気になる男性に好かれたいからといって、自己主張をせずに笑顔で「イエス」ばかり言っていませんか?
 
確かに、自己主張が強すぎてしまえば、それはただのワガママになってしまいます。
だからといって、自己主張を全くしなければ、恋愛対象から外されてしまうこともあるのです。
 
そこで今回は、「自己主張しない女性が恋愛対象になりづらい理由」をご紹介したいと思います。
 
自分の気持ちを抑えていたら、せっかくのチャンスを逃してしまうかもしれませんよ。
 

1.一緒にいると疲れる

 

自己主張をしないということは、すべて男性任せになるということです。
そうなると、男性は常にリードをしなければいけませんよね。
 
デート場所を考えるだけではなく、会話の提供もしなければならなければならない。
 
そんな女性とずっと一緒にいたら男性が疲れてしまうのは当然です。
 
自己主張をしなければ男性が喜ぶと思ったら大違い。
自己主張をしなければ逆に男性に負担をかけてしまうのです。

2.不安にさせる

 

自己主張をしないでいると、次第に男性は「自分のことを本当に好きなのだろうか?」と不安になってしまいます。
 
男性に好かれたくて自己主張をしないでいたとしても、男性からしてみると「適当にあしらわれている」というように感じてしまうのです。
 
自己主張をするのは、「自分のことをもっとわかってもらいたい」と望むからこそ。
何も言わなければ、何も望んでいないのと同じことです。
 

3.イライラさせる

 

少し立場を変えて考えてみてください。
 
たとえば、付き合っている彼氏が自己主張をせず、ただただあなたの意見に賛成していたとします。
そうなればあなたはきっと「自分で何も決断できない優柔不断な男」だとイライラするはず。
 
そして、それは男性にとっても同じことです。
 
男だから、女だから、ということは関係なく、自己主張をせずにいると必ず相手をイライラさせてしまうものなのです。

4.何を考えているのかわからない

 

そもそも、自己主張をしなければ自分の考えていることを相手に伝えることはできません。
 
もちろん「イエス」というのも意見のひとつかもしれませんが、いつも「イエス」しか言わなければ本心かどうかを疑われ、「何を考えているかわからない女」になってしまうのです。
 
何を考えているかわからず、意志疎通ができない相手と付き合いたいと思う人はいませんよね。
 
自己主張をしないということは、自らチャンスを奪っているのと同じだということを忘れないでください。
 

まとめ

 

いかがでしたか?
男性は付き合う女性と対等でいたいと考えているもの。
 
自分の意見に従い自己主張をしない都合の良い女性を求めている男性はほとんどいません。
 
好きな男性に気に入られたいからといって自己主張しないのは、むしろ逆効果。
 
あなたのことを知ってもらうためにも、何より2人の信頼関係を築くためにも、自己主張はしっかりとするべきです。
 
(ライター/遠矢晶子)
 
■男友達は恋愛対象じゃない、でも男友達からは恋愛対象として見られている件
■好きな人がいるのに、なぜか職場で「恋愛対象外」になってしまう女性の特徴4つ
■あなたはどっち?彼の恋愛対象外になってはいませんか?

恋愛】の最新記事
  • 12星座別|2022年下半期の恋愛運ランキング
  • 「性欲の強い男性、事前に見極める方法はあるの?」実はこれ、あります!
  • 恋愛上手がみんなやっている「ギブアンドギブ」ってなに?
  • 出世間近?将来有望な「超多忙男子」を落とすコツ6選
  • わがままな人が相手を思いやりながら恋愛をするコツ3つ
  • ※要注意※アラサーになると似合わなくなるファッション3選
  • 真面目で性格がいいけど、冗談がいえない人との付き合い方
  • 恋人関係が長続きしない「屈折した愛の伝え方」