サツマイモや芋焼酎、世界遺産にも指定されている屋久島などで有名な鹿児島県は、火山灰に覆われる九州本島と種子島や奄美、屋久島といった薩南諸島とに分けられます。

 

男尊女卑・亭主関白の思想

 

 特に本島である薩摩・大隅地方は火山灰に覆われているため農業には向かないやせた土地で、くじけずあきらめず努力し続けることが美徳とされています。また保守的で上下関係に厳しい体育会系の県民性で、リーダーシップを取れるカリスマ的な大物が登場すれば皆が同調し支持してその後についていくため、特産品のサツマイモにちなんでこの現象を「薩摩のいもづる」と呼ぶようです。鹿児島県のカリスマリーダーの代表である西郷隆盛は今でも人気が高く、口数は少ないけれど豪傑で勇猛果敢、偉大な業績を残した彼に憧れる人が非常に多いのです。このため「大胆な」「豪傑な」「無鉄砲な」といった意味を持つ「ぼっけもん」という言葉は、かつて薩摩武士に使われていたのですが今でも男らしい鹿児島男児への褒め言葉として使われています。

 このように「常に有言実行、男らしくあれ」という概念を持つ県民性故に、未だに男尊女卑・亭主関白の思想が残っているのも鹿児島県の特徴。従って男性は無口で口下手、テレ屋でお世辞を言えない上に思い込むと周りが見えなくなって愛想が悪くなるため誤解されやすく、怖い県民性と思われがちなのですが、根は思いやりがあって優しく下の者の面倒見も良いのが長所です。また女性は亭主関白な男性気質を受け入れて支えることのできる包容力と柔軟性があり、控え目でおとなしそうに見えても芯は強くてしっかり者、根性のある人が多いです。

 基本的に男女共にチャラチャラしたところのないのが鹿児島県民性であるため、恋愛に対してもストレートでダイレクト、本気になると一直線な面があります。口でごちゃごちゃ言わずまずは行動で表す猪突猛進タイプの男性が多いのですが、熱しやすく冷めやすい一面もあるため長続きしないことも少なくありません。恋愛に刺激や変化を求めるので浮気しやすいのも欠点です。一方女性は一見控え目ながら芯は強いので、自分から積極的にアピールする場合もあるよう。例えば鹿児島女性に聞いた「彼氏と付き合うきっかけになったのは?」という問いに対して「自分から告白した」という回答が第2位に挙がったことからもそれが伺えます。

 このような質実剛健な気質を持つ鹿児島県民は、淡泊な神奈川県や打算的な愛知県などとは相性が良くないよう。逆に相性が良いのはハングリー精神のある東京や飲み明かして友情を深める高知県、福岡県とされています。

 

関連コラム

 

「終わりにしたい…」そう思っていた女性の不倫成功体験談
復縁、不倫、略奪婚…ツラい複雑恋愛から脱却する唯一の方法
別れた恋人とのまさかの復縁体験談!!
幸せを掴んだ!夫と離婚して不倫相手と結ばれた女性のエピソード
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by Stefano Montagner

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • 恋愛占い|あなたが満足するのはどんな恋?
  • 恋愛タロット占い|彼のあなたに対する本当の気持ちとは?
  • 20代女子への男性の本音!30代になって失わないでほしいもの
  • 恋愛タロット占い|もうすぐ訪れる変化とは?
  • 恋愛タロット占い|今、あなたを狙っている人物は?
  • 【星座別】夏のデート運ランキング
  • 恋愛占い|気になるあの人について行ってもいいですか?
  • 「この人タイプじゃないな」と思っても、絶対にやってはいけないこと