こんにちは、沙木貴咲です。浮気をされたり、お金を貢がされたり、DVに遭ったりと、ダメな恋を経験した女性は、男性不信に陥りやすいはず。

二度と同じ失敗はしないと心に決めて、「今度こそ!」と幸せな恋を求めるのですが、無意識のうちに自分で不幸せな恋を望んでいることが少なくないのです。

 

失敗を乗り越えて、本当に幸せな恋愛をするには、何に気を付ければいいのでしょうか?

 

甘い期待から信用するのはキケン!

 

好きな人のことは、当然のように信用します。とはいえ、ダメ恋の場合は……「信用したいという希望的観測」あるいは「信用できない部分は、あえて見たくない」となってしまうでしょうか。

 

筆者は過去に、浮気男、ヒモ男、DV男のすべてを経験したのですが、これは「ダメな人だとわかっているのに、真実を直視しなかったこと」が原因だと思っています。

私が頑張ったなら、彼はまっとうな人間になってくれるんじゃないかという、甘い期待を抱いたのが良くなかったし、そもそもダメ男と付き合うのが不幸せの始まり。

 

甘い期待という根拠で、ダメ男を信用しちゃいけません。

 


嘘をつかれる、騙されるという恐れ

 

ダメな人と一緒にいると、いろんな意味でいつどう崩れるかわからないので、必死になります。でも、信じて必死に努力する中で、彼氏に嘘をつかれたり、騙されたりということが何度もあるんです。

信じたぶんショックは大きくて、筆者の場合、今でも恋のトラウマになっています。

 

また、信用できる男性に対しても、「この人、もしかして嘘ついてるんじゃないか?」「実は全部デタラメなんじゃないか?」と、無意識のうちに疑ってしまうんです。二度と同じショックを味わいたくないから、つい警戒するのでしょう。

 

けれど、疑わなくていい人を疑った時点で、相手にみずから最悪のイメージを植え付けることになります。石橋を叩いて渡るどころか、石橋を叩き割ってしまう……みたいな。

幸せな恋ができる相手を疑ったがゆえに、それ以上仲良くなれないというのは、ダメ恋経験者あるあるじゃないでしょうか。

 

【解決策】

忙しいなか、わざわざ時間を作って会いに来てくれる時点で、彼は自分に本気と思うようにしましょう。自分の時間やスケジュールを犠牲にしてくれることこそ、彼がアナタを本気で好きな証拠です。

 

ネガティブ発言をしがち

 

ダメ恋を経験すると、恋バナをしたときに自虐的になってしまいます。笑い話にならないネタも多いですし、話すべきではないのかもしれませんが、当人としては「笑い話にでもしなくちゃ、やってらんない」というのが本音。

 

また、自虐に慣れてしまうと、ネガティブ発言が多くなり、自虐を言っている自覚もなく発言してしまうはず。

たとえば、「どうせ私なんか、ダメじゃないですか」「恋愛なんて、搾取されて終わりだよ」という具合に。

 

けれどこうした発言は、普通の感覚の男性からすれば、「なんだか面倒臭そうな人」としか思えないんです。闇を抱えていそう……というか。深く関わったらいけない雰囲気を察するはず。

 

たとえ「いいな」と好感を持たれたとしても、男性の多くは本能的に危険を察知して、深く関わりたくないと思ってしまうでしょう。

 

【解決策】

自分は幸せになる資格がある、と堂々としてください。過去は過去で、ネタ話にする必要はありません。男性同僚や男友達など、恋の可能性がある人に対しては、ネガティブ発言をしないことです!

 


糧にはしても、ネタにはするな!

 

ダメ恋だって、本当に幸せな恋をするために必要なものなのかもしれません。つらい経験をするだけに、人の気持ちが繊細に汲めるようになって、悲しく損をするだけでは終わらないはず。

 

だからこそ、つらい経験を次の恋愛の糧にはしても、下らないネタにはしないことが大事です。過去は過去でしかなく、新しく出会って愛してくれた男性には関係のない話。

 

そのあたりの心の整理をうまくつけたなら、ダメ恋をプラスにしていけるはずです。

 

(沙木貴咲/ライター)
by.yummy!


■失恋、二番目彼女…受け入れたくない現実に直面した時の対処法

■ 出会い占い|失恋を忘れさせてくれる出会いは訪れる?

■不要なものを捨てて運命の人を引き寄せ!彼氏が欲しいなら断捨離を

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • 【体験談】「セフレから彼女に昇格なんて無理」はウソ?
  • 男女はどうして分かり合えないのか |ラブホスタッフの上野さん
  • 「私、恋人がふたりいます」29歳女性が語る「一人と付き合う違和感」
  • 出会いの季節は特に注意!? 女性陣がやらかした恋愛失敗談
  • ワガママで女王様気質に向いてる?年下彼氏向きな女性の特徴
  • 『わたしが思ういいオトコ、ダメなオトコ』|エマちゃん
  • 「何かと都合のいい女」の哀しき特徴とは?
  • オカマ流!世間体を気にせず堂々と恋愛できる人間になる考え方|もちぎ