2ちゃんねるに出現するモテない女性、通称「喪女(もじょ)」は、男性に対する免疫がありません。
そのため、男性からちょっと優しくされただけですぐ惚れてしまうのです。
男性のなにげない行動に振り回される、喪女たちの胸キュンエピソードを集めてみました。

 

モテない女子にそんなことすると「惚れちまうだろがー!」3選

 

●その1:名前をほめられて胸キュン

「新しい職場で出入りの営業さん(文具類)に私物注文したら、伝票にさらっと私の名前を書いた。
なので『数週間前に一回言っただけ(名刺交換してない)で覚えてるなんて、さすが営業さんですね!』って言ったら、『いや…素敵なお名前だなって思って覚えてたんです』って、はにかまれた。
名前を褒められただけなのに、私を褒められたようだ」
(引用:「2ちゃんねる|喪女にそんなことすると惚れちまうだろうがー!45」より)

○はにかみながら褒めるという、恐るべき胸キュンテクニック。これは勘違いしてもおかしくない。喪女には刺激が強すぎます!

●その2:店員の冗談で胸キュン

「セルフのガソリンスタンドに行って、レジで支払いをした時、店長っぽい真面目そうな超イケメンお兄さんが、キャンペーンの抽選券をくれた。
『こちら、海外旅行があたる抽選券ですので…』 まで言ったあと、なぜか突然、『当たったら一緒に行きましょうね』って言われた。
ありえないセリフに、顔を真赤にして『はひっ』って答えるのがやっとだった。
抽選までの1ヵ月、もし当たったらどうするか本気で悩んだ」
(引用:「2ちゃんねる|喪女にそんなことすると惚れちまうだろうがー!44」より)

○男性にとってはちょっとした冗談のつもりでしょうが、喪女にとっては一大事。
そのひとことで細かいプランまで妄想してしまいますよね。
イケメンは罪作りだなあ!

●その3:服をほめられて胸キュン

「誕生日に友達が白いヒラヒラしたワンピースをくれた。
そういう服は、何だかこっぱずかしくて着たことがなかった(いつもはTシャツにジーパン)が、せっかくなので大学に着て行った。
すると、たまたまサークルの男の先輩に会い、『どうしたん!? お前それどうしたん!?』とつめ寄られた。
やっぱり似合わないか……と、落ち込んでいたら『女の子の格好したらちゃんと女の子やん! いや、それ可愛いわ! お前、今からその路線で行けよ!』と言われた。
男女問わずフレンドリーに褒める人なので、別に私だけ特別に褒められたわけではないとわかりつつ、今日しまむらで同じような系統の服を買い込んでしまった」
(引用:「2ちゃんねる|喪女にそんなことすると惚れちまうだろうがー!44」より)

○少しでも女の子あつかいされただけで胸キュンしてしまう生き物、それが喪女です。
ちょっと褒められただけで、自分のスタイルを曲げることだってできるのです。
恋愛のピュアな気持ちを思い出しますね。

 

男性からのトキメキはありがたくいただけ!

 

男性のなにげない行動に振り回される、喪女たちの胸キュンエピソードいかがでしたか。
喪女に優しい男性は、きっとみんなにも優しいはず。
そう思っていても、男性に優しくされるのはやっぱりうれしいもの。
喪女とは、男性からのトキメキを大切に生きている女性たちなのです。

◆惚れるポイントは人それぞれ…
指フェチの謎!女性が“男の指”にセクシーさを感じる3つの理由
身近な男性が“神”に見えた体験エピソード5選

 

関連コラム

 

恋愛下手女がときめけない2つの理由
恋愛偏差値を知る心理テスト3選
坂口安吾の「刺激的な恋愛名言6選」
精子が激減!?若い男が魅力ない理由
2012年ホットワードは「遺伝子」

 

おすすめ特集コラム

 

月間ランキングTOP10
恋愛を理屈で考えてみる!高偏差値恋愛記事5選
「女って怖いな…」と思わずにはいられない記事5選
自分を売り込むプロ=芸能人に学べ!「恋愛の極意」7選
サボリ女子のホメられBodyの作り方
Written by とんぢる
Photo by David Urbanke

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • キスはもはや前戯だった!!男を悶々とさせるキスとは?
  • 「この子とは普通の恋愛が出来そう」と男性が思う瞬間とは?
  • 今まで「好きな人」と結ばれなかった原因
  • 【クリスマスまでに彼氏を作る戦略】キリスト教徒じゃないけど神に感謝!
  • 賢く関係を続けていくために!セフレにまつわる記事4選
  • 大好きだけどこれだけはムリ!彼氏と別れたくなった性の不一致
  • 発覚!モテる男性ほど最終的には安定した女性を選びたがる!
  • 恋愛で迷った時の解決方法!