男性はお金に執着する女性を好まないという特徴があります。特に、収入が良い男性はお金目当ての女性かどうか警戒心が強いと言われています。
そのため、付き合って間もない時期に収入や貯蓄に関する質問をする女性は、「お金目当てか……」と思われがちで敬遠されてしまいます。これは、人としても非常識です。お金の話は信頼関係がないうちは話したくないでしょう。
 
今回はそんな「お金に執着する女性」がなぜもてないのか? 解説していきたいと思います。
 

基本的にお金の話はNG

 

お金の話は品がないとよく言われます。恋愛経験豊富な女性は男性が嫌う行為を知っているため、品位の損なわれるお金の話は極力避けて男性に接しています。それゆえ、モテるのです。
 
本質上、女性は男性に安定性と経済力を求めるものですが、その欲望を全面に出してしまうと品位がないと見られてしまうのです。
 
お金に執着し過ぎるモテない女性は、自らの関心事項であるお金についてトークを控えることが苦手なようです。かと言って結婚を前提に付き合って相手の収入も知らないことが不安な場合もあります。交際中に収入関係の質問をする場合は、タイミングを見計らって行うようにするとよいでしょう。

お金への欲求を表に出さない

 

モテる女性はお金への執着心が薄いようです。ケチな女性は守銭奴のようなイメージを男性に与えてしまうのかもしれません。お金に執着することは、決して悪いことではありませんし、お金がないよりはあった方がいいと思っている人はほとんどでしょう。
 
ただ、その欲求をコントロールして相手にあまり見せないようにすると、品位が損なわれずお金だけの女性と思われないモテ度アップの効果が期待できるでしょう。
 

ケチはモテない!

 

お金の細かさに関連して、ケチという要素はモテない要因のひとつです。日々の生活の中で堅実であることは大切ですが、周囲の人々を不快にするケチは悪い印象を与えてしまう可能性があるので要注意です。
 
例えば、会社の備品をこれもあれもと持って帰る、お歳暮など個人的な送付物を会社から発送する、ロック式の自転車置き場で料金がかからないようにロックとロックの間に自転車を停めるなどが挙げられます。
 
ケチなのか堅実なのかで、相手に与えるイメージは全く違います。堅実な女性は、自己の経済状態に合わせて節約もでき、相手にお金を使うこともできます。また、お金を使わない場面でしっかりとした理由を述べることもできるでしょう。一方、ケチな女性は経済的にゆとりがあっても相手にお金を使うことを渋る傾向にあります。

さいごに

 

お金への執着心が強いなと感じるようであれば、堅実な女性になれるように努力してみてはいかがでしょうか。
「損して得取れ」ということわざがありますが、恋愛においても少しぐらい損な生き方をする気持ちも大切なのではないでしょうか。
 
(yummy!編集部)
 
■素敵なお金の使い方とは? 金銭感覚に現れる人生観
■年収よりも大切! 男性の金銭感覚を見極める方法5選
■もう「デートの割り勘」にモヤモヤしない、おごられない女子が知っておくべきこと
 

恋愛】の最新記事
  • 恋愛タロット占い|相手がいるあの人……それでも私を選んでくれる可能性はありますか?
  • そろそろ限界……曖昧な関係に対するあの人の本心とは?
  • 相手選びを失敗しがちな私……誠実な人と幸せな恋愛はできますか?|恋愛タロット占い
  • セフレじゃなくて彼女として見てもらいたい!彼の気持ちを変えるには?
  • あの人も思わず理性を保てなくなる……とっておきの恋愛テクニックはコレ!≪タロット占い≫
  • 今、あなたを思っているには意外なあの人……その相手とは?【タロット占い】
  • あの人にとって、あなたの存在はね……相手の本音徹底暴露!
  • ≪あの人は私と結婚したい?≫相手の気持ち・二人が与え合う良い影響