今回は、つぐみさん(仮名・20代)が、ある男性からの好意を無視したために、恐ろしい目にあった体験談をご紹介します。
 
前編では、大学時代付き合っていた元彼Aさんが、ある日突然、つぐみさんの自宅に押しかけた様子をご紹介しました。後編では、ストーカー化したAさんとの全面対決の様子をお届けします。
 

元彼がストーカー化! いったい何が?

 

Aさんは、私と彼氏を交互に見て、しばらく黙っていました。
 
張り詰めた空気を破ったのは、彼氏でした。「何してるんですか?」と彼は聞き、Aさんはそれには答えず「お前、誰?」と聞き返しました。
 
Aさんの目は血走っていたので、私は彼氏の袖口を引っ張りました。余計なことを言って刺激したら危険だと思ったのです。
 
それなのに彼氏は、堂々と、「彼氏、いや、婚約者です」と名乗ったのです。Aさんは彼をジロジロ見たと思うと、まるで彼の言葉が聞こえなかったかのように私にむきなおり「中で話そう」とドアを開けるように促しました。
 
当然、私は彼を家にあげたくはありませんでした。そこで、彼氏をひっぱって、ダッシュで逃げました。Aさんは追いかけてきませんでした。
 
私はそれから、彼氏の家にしばらく居候していました。AさんからはLINEが次々と届きました。ブロックしようかと思ったのですが、余計に逆上させそうで怖かったのです。
どんどん内容は過激になり、「会社に写真をばらまく」とまで言うようになっていました。
 
実は、私はAさんと付き合っていたときに、ふたりで裸の写真をとったことがあったのです。リベンジポルノ、というものでした。

警察に相談。事態は収束したが、恐怖は消えない

 

おおごとにはしたくありませんでしたが、もう警察を頼るしか道はありませんでした。
 
警察にAさんからのLINEを提出し、ストーカー被害にあっている旨を伝えました。警察は、私の家の周りの張り込みをしてくれて、Aさんに厳重注意をしたようでした。
 
Aさんは警察にびびって、それ以降は連絡をしてきていません。でも、私はいつまたAさんが現れるかもしれない、という恐怖にまだ支配されたままです。
彼は私の裸の写真を持っているのです。それをばら撒かれることだって十分考えられます。
 
なんでこんなことになってしまったのか。
人づての噂では、彼は就職先でパワハラにあい、うつになって退職したそうです。その後は雪崩のようにすべてがうまくいかなくなったと聞きます。
 
もしかしたら彼は、輝かしかった大学生時代に戻りたい、私と付き合っていた頃に戻りたい、という思いが強すぎたのかもしれません。

おわりに

 

最後の砦のように感じていた私から告白を無視されて、感情がおかしな方向に爆発してしまったのかもしれません。
 
パワハラの件は同情します。でもストーカー化した今の彼のことは軽蔑という以上の感情はわきません。
 
だって、私に執着しているのだって、自分より力が弱そうだとか、かつて「自分のものだったのに」という見くびりに端を発しているのが見え見えですから。
 
――おわり。
 
(今来 今/ライター)
 
■相手(元カレ)からの「好き」の気持ちを無視したら恐ろしいことになった【前篇】
■こんな男性がいたら要注意!ストーカーになりやすい男性の特徴
■もう彼氏と別れたい……上手なサヨナラの伝え方とは?

恋愛】の最新記事
  • 男性がハマる女性の一瞬の笑顔「俺にだけ見せてくれている」と錯覚させるシチュエーションとは?
  • 意味ないです! “脈あり・脈なし”を気にするだけムダな理由
  • 好奇心から始まった恋愛関係、お互いを知り尽くしたら次に訪れるのは何?
  • 元カレからの「好き」の気持ちを無視したら恐ろしいことになった【後編】
  • 好きな人に素っ気なくしてしまうのはNG? 好き避けのデメリットとは?
  • 相手からの「好き」の気持ちを無視したら恐ろしいことになった【前篇】
  • 恋人になった途端に塩対応「付き合うまでが恋愛」の人と付き合ってしまったら?
  • 20代と30代の恋愛は何が違う? 30代女性に聞いてみた!