恋をするときれいになるとはよく言いますよね? 恋をすると自分をきれいに魅せようとして、その努力を惜しまなくなるなど色々な原因がありますが、実はこれには科学的な根拠があるのです。

 

自分を高めようと思うこと

 

人が恋をすると特別なホルモン「PEA(フェニルエチアミン)」が分泌される、これが深く影響しているようです。PEAは、俗に「愛のホルモン」や「恋のホルモン」と言われていて、アンフェタミンという物質と同じような働きをします。

アンフェタミンはドラッグに含まれている成分で、高揚感などを高める作用がありますが、PEAも同様の働きがあり、この物質が分泌されると中枢神経に働きかけ、強い興奮作用をもたらします。周りの全てが美しく生き生きとして幸せな症状をもたらしてくれます。脳には快楽を感じると分泌するドーパミンという脳内麻薬のような成分がありますが、PEAはドーパミンと結びつき相乗効果で働いてくれます。

このPEAが分泌されると、肌の新陳代謝が活発になり、自分が楽しいだけでなく肌が生き生きとし、みずみずしくなります。また、交感神経が高まると目も生き生きとして目力がアップします。目は口ほどにものを言うといいますからね。このPEAですが、恋をしてドキドキするということに関係しています。そのため、3年くらいたつと同じ人と交際を続けていても、PEAが分泌されなくなってしまいます。これでは、安定した幸せな結婚生活が出来ないという事になってしまいますね。では、PEAが分泌されるにはどうしたらよいのか、食事や普段の生活からでもPEAをアップさせることは出来るのです。

このPEAを分泌するには、自分を高めようと思うことが一番大切です。魅力的だなと感じる人と積極的にコミュニケーションを取ったり、パーティなどに出かけたり、自分を高めてきれいになりたいと思える場所に行くことが大切です。知らない場所への旅行などで刺激を受けるのも良いことです。ロマンス映画や本、漫画などを沢山読むことも効果大です。

食事では、PEAが分泌されやすい食品もあるので、そういったものを積極的に食べるようにしましょう。その1つがチョコレートです。チョコレートは昔から恋の媚薬などと言われて重宝されているのはPEAが多く含まれているからなんですね。このチョコレートよりもPEAが10倍も多く含まれているのがチーズです。また、ポリフェノールを多く含む赤ワインにも沢山PEAが含まれています。ポリフェノールは女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きをするので、PEAとエストロゲンの摂取で相乗効果が期待できそうです。

 

関連コラム

 

浮気したら別れる?最後に幸せになるのは誰だ
何人出会ってる?婚活女子は出会いを今すぐ増やすと約束しなさい
可愛いだけじゃダメ!アラサー女子の恋愛はこうあるべき
私のアソコって、ゆるい!?対策はあるの?
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by theodore moniodis

恋愛】の最新記事
  • 男女はどうして分かり合えないのか |ラブホスタッフの上野さん
  • 「私、恋人がふたりいます」29歳女性が語る「一人と付き合う違和感」
  • 出会いの季節は特に注意!? 女性陣がやらかした恋愛失敗談
  • ワガママで女王様気質に向いてる?年下彼氏向きな女性の特徴
  • 『わたしが思ういいオトコ、ダメなオトコ』|エマちゃん
  • 「何かと都合のいい女」の哀しき特徴とは?
  • オカマ流!世間体を気にせず堂々と恋愛できる人間になる考え方|もちぎ
  • あなたは面食い?面食いチェックリスト&面食いを直す方法とは?