「男性はエロい女性ばかりを好む」
 
「男性は女性のエロいポイントばかりに反応する」
 
このように思っている女性は多いかもしれません。これはある意味で正しいのですが、ある意味で間違っています。
 
どういうことかと言いますと、「エロいポイントばかりではない」ということです。女性が男性の仕草や行動に、ある意味フェチズムを感じるように、男性も直接的なエロス以外で女性の魅力を感じることは、もちろんあるのです。
 
そこで今回は、思わず男性がドキっとしてしまう、女性の言動について解説していきたいと思います。
 
これを読んで、男性にとって「女性がセクシーであること」だけが魅力ではないということを理解していただければ幸いです。
 

1.意外と無邪気

 

これは数年前、少し気になっている女性とお正月デートをしたときのことです。浅草あたりをぶらぶらと初詣をしながら歩いて、夕飯を食べて、そろそろ帰ろうかという段取りになりました。
 
帰る方向が同じだったので、同じ電車に乗り、年始ということもあり車内は空いていて、座席に隣同士で座ることができました。そして、少しあとに、「ねえ、ちょっと見て!」その女性が私に話しかけてきました。
 
私がふりむくと、鼻水が垂らしたことを嬉しそうにアピールしていました。おそらく寒暖差で出てしまったのでしょう。
 
ふつうの人だったら、引いてしまうシーンかもしれません。しかし、アパレル系で職業に就いていて、ふだんからパキッとした印象の彼女と、その無邪気さのギャップに私は心を打たれてしまいました。
 
極端な例かもしれませんが、男性は女性のONとOFFのギャップに弱いのです。

2.美味しいものを食べたとき

 

特に料理をする男性に共通して言えることかもしれませんが、料理が趣味の男性は、美味しそうにたくさん食べる女性のことが大好きです。
 
自分がつくった料理を披露するときはもちろんですが、いっしょにご飯食べにいった際、美味しいものを食べたときにナチュラルに「美味しい!」という感情表現を垣間見ると、愛おしさを感じます。
 
この逆の例ですが、かつて別の女性と食事をした際、会計のあとに「さっきのお店不味かったね」と言われたことがありました。確かに美味しくなかったが、私が支払いを済ませた直後の発言だったので、もやもやした気持ちになりました。「この人とは距離を置こう……」心の中でそう決めました。
 

3.感情を露わにしたとき

 

ふだんあまり怒ったりしない彼女が、怒った感情を見せたとき、思わずときめいてしまったことがありました。もちろん、怒っているその女性からしたら、私の班のは不本意なものであるのですが……。
 
しょっちゅう怒っているひともたまにいらっしゃいますが、日本人は基本的に感情を表に出すのが、文化としてあまり浸透していないように思います。「付和雷同」「波風立てず」「感情を押し殺して」「集団主義」を優先して生きていくことが、あるところの価値観ではベストだとされています。
 
私はそんな生き方がつまらないなーと考えていて、個人のこだわり、趣味嗜好が確立されている方が生きていて楽しいはず。なので、ポイントがずれていたとしても、曲げられない芯のようなものがある一面を見たときに、「魅力的だな」と感じることがありました。
 
ふだん彼氏の前で感情を押し殺して我慢しているのだとしたら、それはあまりいいことだとは思えません。ここまでは受け入れられるけど、ここからは無理。など、自分の意見をきっちり主張することで、あなたはより魅力的になるはずです。

さいごに

 

いかがだったでしょうか? 男性をドキッとさせる女性の言動は、必ずしも「エロ」に直結しているわけではなりません。まあ、男性のなかにはそればかりしか追いかけないひとがいるのも事実ですが……。
 
できれば、あなたの容姿やフォルムだけではなく、内面や言動に共鳴して、興味を抱いてくれるような男性の方が、あなたを幸せにする可能性は高いはずです。見られるだけではなく、相手が自分のどこを見ているのかをきちんと見極めましょう。
 
(吉田ヨシヲ/ライター)
 
■君だけ特別だよ…♡ 男性が本命女性にだけにする言動
■「生理的に無理!」男性が引いてしまう女性の身だしなみ
■「いい子なんだけどな…」男性が、どうしても恋人として見れない女性の特徴

恋愛】の最新記事
  • 12星座別|2022年下半期の恋愛運ランキング
  • 「性欲の強い男性、事前に見極める方法はあるの?」実はこれ、あります!
  • 恋愛上手がみんなやっている「ギブアンドギブ」ってなに?
  • 出世間近?将来有望な「超多忙男子」を落とすコツ6選
  • わがままな人が相手を思いやりながら恋愛をするコツ3つ
  • ※要注意※アラサーになると似合わなくなるファッション3選
  • 真面目で性格がいいけど、冗談がいえない人との付き合い方
  • 恋人関係が長続きしない「屈折した愛の伝え方」