どんなにラブラブなカップルも、付き合いが長くなればやがて倦怠(けんたい)期が訪れます。そんなとき、そこで別れてしまうカップルと、さらに愛が深まるカップルの違いはどのようなことなのでしょうか? 今回は、彼との仲を長続きさせるための方法をまとめてみました。

 

適度な距離感を保って

 

■自分をよく見せようとしない

 だめになってしまうカップルは、どちらか一方もしくは2人ともが無理をしているケースが多いようです。最初の印象があまりにも良すぎるためその状態を維持することに疲れてしまうんですね。
お互いに夢中になっているうちはいいけれど、倦怠(けんたい)期がくるともうダメ。ぼろぼろと“素”が出て「こんな人だと思わなかった」と別れを選択することになります。

■適度に秘密をもつ

 どんなに好きな人でも、すべてを知ってしまうとなんとなく興味が薄れるもの。秘密主義はいただけませんが、ある程度ベールに包まれた部分もあったほうが恋は長続きします。例えば、一人暮らしなら彼に合いカギは渡さずできるだけ外で会うなど「自分だけの空間」を持つようにするのです。彼に「もっと知りたい」と思わせることが、新鮮さを保つコツです。

■思いやりの心を忘れない

 付き合い始めたころは相手に気を使っていても、だんだん気心が知れてくるにつれて遠慮がなくなる。それだけ親密になれた証拠でもありますが、相手の気にしていることをズケズケと口にしたり、簡単に約束を破るようになったりするのは問題です。
傷つける側は軽い気持ちでも、気持ちを踏みにじられるほうはつらいもの。そういうことが重なれば、我慢できなくなるのも当然ですよね。

■べったりな関係にならない

 恋人ができたとたん、友人との付き合いが疎(おろ)かになってしまう人がいます。でも、いくら恋人同士だからといって、休日をすべて相手のためにあけておくなんて重すぎ! 「ちょっとさみしいな」と思うぐらいのほうが、会いたい気持ちが募ってちょうどいいのです。

■欠点もまるごと受け止める

 人格否定や浮気など、どうしても許せないことをされれば嫌いになるのも仕方ありません。でも、ささいな欠点なら「これも彼の一部」とおおらかに受け止めてあげましょう。
人間はどうしても間違うもの。しかも、自分の欠点に気が付いている人はほとんどいません。指摘してあげれば直る可能性もあるのに、別れを選択してしまうのはもったいないと思いませんか? それに、自分のほうも彼に我慢してもらっているかもしれないのです。
長続きするカップルは、お互いの欠点についてもオープンに話し合います。少しでも気持ちよく付き合うために、相手を責めたり避けたりするのではなく「よくなっていこう」というスタンスで向き合うことが大切です。

 恋人との関係を長続きさせるには、無理をしないこと、オープンにしすぎないこと、相手を傷つけないこと、過度に依存しないこと、そして欠点を許すことが大切です。適度な距離感を保って、いつまでも魅力的な自分でいましょう。

 

関連コラム

 

なぜ? イエスしか言わない女性が大事にしてもらえない理由
お願いだから放っておいて! 束縛の強い彼との付き合い方
本命彼女の条件は「彼ママと似ていること」を逆手に取ろう!
結婚してもよいバツイチ男とやっぱりダメなバツイチ男
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by Luciano Meirelles

あなたに憑いているのは誰の生き霊?

せい(ひらがな)必須

めい(ひらがな)必須

性別必須

恋愛】の最新記事
  • 男女に聞いた! パートナーと別れを決意したきっかけ 3パターン
  • 嫉妬は失恋の元?orラブラブになるきっかけ?上手な嫉妬の活用法
  • ワガママで女王様気質に向いてる?年下彼氏向きな女性の特徴
  • 壁は絶対に超えられる! 職場恋愛がスタートした瞬間4選!
  • 馴れ馴れしい女子も奥手な女子も男性は嫌い!恋に距離感が大事な訳
  • 恋愛に依存をしてしまう人って、一体どんな感じ? 男女の例
  • 彼氏いない歴が長引いてきた人でも簡単にできる彼氏の作り方
  • 男女に聞いた! 「好き」と思った相手にとる行動