「△△さん」と名字で呼んでいた男性が突然、呼び方を変えることがあります。
 
「◯◯ちゃん」と親しげに下の名前にちゃん付けで呼ばれたり、「◯◯」と名前だけで呼ばれたりすると女性としては男性の心理が気になるでしょう。
 
今回は男性が女性の呼び方を変えるときの心理を紹介します。
 

親しくなったと思っている

 

男性が女性をちゃん付けしたり、名前だけで呼んだりするのは「親しくなれた」と思っている可能性が高いでしょう。
 
コミュニケーションを取っているうちに親しくなって心の距離が縮まった気持ちがあるから呼び方が親しげなものになるのです。
 
すぐに親しげな呼び方に変わる男性は自信がある人が多いもの。
馴れ馴れしい呼び方をしても相手が嫌な気持ちにならないと思っています。
 
しかし、それは男性側だけの確信で、女性側は「馴れ馴れしくて感じ悪い」とすれ違いが生じることも少なくありません。
 
また親しくなれていないものの「仲良くなりたい」気持ちがある場合も呼び方を変える場合があります。
 
先に名前を親しげに呼んで距離を縮めようと考えているのです。

反応で脈を探る

 

呼び方を変えることで女性の脈を探る男性もいます。
 
嫌いな男性や恋愛対象外の男性に「◯◯ちゃん」と呼ばれたり、名前を呼び捨てにされたりして嬉しい女性はいないもの。
 
あえて親しげな呼び方をして相手がまんざらでもない反応をするなら「脈ありかも」などと考えているのです。
 
しかし、女性側としては嫌いな男性じゃなくても、いきなり馴れ馴れしい呼び方はしてほしくないと考える人も多いもの。
 
このような女性心理を無視した脈の探り方をして恋愛機会を逃している男性も多くいるのです。
 

自分が優位に立ちたい

 

女性に対して無意識にマウントを取る男性もいるでしょう。
このような男性は根拠もないのに女性を下に見ている傾向があります。
 
「自分のほうが上である」との気持ちが無意識に出るので、女性に対する配慮がありません。
名前も自分が呼びたい呼び方をするのです。
 
このような男性は名前の呼び方だけではなく、言動全般に支配的な言動が目立ちます。
 
「◯◯だろ」
「◯◯しろよ」
など命令口調で接してくるケースが多いでしょう。
 
なかには女性に対する照れ隠しでこのような言動をする男性もいますが、いずれにせよ女性ウケはあまりしませんよね。

周囲に対するアピール

 

周囲にアピールするために女性をちゃん付けで呼んだり名前だけで呼び捨てにしたりする男性もいます。
 
「俺はこの子と仲が良いんだ」と自慢をしたい気持ちや、「お前たちはアプローチかけるなよ」という牽制の気持ちからの行動です。
 
このような男性は、「ふたりきりで遊んだ」と周囲に吹聴したり「自分だけしか知らない秘密がある」など自分がその女性にとって特別な存在だとアピールします。
 
あることないこと言いふらす可能性があるので注意しましょう。
 

まとめ

 

今回は男性が女性の一人称の呼び方を変える理由を解説しました。
 
男性が馴れ馴れしい呼び方をしてくるとき、根底には「仲良くなりたい」という気持ちがある場合が大半です。
 
「絶対仲良くなりたくない」なんて男性が呼び方を変えてきたときは、あまり距離を詰められないように気をつけましょう。
 
(大船くじら/ライター)
 
■男性から見た「ほどよいちょろさ」のある女性とは?
■反応に困ってしまう……「ポエム」で想いを伝えてくる男性の心理とは?
■いい男が自然と寄ってくる!? ハイスペック男性が好む女性の特徴とは?

恋愛】の最新記事
  • 美人女性が選ぶ「B専」が好きな理由は?
  • あの頃の思い出を語る!学生時代の胸キュンエピソード6つ
  • 「月が綺麗ですね」意味不明な告白が愛の告白だったときに思うこと
  • 熟女派だという男性……実は少し年上の姉さんくらいまでしか許容していない?
  • むごい仕打ちを受けても恋人から離れられない心理的な理由とは?
  • リア充へのねたみ、そねみが招く恋愛の失敗談
  • それって本当の恋?「恋♡に恋する乙女」が幸せになれない理由
  • ムカつく男をだんだん好きになってしまった時の心の在り方