きっと、誰しもが1度は恋に恋する経験をしたことがあるはず。
 
ただ、経験や年齢を積み重ねることで自然と抜け出すことがほとんどです。
 
しかし、中には、1人よがりの恋愛を繰り返し、恋に恋する状態が通常化してしまっている危険な女子もいます。
 
もしあなたが、「1人の人と長く付き合えない」「幸せな恋愛をしたことがない」と思っているとしたら、恋に恋する乙女の可能性があります。
 
そこで今回は、「恋に恋する乙女が幸せになれない理由」をご紹介したいと思います。
 

1.ときめきが無くなるとすぐに別れる

 

恋愛にはときめきが不可欠。とはいえ、ときめきは時間と共に必ず失われるものです。
 
本当の恋愛はここから始まると言っても過言ではないのですが、恋に恋する乙女はときめきが失われた瞬間「私はもうこの人を好きではない」という結論を導き出してしまいます。
 
そのうえ「好きでないなら付き合い続ける必要はない」という決断を下し、相手との関係を育む努力をしないため、いつも途中で恋愛を投げ出してしまうことに。
 
恋に恋する乙女は、自ら幸せな恋愛を手放しているのです。

2.男性に理想を押し付ける

 

恋に恋する乙女は、自分が好きになった男性に対し自分の理想を押し付ける傾向があります。
 
「この人は何も言わなくても私のすべてを理解してくれる」「私がどんなワガママを言っても愛してくれる」など、自分に都合よく男性を解釈することも。
 
そのため、好きになった男性が理想通りの言動をしないと気持ちが冷めてまい、あっという間に関係を終了させてしまいます。
 
幻想を捨てきれない恋に恋する乙女は「この世界のどこかに自分だけの王子様がいる」という夢から目覚めずにいる状態に陥っています。
 

3.恋愛に刺激を求めすぎている

 

恋愛にやすらぎや安心を求める人もいれば、刺激を求める人もいます。刺激を求めやすいのが、まさに恋に恋する乙女。
 
刺激を求めるあまり無意識のうちに自分が不幸になる道を選ぶことも。
 
また、「不幸な自分」に酔っている傾向もあるため、当然、幸せとはかけ離れた恋愛をしてしまうのです。

4.別れた原因を男性のせいにする

 

恋に恋する乙女は「別れた原因は男性にある」と考えがちです。
 
もちろん、浮気や暴力といった明らかな原因がある場合は別ですが、それ以外の場合であっても、別れの原因が男性だけにあると一方的に決めつけやすいのが特徴。
 
恋に恋する乙女は、自分に非がないと本気で思っているため、付き合う男性を変えたとしても結局あっという間に別れてしまい、いつも同じ結末を迎えてしまうのです。
 

5.別れに慣れてしまう

 

恋に恋する乙女が幸せになれない最大の原因は、別れを繰り返すことで別れ自体に慣れてしまっていることです。
 
そのうえ、恋に恋する乙女は男性にモテる場合が多いため、新しい彼氏があっさり見つかってしまうのも厄介なところ。
 
「別れてもまた新しい彼氏を見つければいい」という思考に陥っているせいで、1人の男性と幸せになる努力をしないまま新しい恋愛に走ってしまい、また同じ道を辿ってしまうのです。
 
幸せになれるかどうかは、付き合う男性によって決まるものではありません。
 
あなた自身の恋愛観によって決まるものだということを忘れないようにしなければ、恋に恋する乙女から抜け出すことはもちろん、幸せな恋愛をすることはできませんよ。
 
(ライター/遠矢晶子)
 
■せっかく幸せになれるのに、自分から全てを捨てる残念な人たちエピソード
■「女の幸せ」をつかめる女性とは?
■結婚して幸せをつかむ女性、こじらせる女性――20代の過ごし方の違いって?

恋愛】の最新記事
  • 12星座別|2022年下半期の恋愛運ランキング
  • 「性欲の強い男性、事前に見極める方法はあるの?」実はこれ、あります!
  • 恋愛上手がみんなやっている「ギブアンドギブ」ってなに?
  • 出世間近?将来有望な「超多忙男子」を落とすコツ6選
  • わがままな人が相手を思いやりながら恋愛をするコツ3つ
  • ※要注意※アラサーになると似合わなくなるファッション3選
  • 真面目で性格がいいけど、冗談がいえない人との付き合い方
  • 恋人関係が長続きしない「屈折した愛の伝え方」