こんにちは、沙木貴咲です。学生時代は仲間内でキャラが決まっていて、「お笑い担当」とか「お母さんタイプ」など、役割が決まっていた人も多いんじゃないでしょうか?

 

そういうキャラって、そもそもの性格に由来するわけですが、社会人になっても「私は○○キャラ」と思い込んでいると、思いがけない悲劇に見舞われるかも……?

特に恋愛では、非モテになってしまうかもしれないんです。

 

学生と社会人の違い

 

学生時代は、クラスメイトと先生くらいしか日常的に接しませんし、ほとんどが素の自分をさらけ出した生活になっているはず。今どきの10代は人間関係が難しいとはいえ、社会人が取引先と駆け引きをしたり、お世辞を言ったりするようなことはないでしょう。

 

そのため、親しい仲間内ではもともとの性格に由来したキャラが定着するわけですが、いったん社会に出て仕事をするようになれば、人間関係は素のままでは構築できません。

愛想笑いをすることもあるし、TPOをわきまえてオトナの顔を見せなければならなくなる場面が増えるのです。

 

素の顔はむしろ、限られた友人や恋人にしか見せなくなるはず。職場や取引先が認識する自分のキャラが、素の性格からもかけ離れ、学生時代のものとも全然違う……というケースは少なくありません。

 

でも、それが学生と社会人の違いであり、誰もが順応していくことになるオトナの階段だといえます。

 

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • 女性に聞いた! 真面目で優しい人、恋人にするにはつまらない?
  • タロットで解決!あなたの恋愛を邪気を払う方法
  • なぜ男性心理を学んでもあなたの恋愛に役立たないのか?
  • 「恋人を選ぶなら価値観が一番大事」はウソ?本当に重視するべきもの
  • 一歩踏み出せない……片思いの恋を進展させるには?
  • 今年の本命チョコ、もう決まってる? これを送れば間違いなし5選
  • ずっと本命彼女! 彼にずっと愛されるコツとは?
  • 付き合う前にホテルに誘われたら…雰囲気に流されないための方法3つ