新しいコミュニケーションツールとして、すっかり一般的に浸透したSNS。ミクシィ、フェイスブック、ツイッターなど、手を出している方も多いのではないでしょうか?なかには、「すっかり依存症」という方も多いと思います。同窓会のきっかけになったり、昔の友達とつながれたり、良い面もある一方で、怖―い出来事も……。

 

要注意!SNS依存

 

 そのひとつが、「フェイスブックを見て、彼女はないなと思った」など、自分が気付かないところで恋愛対象から外れてしまうケースもあること!リアルの対面で思われるのとは違って、ネット上の行動を見て思われてしまった場合、多くの場合、本人は気付きません。そして、気付かぬうちにたくさんの人から恋愛対象外とされてしまう。そんな、あまりに切ない出来事が起こります。

 では、恋愛対象外に置かれてしまう人のSNSの使い方、どんな感じなのでしょうか?まず嫌がられるのは、「構ってちゃん」「面倒くさい人」。暇なときはとにかくSNSをしていてしょっちゅうログインしている、毎回長く絡んでくる、ネガティブ投稿もお構いなしに投下、誰も絡んでくれないとスネる、SNSの投稿を通じて知り合いの行動を常にチェックしている。そんな特徴に当てはまる人は要注意!

 SNS依存の人は、とかく自立していないと思われがち。付き合ったらメールの返信がないとか、昨日何してたのとか言われそう……こうした想像のもと、男性はさりげなく遠ざかっていきます。

 続いて、「全世界に発信型」の人も、恋愛対象から外れやすいです。自分の生活を事細かに更新する、楽しくても悲しくても、どうでもいいことでもオチのないことでも構わずに投稿。時には友人のプライベートまでさりげなく暴露。女子同士のすっぴんお泊り会の写真も構わず更新。自分の過去の恋愛に関しても一人記者会見。こうなってしまうと、男性は恐怖を感じます。

 彼女にしたら、プライベートがどんどん暴かれそう、そんな理由から恋愛対象外になってしまいます。基本的に、恋は秘めごと。開けっぴろげすぎる女性にセクシーさは宿りません。全世界に発信してしまってはドキドキも薄れるというものですので、気を付けましょう。

 SNSなんだから、自分の好きにしたーい!好きなだけ絡みたい!自分を偽ってまでするものなの?と思う方もいらっしゃるでしょう。確かにそれは一理あります。自分のSNSなんて好きにすればよいというのは正論です。ただ、恋愛・婚活はセルフプロデュース力が必要とされる活動の最たるもの。「好きに振舞いたい!」という考え方の人は、もう恋愛や結婚、婚活なんてそもそも向いていない!とバッサリあきらめるべき、と言えるでしょう。Written by Gow! Magazine編集部
Photo by YangChen(TW)

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • 人生損してない?上手に甘えられないアラサー女の特徴と改善方法
  • 男が恋に落ちる瞬間と冷める瞬間とは?イケメンのガチ恋愛トーク
  • 男が「これはイケる!」と思う女のサイン9選
  • 20代男子に増殖中!恋愛に無気力な「絶食系男子」攻略法
  • 1つの愛の形!不倫恋愛で誰も傷つかないための必須マナー6つ
  • 遊び人を排除せよ! ヤリ捨てされないためには〇ヵ月のお預けが大事!
  • 働く男性が「彼女にしたくない!」と思った職場女子の特徴8選
  • まず知っておいてほしい、この恋の現状
あなたへのおすすめ