年齢を問わず、女性は誰でも交際している男性が他の女性と少しでも親しくしていると、嫉妬の炎がメラメラと燃えてしまうものです。

 

さりげなく自分の気持ちを伝えて

 

 しかし、男性の行動一つ一つにいちいち嫉妬していたのでは身が持ちませんし、男性にとっても精神的の大きな負担となってしまいます。だって社会人として仕事をしている男性なら、仕事の中で異性とコミュニケーションをとる機会なんて数えきれません。その部分に彼女が嫉妬しても、男性にとっては「仕事なんだから仕方ないだろ!」という事になってしまうのです。

 彼に対して嫉妬心を燃やすのは、交際したばかりのラブラブな時期なら、彼もそんな自分を可愛いと思ってくれることもあるようです。しかし、いつでも嫉妬の炎がメラメラしていて、別の女性と話をするだけでも鬼の形相で詰め寄られるというのでは、男性も疲れてしまいます。

 「分かっているけれど、彼のことが心配なの」という人は、自分自身の嫉妬心とうまく付き合う方法を考えてみてはいかがでしょうか?例えば、まったく知らない女性と彼が何かを一緒に作業すると聞くと、誰だって相手の未知な女性に対して嫉妬してしまいます。しかし、相手の女性のことも良く知っていれば、そこまで嫉妬に狂うこともないのではないでしょうか。そのためには、普段から彼との会話の中で、同僚や職場での人間関係を、それなりに把握しておく方法がおすすめです。最初は嫉妬しないための策として始める場合でも、少しずつ彼の仕事に対しても理解が深まってきますし、「仕事の話を聞いてくれる女性」として彼からも評価がアップするかもしれません。

 また、嫉妬する時間や暇を自分自身に与えないという方法もおすすめです。考える時間があるから、余計なことまで考えて心配したり嫉妬したり、モンモンしてしまうのです。そんな時間があるなら、一人でカフェに行って読書をしたり、同性の友人とショッピングに出かけたりして見てはどうでしょう?自分が楽しい時間を過ごしていれば、彼に対する嫉妬心も芽生えてこないはずです。

 それでも彼のことが好きすぎて嫉妬してしまう場合には、彼にさりげなくその気持ちを伝えるという方法もあります。ただし、彼の仕事に対して嫉妬している場合には、彼から嫌がられるだけなので控えたほうが良いでしょう。しかし、彼に女友達が多すぎて、プライベートな付き合いに嫉妬してしまう場合には、さりげなく自分の気持ちを伝えることで、事態を変えることもできるかもしれません。

 

関連コラム

 

なぜ? イエスしか言わない女性が大事にしてもらえない理由
足を引っ張らないで! 娘の幸せをジャマする母親とは?
けっこう目立つから気になる! 虫刺されをケアする方法
便利でおいしいけど危険! どんどんブスになる食事とは?
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by kaizen.nguyễn

恋愛】の最新記事
  • 恋愛占い|最近彼が冷たい……もしかしてもう私のことを好きじゃない?
  • 恋愛占い|元彼にとって、私との恋はどんな思い出になっている?
  • 恋愛占い|今、あなたを幸せにしたいと思っている人とは?
  • 恋愛タロット占い|彼と付き合ったら、二人はどんな関係になる?
  • 姓名判断|ケンカばかりしてしまう私たち……どうすればうまくいく?
  • 姓名判断|倦怠期を乗り越えて愛を深めるには?
  • 恋愛タロット占い|元彼を超える人は現れる?
  • 「好きな男性のセフレに⋯⋯」それって本当に女性側が被害者?