愛情というものは、長く付き合っていればいつかは冷めるものです。それでも別れないカップルがいるのは、そこに男女の愛を超えた絆があるから。しかし、中には別れ話まではいかなくても、本命から外されて二番目のオンナにされてしまう人もいます。それは何故なのでしょうか? 今回は、本命として見てもらえなくなる女性の典型的なパターンを集めてみました。あなたは大丈夫ですか?

 

自分を高める努力も必要

 

■彼がきつい状態のときも、常に自分優先

 「本当に愛しているのなら、どんなときでも私を優先してくれるはず!」とばかりに、彼が仕事で落ち込んでいたり、体調を崩していたりしてもおかまいなしで、ズケズケと身勝手な要求を繰り返す女性。彼がどんなに優しくて我慢強い人でも、こんな状態が続けば愛想を尽かすに決まっています。
そして、彼は自分を癒してくれる別の女性の元に走り、あなたとはセックスしたいときだけに会う「セフレ」の関係に。結婚後、夫に不倫されてしまうのも、やはりこのような性格の女性が多いですが、あながち夫だけが悪いとは言い切れないかもしれませんね。

■自分を磨く努力をしない

 恋人がいることに安心してしまい、ムダ毛の処理や肌のお手入れをさぼる。「どうせ結婚したら専業主婦になるんだから」と仕事もいい加減で、もちろん空いた時間は資格を取る勉強などには使わず、ひたすらゴロ寝でテレビ三昧。まるで、結婚して数十年たったオバチャンのようです。
こういう女性を「よし、俺が幸せにしてやる!」と思える男性っているのでしょうか? はじめはそんなだらしない態度もかわいいと思っていても、冷静さを取り戻すにつれ「このオンナを俺が一生養っていくのか……」と絶望的な気持ちになるのは目に見えています。
そして、自分も同じように恋人に対してだらしない男になっていくのです。

■異常に嫉妬深い

 皮肉なことですが、男性は女性から「浮気しないで!」と言われれば言われるほど、浮気したくなる生き物です。それは何故かというと「浮気しないで」=「あなたはこうでも言っておかないと、浮気する人なんだから」という刷り込みが、繰り返し行われるからです。つまり、あなたは彼の浮気を牽制するどころか、自ら浮気するように仕向けているわけです。
もう1つ、過剰な嫉妬がよくないのは、彼のプライドを傷つけてしまうことです。自分が同じことをされたらどう思うかを考えてみれば分かると思いますが、身に覚えがないのに「浮気したでしょ!」「浮気しないでね?」などと言われたら「俺って、そんないい加減な男に見えるのかな……」と落ち込んでしまいます。そして、そんな風にしか自分のことを見てくれない恋人に嫌気が差し「そこまで言うなら本当に浮気してやろうかな」と思い始めるのです。
そして、最初は当てつけのつもりだった浮気が本気に変わり、あなたは二番目のオンナに転落していきます。

 長く男性に愛される女性は、見えないところで努力を続けています。愛情は変化しやすいものだと知っているからです。いつまでも本命のオンナでいたかったら、自分を高める努力も必要。気が付いたら二番目になっていた……という悲劇を避けるためにも、自分磨きや彼への思いやりを忘れないようにしましょう。

 

関連コラム

 

ぜんぜん女らしくないのにモテる“サバサバ女子”の魅力とは
結婚したけりゃ趣味を持て!泣きながらミスチル歌うでもいいから
調子のいいことばかり口にする“外面のいい彼”への対処法
タ結婚するなら、顔がブサイクor性格がブサイク、どっちを選ぶ?
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by MH photography (leminhhieu)

恋愛】の最新記事
  • 年下の彼と揺れた恋騒動【決め手になったあの一言】
  • ラインに返事がないときの対処法……なんてググっちゃダメだって!
  • 片思いで悩んでる人必見!恋愛を成就させるマル秘テク
  • 「もしやバレる……?」秘密の社内恋愛中に男性がヒヤリとした瞬間  
  • 「年下すぎる彼女」にドン引き? 年の差カップルが気持ち悪い理由を解明
  • 人生損してない?上手に甘えられないアラサー女の特徴と改善方法
  • 男が恋に落ちる瞬間と冷める瞬間とは?イケメンのガチ恋愛トーク
  • 男が「これはイケる!」と思う女のサイン9選
あなたへのおすすめ