若い頃にはいつも電話やメールでお互いに相手を束縛する恋愛でも夢中になって楽しむことができます。

 

みじめな独女にならないために

 

 しかし、恋愛ばかりに時間を使っていられないアラサー女性の婚活では、信頼できる男性と大人の関係を築いていきたいもの。そのため、20代の若いカップルと比べてデートをする頻度や、メールや電話の回数も自然と少なくなることも少なくありません。でも、だからと言って大人の恋愛が冷めているというわけではありませんよね?

 会える回数や頻度が少ないからこそ、大人の恋愛では相手への信頼がとても大切です。しかし、信頼していたはずの彼氏に、実は本命の彼女がいたとしたら、あなたはどうしますか?

 最近芸能界でも話題になっている「自宅に連れ込んだ浮気相手を本命に見つかってしまうパターン」。アポなしで交際相手が家に来ることなんてないだろうと高を括り、ホテル代をケチって浮気相手を自宅に連れ込んでしまうことで想定できる泥沼の修羅場です。サプライズで交際相手の自宅に行ったら、なんと彼氏が知らない女性と浮気をしていたことを知る側にとってもキツイですし、何も知らずに自分が付き合っていると信じていた彼氏に実は別の本命の彼女がいたことを、まさかの修羅場で知らされる側にとってもキツイですね。

 相手の予定やスケジュールをいちいち把握するのではなく、相手を信頼し、お互いにスケジュールが合う時にデートをすることが多いアラサーの恋愛。素敵な大人の恋愛ができる反面、ダメンズに当たってしまうと彼氏が実は結婚していたとか、すでに本命の彼女がいた、なんてことにもなりかねません。

 もし自分がそんな「浮気相手」の立場になってしまったら、どうしたらよいのでしょう?答えはただ1つ。今すぐに関係を清算するのがベストです。相手が既婚者なら、浮気の罪で慰謝料請求されることも考えられますし、独身男性の場合でも相手に本命の彼女がいる以上は、明るい将来は見えてきません。彼が「別れるから」なんて調子がよいことを言っても、それを信じてはいけません。

 「相手に本気モードになってからそういう事実を知っても、もう後戻りできない」と語るのは美恵子さん。彼女も以前に、そんな泥沼の修羅場を経験したことがあるそうですが、男性の言葉を信じてずるずると関係を続けた挙句、彼は本命の彼女とゴールイン、自分はみじめな独女になってしまったと言います。「アラサーになると1年1年がとても大切。先が見えない男性に時間をささげるなんてもったいない。」もう少し前に気づきたかったですね。

 

関連コラム

 

恋を諦めてしまうその前に…劇的な復縁婚が増えている!
同棲相手とのマンネリを脱出して一発逆転ゴールインする方法
婚活、復縁、恋愛の悩みを解決する成功の法則とは?
出会いが少ない職場でも恋人はできる?もう一つの運命を探す方法
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by Jordan Sarkisian

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • あの人は私に友達以上の特別な感情を持っている?
  • 【店員さんに恋】アプローチはどうしたらいい?
  • 次の恋は全力を出していい?
  • 来年のいまごろ、私は誰かとイチャイチャしてる?
  • 彼氏が匂わせる『別れたい』の危険サイン!○○な女性は気づかない!?
  • あなたの“運命の恋”を呼ぶキーマンはこんな異性!?
  • あの人がピンチ! 私は助けるべき? それとも見守ったほうがいい?
  • 今夜はあの人とデート! どんなデートになる?