彼氏がいなかった期間が長い人ほど、彼氏ができると嬉しくて、時間があるときにはずっと一緒に過ごしたいと考えるもの。毎日がラブラブで、自分の周囲の全てのものがバラ色に見えてしまう気持ちは誰でも同じですが、どんなカップルでも、ラブラブな期間は永遠に続くわけではありません。

 

「距離感」をコントロールする

 

じつはほとんどのカップルが遅かれ早かれラブラブ期間は終わりを迎えてしまいます。ラブラブな期間が終わったからといって彼の自分に対する愛情が冷めてしまったというわけではありませんが、ラブラブ期間が終わることによって、恋愛が始まる前と同じように仕事や趣味に費やす時間が増えていきます。いつもずっと一緒にいたいと考えている女性にとっては、そんな男性の言動にイライラしてしまうことも多いのではないでしょうか。

しかし、ちょっとした恋愛テクによって、男性が自分に対するラブラブな気持ちを半永久的に引き延ばし続けることができます。それは、「距離感」をコントロールするという方法。いつも一緒に過ごして、会いたいと思ったらいつでも会えるという距離感は、まるで結婚している倦怠期の夫婦です。恋愛関係では、そんな距離感は必要ありません。恋愛関係においてずっと彼に愛されるためには、彼に「会いたいな」と思わせる時間を意図的に作ることが必要なのです。

「彼の都合に合わせて自分の予定をずらしてばかりいた私。気づいたら、女友達がいなくなっていた」(デパート勤務・31歳)

「会いたい時にいつでも会えると思って同棲を初めて2年。私は仕事と家事をこなす母親のような存在になってしまった。」(OL・30歳)

 これらの証言は、彼とずっと一緒にいたいという気持ちを優先させてしまった女性の末路です。トキメキがなくても穏やかな関係、と言うこともできますが、その先に必ず結婚が約束されているわけではないことを理解しておきましょう。

 男性が結婚を考える理由はただ一つ、「この女性を失いたくない」「この女性とずっと一緒にいたい」という思いから。彼にそう思わせるためには、恋愛関係に合わせて距離感を少しずつつめながらも、結婚しなければ到達できない距離には身を置かないように気を付けることも大切です。

会いたいけれど会えないという時間を持つことによって、お互いに相手の良い所ばかりを思い出し、会いたい気持ちが一層募ります。彼の中に、自分に会いたい気持ちがどんどん募れば、彼からのプロポーズも時間の問題になるのではないでしょうか。ただし、こうした恋愛の駆け引きは自然に行うことが大切です。駆け引きする姿が丸出しでは、計算高い嫌な女のレッテルを貼られてしまうことにもなりかねないので注意しましょう。

 

関連コラム

 

「自分なんか絶対ムリ」ネガティブ女子が恋を成功させた裏ワザ
年上男性が求める女性像って?年上モテする女の特徴
結婚への近道!男が本当に求めているのは「自立した女」
第一印象は0.1秒で決まる!初対面から愛される女になるには?
Written by 七瀬朱音
Photo by maksim_serikow

pickup!
恋愛】の最新記事
  • 夢見すぎ? 高く持っていていい理想と、持ってはいけない理想とは?
  • 背徳感は、蜜の味? 背徳感いっぱいの恋愛経験
  • 好きだと勘違いされた!正直、困る勘違い男への対処法
  • 現役東大生ライターに聞く! 年下男子が夢中になる大人女子とは?
  • 思わず赤面!アンダーヘアにまつわる恥ずかしい体験談5選
  • 幸せな結婚をしたいなら!自分の欲望に正直になろう
  • 「優しい」とはちょっと違う。女性から見た本当の男性の優しさ
  • 彼氏から「距離を置きたい」と言われた。正しい対処と思考方法