年齢を問わず、女性であれば誰でも、彼氏が他の女性と少しでも親しくしていると、嫉妬の炎がメラメラと燃えてしまうものです。
とはいえ、彼氏が他の女性と接触するたびに嫉妬していたのでは、身がもちません。彼から愛想をつかされてしまう……なんて事態は一番避けたい!
 
ヤキモチ焼きな彼女が、独占欲とうまく付き合うための方法をご紹介します。
 

嫉妬心を冷静に見つめることから

 

どんなに彼氏のことが好きだとしても、彼と関わる女性全員に対していちいち嫉妬していたのでは、あなた自身疲れてしまいますし、彼にとっても精神的に大きな負担となってしまいます。
 
社会人として仕事をしている男性なら、仕事の中で異性とコミュニケーションをとる機会なんて数えきれません。その部分に彼女が嫉妬しても、男性にとっては「仕事なんだから仕方ないだろ!」ということになってしまうのです。
 
彼氏に関わる女性に対して嫉妬心を燃やすのは、交際したばかりのラブラブな時期なら、彼もそんなあなたをかわいいと思ってくれることもあるようです。しかし、いつでも嫉妬の炎がメラメラしていて、別の女性と話をするだけでも鬼の形相で詰め寄られるというのでは、男性も疲れてしまいます。
 
「自分は信用されていないんだ」そう思われて、徐々に彼のあなたへの気持ちが冷めていってしまうことも考えられます。ただ彼のことが大好きなだけなのに、こんな結末を迎えてしまうのは嫌ですよね?
 
しかし、嫉妬という感情は、うまくコントロールできなければ彼との関係をかき乱す危険なものなのです。まずはそのことを踏まえた上で、これからご紹介する、嫉妬心と付き合う方法を試してみてください。

嫉妬が芽生えたときの対処法 相手のことを知る

 

たとえば、まったく知らない女性と彼がなにか一緒に作業をすると聞くと、誰だって相手の未知の女性に対して嫉妬してしまいます。しかし、相手の女性のこともよく知っていれば、そこまで嫉妬に狂うこともないのではないでしょうか。
 
そのためには、普段から彼との会話の中で、同僚や職場での人間関係を、それなりに把握しておく方法がおすすめです。最初は嫉妬しないための策として始めたとしても、少しずつ彼の仕事に対しても理解が深まってきますし、「仕事の話を聞いてくれる女性」として彼からの評価もアップするかもしれません。
 
それで彼からの愛情がさらに深まれば、一石二鳥ですね。
 

嫉妬が芽生えたときの対処法 嫉妬する時間を作らない

 

嫉妬する時間や暇を自分自身に与えないという方法もおすすめです。考える時間があるから、余計なことまで考えて心配したり嫉妬したり、もんもんとしてしまうのです。
 
そんな時間があるなら、一人でカフェに行って読書をしたり、同性の友人とショッピングに出かけたりしてみてはどうでしょう? 自分が楽しい時間を過ごしていれば、彼に対する嫉妬心も芽生えてこないはずです。
 

さりげなく自分の気持ちを伝えて

 

それでも彼氏のことが好きすぎて嫉妬してしまう場合には、彼にさりげなくその気持ちを伝えるという方法もあります。
 
ただし、彼の仕事に対して嫉妬している場合には、彼から嫌がられるだけなのでひかえたほうがいいでしょう。
反対に、彼氏に女友達が多すぎて、プライベートな付き合いに嫉妬してしまう場合には、きちんと自分の気持ちを伝えることも大切。あなたのことを大切に思ってくれている彼なら、プライベートの付き合いを見直してくれるかもしれませんよ。
 
(yummy!編集部)
 
■「嫉妬心」とうまく付き合う、たった一つの方法
■愛情と嫉妬心の違い|「嫉妬されないと愛されていない」は勘違い!?
■嫉妬は失恋の元?orラブラブになるきっかけ?上手な嫉妬の活用法
 

公開日:2016年6月23日
更新日:2020年2月19日


 

恋愛】の最新記事
  • 「最近この子飽きてきたな……」男性に飽きられる女性の性格5つ
  • 店員さんへの片思い。成就させるにはどうしたらいい?
  • 理想の恋愛が手に入る!「引き寄せの法則」とは?
  • あなたに彼氏ができないワケとは? 性格やルックスは関係ない!
  • 30代になってから選ばれる女性はモテない女性!?
  • 男性が言う「家庭的な人が好き」ってどういうこと?
  • 同棲がきっかけで別れるカップルの3つの特徴
  • 焦り、諦めが原因?「とりあえず付き合ちゃう」女性の心理