せっかく出会いの場に来たのに、「うーん、この人タイプじゃないな」とガッカリすることってありませんか?
 
もちろん好みじゃない男性に優しく振る舞う必要はありませんが、わざわざやらなくていいこともたくさんあります。
 
そこで今回は「『この人タイプじゃないな』と思っても、絶対にやってはいけないこと」についてご紹介します。
 

無視をする

 

言葉に出さないまでも、「今日は収穫ゼロだな」と察した途端、いきなりつまらなそうにする人っていますよね。
 
向こうが話しかけてきてもそっけない態度をとったり、わざと聞こえないフリをしたり……。彼が何かイヤなことをしてきたのであれば話は別ですが、そうじゃないのならちょっとかわいそうかも……。
 
最低限大人の対応として、相づちを打つ程度はしても良いはず。それでも「やっぱり生理的にムリ!」と思うのであれば、理由をつけて早めに帰宅してしまったほうがお互いのためでしょう。

おちょくる

 

合コンの席などで、タイプじゃない男性に「仕事何やってんの~?」「そんなんでちゃんと働けてるの!?(笑)」など、笑えない空気感でわざとイジる女性もいます。でも周囲だって気を使うし、なんだかイジりを通り越して、軽いイジメをしているようです。
 
またタイプじゃないけれど自分に気がありそうだからと言って、彼をキープしつつも陰でおちょくる人もいます。
 
Aさんは表では良い顔をしつつも、「ルックスも微妙なうえに、収入も身長も低いし……」などと裏で彼を小バカにしていました。名前は出さないまでも、SNSに彼とわかるような悪口まで書き込む始末……。しかしそれが彼にバレてしまい、大激怒されてしまったそう。
 
どんなに優しくて温厚に見えたとしても、当然人は怒ったら怖いもの。しかももし本気で男性がキレて手を挙げたりしたら、女性はかないません。女の立場を利用して、彼をおちょくっていると、あとで痛い目に合うかもしれません。
 

彼を全否定する

 

自分は彼に気がないことを示すために、あえて趣味や性格が合わないことをアピールする人もいるでしょう。でもわざわざ「その趣味はありえない!」「私そういう性格の人って嫌いなんですよね~!」など、相手を全否定する必要はないはず。
 
「よく知らないんです」「わからないです」程度に留めておくだけで、大抵の人は「あまり性格が合わないんだな」と気づくはずです。
 
それでももし「じゃあ教えてあげるよ!」と彼がしつこく迫ってくるようであれば、そのときにキッパリ「興味がないんで大丈夫です」と断れば良いのではないでしょうか。

さいごに

 

タイプじゃない男性に愛想良くしてしまうと勘違いされそうだし、かといって冷たくしすぎてしまうと怒らせてしまいそうだし……。加減は難しいところかもしれません。
でも付き合う気もないのに彼をキープするなどの行為は、控えることができますよね。
 
そうやって興味がない人との縁は切っていくことも、良い出会いを引き寄せるためには大切かもしれません。
 
(和/ライター)
 
■二度目のデートに誘われない。初デートでのNG行動5選
■その行動に男性はドン引き!女性が初デートで気を付けたいNG行動
■モテ女に聞いた!しつこい男性の誘いを傷つけずにやんわりと断る術

あなたに憑いているのは誰の生き霊?

せい(ひらがな)必須

めい(ひらがな)必須

性別必須

恋愛】の最新記事
  • 恋人でもないのに、色々と「サクッとお誘い」してくる男性の心理
  • 「目を見てしゃべれない」引くほどに照れるウブな男性を口説く方法
  • 付き合う前に見極める! 将来イイ男になる男性の特徴とは?
  • 幻想に溺れてはじまった恋から、現実に引き戻される瞬間4選
  • 社内恋愛の御法度! 新卒に手を出すときの先輩社員の心構えとは?
  • 脳恋してると妄想から抜け出せなくなる件
  • 「好意の出し惜しみ」によって招いてしまう恋の末路3つ
  • 自称マメ男性からのLINE「即レス地獄」から逃げるためには?