「隣の芝生は青い」という言葉がありますが、他人のものはなぜか良く見えるもの。友人の彼がとても魅力的で、我慢できずに奪ってしまった……というケースは後を絶ちません。しかし、そうやって、友情を壊してまで手にいれたはずの彼と、なぜかうまくいかずに悩む人がとても多いのです。それは一体なぜなのでしょうか?

 

誰も祝福してくれない

 

■“彼女だから”彼を魅力的にさせることができた

 よくありがちなのが「彼は、友人と付き合っていた頃のほうが魅力的だった」というものです。これは、気のせいでもなんでもなく、実際に彼をそうやって輝かせていたのが元カノだったというだけのことなのです。
たとえば、彼の「彼女に優しく接する姿」に惹かれたとします。当然、あなたは自分が恋人の座におさまれば、同じように優しくしてもらえると思い込んでいました。ところが、あの優しかった彼の姿はどこへやら、自分には横柄な口のききかたをするし、ちっとも大事にしてくれない……これは、彼が変わってしまったわけではなく、あなたが優しくしてもらうだけの努力を怠っているからです。
相手に与えてもらうことばかりを考えている女性は大事にされません。彼の愛情が欲しければ、まず自分から与えるようにしましょう。

■お互いに信用できない

 結婚後、自分の妻に不倫歴があることを知った男性は、かなりの確率で妻の行動を疑い始めます。「そういうことのできる女性である」と知られてしまったのですから、信用を取り戻すことは容易ではありません。
同じように、友人を裏切ることで始まった恋は、お互いに「また同じことをするのではないか」という疑念にとらわれ、心の休まる暇がありません。いけないことをしているという背徳感も手伝い、はじめのほうは燃え上がるのですが、関係が落ち着いて相手を冷静に観察できるようになるとそうしたことが気になり始めるのです。

■手に入れた瞬間、飽き始めている

 困ったことに、ゲーム感覚で人のものを奪いたがる女性がいます。どんなに情熱的な言葉を並べたところでしょせんはゲームなので、目標を達成したとたん、彼のことがどうでもよくなってしまうのです。本当は好きでもなんでもないのですから、一緒にいても楽しいはずがありませんよね。

■誰も祝福してくれない

 当然のことながら、世間は友人と恋人の両方に裏切られた女性に同情的です。あなたと彼がいくらラブラブでも、心から「おめでとう」と言ってくれる人はいません。そんな孤独な関係は、真綿で首を絞められるような息苦しさを感じて長続きしないもの。罪悪感に耐えきれなくなった彼に、ある日突然別れを告げられるケースも少なくありません。

 結婚していない限り、恋愛は自由。だけど、いつまでも自分のことばかり考えていると、せっかくこっちを振り向いてくれた彼にも、やがて愛想を尽かされることになります。本当に好きで奪ったのなら、傷ついた友人の思いを無駄にしないためにも幸せになる努力をしましょう。Written by Gow! Magazine編集部
Photo by Adriano Agulló

恋愛】の最新記事
  • 片思いで悩んでる人必見!恋愛を成就させるマル秘テク
  • 「もしやバレる……?」秘密の社内恋愛中に男性がヒヤリとした瞬間  
  • 「年下すぎる彼女」にドン引き? 年の差カップルが気持ち悪い理由を解明
  • 人生損してない?上手に甘えられないアラサー女の特徴と改善方法
  • 男が恋に落ちる瞬間と冷める瞬間とは?イケメンのガチ恋愛トーク
  • 男が「これはイケる!」と思う女のサイン9選
  • 20代男子に増殖中!恋愛に無気力な「絶食系男子」攻略法
  • 1つの愛の形!不倫恋愛で誰も傷つかないための必須マナー6つ
あなたへのおすすめ