「何回恋愛しても、いつも同じ失敗を繰り返してしまう。」
 
そんな恋愛下手な自分に嫌気がさしている人もいるのではないでしょうか。
 
恋愛にかぎらず失敗が続くときは、少し視点を変えると好転するケースがあります。
 
今回は進歩しない自分の恋愛に嫌気がさしたときにどうすべきか考えてみましょう。
 

何度も同じ間違えを繰り返すことがある

 

「恋人につくしすぎて相手が調子にのる」
「束縛しすぎて嫌われてしまう」
「付き合い始めると恋人に冷たくしてしまう」
「ダメな人ばかり好きになってしまう」
「恋人がいるのにほかの相手に目移りする」
「恋人に浮気される」
 
何度恋愛しても同じ過ちを繰り返してしまう人もいるでしょう。
「自分の恋愛観って本当にダメ……」
と落ち込んでしまうこともあるはず。
 
しかし恋愛に限らず人は同じ過ちを繰り返すことは珍しくありません。
「自分は本当にダメなやつ」と責める必要はないのです。
 
とはいえ、このまま同じ失敗を続けるのもおもしろくはないでしょう。
 
恋愛に対する向き合い方を変えて、失敗を繰り返すサイクルから抜け出す必要があります。

恋愛から離れてみる

 

恋愛で同じ失敗を繰り返しているとき、すぐに次の恋愛をしても再び同じ失敗をしてしまうでしょう。
 
恋愛で同じ結果を迎えてしまうのは、数だけこなしても、そこから何も学んでいない可能性が高いです。
 
恋愛から学べていないなら自分の恋愛観も変わりようがありません。
 
そんなときは一度恋愛から離れてみるのがおすすめです。
 
恋愛をしないで友達と関係を深めたり、趣味に打ち込んだり、勉強をしたりする時間にあてましょう。
 
恋愛以外の人間関係が広がることで人を見る目を養えるはず。
趣味や勉強であらたな知識や教養を得ることで自分に自信がつきます
 
恋愛にとらわれずに幅広くいろいろなことに取り組むことで自分の人生観が広がっていきます。
それが恋愛観の変化にもつながっていくでしょう。
 
恋愛から離れて自分自身が成長したとき、新しいかたちの恋愛の育み方が身についているものです。
 

自分の恋愛傾向にこだわらない

 

恋愛でいつも同じ結果に終わってしまうのは「同じような相手と恋愛しているから」かもしれません。
 
「イケメンじゃないとダメ」
「冷たくされると逆に燃えてしまう」
「オラオラ系が好き」
「甘えられると放っておけない」
など恋人の好みにはいろいろあります。
 
そして恋愛でいつも同じ失敗をしてしまう人は、ダメだとわかっていながら自分の好みの相手ばかりと恋愛をしてしまう傾向があります。
 
自分の恋愛観に忠実に相手選びをしているから、同じような結果で終わってしまうのです。
 
一度、自分の好みにこだわらない恋愛をしてみましょう。
 
・イケメンしか恋愛対象にしてこなかった人はイケメンじゃない人と付き合ってみる
・冷たくされると燃える人は、ふつうに優しい人との関係を育んでみる
・甘えられると放っておけない人は逆に甘えられる人を見つける
 
などしてみるのです。
 
自分の恋愛傾向がはっきりつかめていない人もいるかもしれません。
そんなときは友達や家族などからアドバイスを求めるのもおすすめ。
 
「いつもこんな相手と恋愛している」
と周囲の人のほうがわかっている場合もあります。
 
自分の恋愛傾向から外れた人と付き合ってみると、意外と相性が良かったなんて場合も少なくありません。
 
恋愛で失敗を繰り返しているなら試してみる価値はありますよ。

まとめ

 

誰と付き合っても同じ結果に終わると悩む人は少なくありません。
 
恋愛で同じ失敗を繰り返してしまうのは、恋愛経験を成長材料にできていないからです。
 
恋愛から離れる、自分の好みにこだわらないなど、それまでと違うアクションを起こしてみましょう。
 
そこから学びを得れば新しい恋愛観を手に入れられるはずです。
 
(大船くじら/ライター)
 
■「まさか……私の恋愛観って、ズレてる?」彼氏に求めてはいけない条件4選
■付き合ったら態度が一変する男性の「恋愛観と対処法」3つの例
■共感できる?できない?不可思議な恋愛観を持つ女たち3話

恋愛】の最新記事
  • 12星座別|2022年下半期の恋愛運ランキング
  • 「性欲の強い男性、事前に見極める方法はあるの?」実はこれ、あります!
  • 恋愛上手がみんなやっている「ギブアンドギブ」ってなに?
  • 出世間近?将来有望な「超多忙男子」を落とすコツ6選
  • わがままな人が相手を思いやりながら恋愛をするコツ3つ
  • ※要注意※アラサーになると似合わなくなるファッション3選
  • 真面目で性格がいいけど、冗談がいえない人との付き合い方
  • 恋人関係が長続きしない「屈折した愛の伝え方」