーメンを常備していて、日々それを食べています。
 
人にあわせないでいいんだったら、三食カップ麺でも大丈夫です。
初めて彼氏が家に来たさい、家にある大量のカップ麺にドン引きしていました。
 
彼は不摂生すぎると言って、私をいろんなお店に連れていってくれたり、手料理を作ってくれたりしました。
 
にも関わらず私がカップ麺至上主義者であることは変わらなかったため、彼に愛想をつかされてしまいました」(21歳・大学生・女性)
 

食生活の乱れから恋愛関係が破綻したエピソード3 賞味期限は無視

 

「賞味期限ってだいたい、かなり早めに設定されていると思うんです。
だから賞味期限は無視して食材を食べています。
 
あるとき、彼女にご飯を作ってあげたさい、食材が腐っていたらしく、お腹を壊してしまいました。
 
そんなズボラさが嫌だったらしく、ふられてしまいました」(26歳・営業職・男性)

食生活の乱れから恋愛関係が破綻したエピソード4 アルコール中毒寸前

 

「自分では自覚はなかったのですが、彼氏からは『アル中じゃない?』と言われていました。
 
酔って記憶がなくなることも多々あり、そんな私の世話をするのが嫌になったらしく、関係は破綻しました。
 
ふられたあとで事の重大さに気がつき、アルコール外来に言って相談しました。今は休肝日を作って節制しています」(29歳・広告代理店勤務・女性)
 

食生活の乱れは、心の乱れ。健康な関係は、健康な食生活から!

 

食生活が乱れているということは、心もとっちらかっていることが多いようです。
 
健全な恋愛関係を育みたいなら、あまり偏った食生活は避けるべきでしょう。
 
あるいは、同じように偏った食生活の、気の合う人を見つけるという方法もあります。
 
いずれにせよ、最低限、健康を害さない食生活を心がけた方が良いことは確かでしょう。
 
今来 今/ライター
 
■彼氏と結婚する流れかと思っていたけど、ふと「違うな」と思う瞬間とは?
■異性に対して「相性が合わないな」と感じるポイントとは?
■同棲解消するときに気をつけるべきポイント3つ

恋愛】の最新記事
  • 12星座別|2022年下半期の恋愛運ランキング
  • 「性欲の強い男性、事前に見極める方法はあるの?」実はこれ、あります!
  • 恋愛上手がみんなやっている「ギブアンドギブ」ってなに?
  • 出世間近?将来有望な「超多忙男子」を落とすコツ6選
  • わがままな人が相手を思いやりながら恋愛をするコツ3つ
  • ※要注意※アラサーになると似合わなくなるファッション3選
  • 真面目で性格がいいけど、冗談がいえない人との付き合い方
  • 恋人関係が長続きしない「屈折した愛の伝え方」