どんなにラブラブのカップルでも、ケンカを全くしないカップルというのは長続きしにくいもの。生まれも育ちも価値観も違う男女が恋愛関係にあれば、そこには当然価値観の違いや考え方の違いなどによって、意見が合わないことだって起きます。

 

エッチで仲直りは禁じ手?

 

ケンカすることによってお互いの意見をぶつけながら、二人だけの妥協点や解決策を見出していくことが恋愛を長続きさせるコツと言えるでしょう。恋愛においても結婚においても避けることができないケンカだからこそ、上手に仲直りできる方法をマスターして、彼との関係を永遠に続けたいものです。

若いカップルに多い「エッチをして仲直りする」という方法は、ケンカの原因によっては一時的な解決で根本的に問題が解決しないことも多いので、あまり頼り過ぎると関係は長続きしないことを覚えておきましょう。

ケンカしたときの仲直り法の中でも断トツ人気があるのは「気分転換」という方法。
「同棲中の彼とケンカをすると、いつも家の空気がドンヨリ。だからケンカの後にはいつも、コーヒー飲まない?と誘い、話題を変えるようにしてます」(化粧品販売員・30歳)
ちょっとした誤解や行き違いからケンカに発展してしまった場合には、お互いにいつまでも意地を張っていても良いことは何もありません。女性の側が大人な対応をすることで、ケンカを上手におさめることもできそうですね。

「ケンカをした直後って本当に腹が立つ。でも時間が経つとどうでも良いことばかり。だから最近では、ケンカしても私から謝ってその場を収めています」(メーカー勤務・29歳)

 どんな理由でケンカした場合でも、お互いに腹を立てている時間が辛くて、自分から折れてしまうという女性は少なくありません。ケンカの理由がどうでもよい事なら問題ありませんが、自分から謝るスタイルが定着してしまうと、彼を傍若無人にしてしまうリスクもあるので要注意。自分がどうしても譲れない原因でケンカする場合には、折れない強さも必要です。

ケンカをすれば、誰でも頭にカッと血が上ります。しかし、少し時間を置くことによって、相手の意見にも理解を示せるようになったり、相手の言い分にも納得できたりすることもあるでしょう。また、くだらない理由でケンカしてしまった時には、「ちょっと言い過ぎたかな」と後悔することもあるかもしれません。もしも言い過ぎたなと感じたら、きちんと相手に謝る姿勢も、上手に仲直りするコツです。自分の口から発した言葉は、相手の心に永遠に残ってしまうこともあります。そうした言葉が積もり積もって別れの原因にならないためにも、ケンカは上手に丸く収めたいですね。

 

関連コラム

 

失恋ショックを乗り越えて恋愛の「勝ちグセ」を付ける方法
モテ女の共通点!男から愛される女の三原則って?
年上男性が求める女性像って?年上モテする女の特徴
追うよりも追われるが勝ち、男に結婚を意識させるテクニック
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by mkd.

恋愛】の最新記事
  • 「何系がタイプ?」彼が本当に女性に求めているのはなに?
  • チャンスを逃さないで! 彼氏ができる前兆をチェック!
  • 「この子とは普通の恋愛が出来そう」と男性が思う瞬間とは?
  • 「今日、家にお父さん来てるから」。送り狼をうまく断る方法4選
  • セフレ、時々、恋人……割り切れない関係を「続けるORやめる」その判断軸とは?
  • 恋愛感情がわからない人向けのLIKEとLOVEの見分け方
  • 男女に聞いた! パートナーが完璧でないと好きではいられない?
  • 恋愛氷河期を逆手にとって恋愛を楽しむ方法 3つ