「彼氏が浮気をしてつらい」
「ふられてつらい」
など、恋愛で涙したり傷ついたりした経験がある方は多いでしょう。

なぜ、恋愛すると傷ついたりつらい思いをしたりするのでしょうか。

恋愛で「つらい」状況とは?


恋愛でつらい思いをする状況は多岐にわたります。

・不倫の恋で人目を忍ばなければいけない
・不倫の彼が離婚してくれなくてつらい
・彼氏にふたまたかけられていてつらい
・彼氏と遠距離で会えなくてつらい
・片思いが実らなくてつらい

など、状況は違えど、「彼を独占できないこと」「彼から愛情を与えられないこと」「彼と一緒に時間を過ごせないこと」で感じる辛さが多いようです。


恋愛がつらい原因①ほかにすることがない


なぜ、このような状況につらいと感じてしまうのでしょうか。

その大きな理由のひとつが、暇だから、ではないかと思います。

夢中になれる趣味や仕事があったら、彼とずっと一緒にいたいとは思わないはずです。彼からふたまたをかけられて、貢がされて、ふられたとしても、彼があなたの生活の一部であれば、そこまで傷は深くなりません。辛いという気持ちを長期間引きずってしまうのは、あなたの生活が彼一色になっていた、つまり、恋愛のほかにすることがないほどに暇だったと考えられます。

夢中なことや、絶対に実現したい夢がある人は、恋愛が人生のプライオリティの一位ではありません。そのため、辛さを感じることが少ないのです。

何もすることがない人、恋愛でしか喜びを感じられない人ほど恋愛から受けるダメージは大きくなります。

恋愛がつらい原因②彼を愛していない


「こんなに好きなのに彼から愛情を返してもらえなくてつらい」と感じている場合、たいていは自分の気持ちをも偽っています。

あなたは彼を愛しているのではなく、ただ執着しているのです。本当に愛しているならば、相手の幸せを願うはず。「私と幸せになって」と願うのではなく、「彼に幸せになってほしい」と願うのが愛です。

「私以外の人と幸せになるくらいなら、死ね!」
「他の女を好きになるなんて恨んでやる」

これって愛でしょうか?
そうは思えません。

「恋をしていてつらい」という人は、自分では、「彼を愛しすぎてつらい」と思っているかもしれませんが、実際は、あなた自身が「彼に愛情がなさすぎるがゆえ」に辛い思いをしているのです。


さいごに


恋愛でつらい思いを抱き続けることを避けるためには、自分自身が充実している必要があります。恋愛を第一のプライオリティにするのではなく、自分の世界や仕事を大切にしましょう。

また、恋した人を愛してみましょう。

「私を幸せにしてくれ」ではなく、「あの人が幸せになりますように」と祈ってみましょう。

愛情がもらえなくて苦しくて、欲しい欲しいと思っているときに、あなたは幸せとは程遠い感情を抱いているはずです。誰かからもらうのを待つのではなく、自分でモノにでも仕事にでも、人にでも愛情を注いでみましょう。何も返ってこなくても、誰かを愛せた自分を感じ、辛さは消えるはずです。

(今来 今/ライター)

■次の恋に進むために、恋の断捨離を始めましょう
■この苦しい状況はいつまで続きますか?
■「重い・冷めた」が別れの理由…つらい失恋時期を乗り越える方法

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • 付き合っていても不安になる理由。期待・深掘り・妄想はしないこと
  • 男性は「エロい彼女」が欲しい!思わずドキッとさせるちょいエロとは?
  • 「セックスフレンド」との正しい付き合い方10カ条
  • 高校生までの恋愛と大人の恋愛は何が違うの?
  • 尻軽じゃない「この人、脈ナシ」と思ったら諦めるのが幸せへの近道
  • 「好きになること」「愛すること」って、どういうこと?|エマちゃん
  • 「ひとりの人とだけ恋愛もセックス もする」以外の恋愛の形もある
  • 思わず赤面!アンダーヘアにまつわる恥ずかしい体験談5選