女性の結婚願望につけ込み、多額の金銭を巻き上げる“結婚詐欺師”。その巧妙な手口が2ちゃんねるで公開され、話題となっています。
 
独身アラサー女性にとっては、人事とは思えない何とも恐ろしい話です。というわけで、結婚詐欺に合わないための心得を考察してみました。
 

その婚活、大丈夫? 結婚詐欺師に注意!

 
婚活パーティーやSNS、出会い系サイトなどで気軽な出会いが増えている昨今。ひと昔前に比べると、見知らぬ異性と知り合える機会が格段に多くなりました。
 
結婚を意識するアラサー世代にとっては、とても便利な時代だと言えます。
 
しかし、その一方で女性の結婚願望につけ込んだ、悪質な犯罪も起こっているようです。
 
そう、“結婚詐欺”です。
 
2ちゃんねる内で『結婚詐欺で捕まったけど質問ある?』というスレッドがたち、注目を集めました。その内容は、元詐欺師が淡々と結婚詐欺の手口について語るもの。
 
彼は10年間で1500〜1800万ほど、複数の女性から騙し取ったそうです。
 
運命の出会いだと思ったのに、汗水流して必死に貯めた結婚資金を騙し取られた……なんて事態が、もし自分の身に起こったらと思うと、背筋に冷たいものを感じずにはいられません。
 
そんな事態を避けるためにも、結婚詐欺の手口と、騙されないための心得を紹介しましょう。
 


元結婚詐欺師が告白、卑劣な犯行の手口

 
元結婚詐欺師が詐欺をするきっかけになったのは、「知り合いの女性にお金の相談をしたら、無期限無利子でお金を貸してくれた」経験からだと語っています。
 
もともと借金をするつもりはなかったそうですが、簡単に生活を一変させるほどの金額を手に入れたため、味をしめてしまったそうです。
 
そんな彼の犯行の手口は、シンプルで地味ながら、人の優しさにつけ込んだ悪質なもの。中にはあまりにも自然な手口だったため、金を騙し取られた後も詐欺だと気付かなかった女性もいたそうです。
 
それでは、元結婚詐欺師が語った詐欺の手口と、そのポイントを解説いたしましょう。
 
 
●1、出会いは、出会い系やオフ会を狙う
 
出会い系などをきっかけにした関係は、人に話しにくいと考える人が多い。そのため、友人に紹介されたり、被害の相談をされたりといった、不用意に他人に干渉されるリスクを減らすことが出来る。
 
 
●2、陰気な女性を選び、恋愛に盲目的にさせる
 
優しくて真面目そうな人は避け、人と接するのが苦手な陰気な女性を選び、ごく自然な感じで交際をする。その際は、どれだけ相手を恋愛的に盲目にさせるかに注力する。
 
 
●3、金銭での問題を解決したら結婚できるとアピール
 
「実家の借金がクリアになったら結婚したい」「親の病気で入院費などがクリアになったら結婚したい」などといった条件付きで結婚を匂わせる。
 
さらに、交際の途中で「不況のあおりで給料が……」「親の病気が悪化して……」などと落ち込んだアピールをして同情をかう。
 
 
●4、相手が言い出すまで自分から金の無心はしない
 
自分から金を請求すると詐欺として立件されるため、相手の「助けてあげたい」という気持ちを煽り、女性が進んで金を出すように仕向ける。
また、金額は30〜80万に留め、詐欺だと気づきにくくし、その分、複数の相手を騙す。
 
 
●5、金は必ず手渡し
 
通帳の入金は捜査対象になるので、金は必ず手渡しにし、金融関係の記録は残さない。
 
 
●6、相手から別れたくないように仕向ける
 
まんまと金をせしめた後は、前出した「不況のあおりで給料が……」などの設定を利用し、イライラして当り散らしたり、精神的に参ってるフリをしたりして、相手が自ら別れたくなるように仕向ける。
 
また、相手が騙されたと気づかないよう、急に音信不通になることは避ける。もちろん避妊は徹底する。
 
 
以上が彼の犯行の手口です。
 
特別なトリックなどはなく、単純な嘘と相手の恋愛感情だけで詐欺が成立しているのが、逆に恐ろしいところです。
 
たしかにこの様な方法で狙われたら、詐欺と見破るのは難しいかもしれません。
恋愛感情が発生し、盲目的になっている時ならなおさらです。
 
被害も少額のため、ただの失恋だったと考える女性も多いでしょう。
 
しかし、男の目的が金である以上、乙女心を踏みにじる悪質な犯罪であることに間違いありません。
 


結婚詐欺に遭わないためには…

 
巧妙に行われると見破るのが難しい結婚詐欺ですが、ちゃんと対処法はあります。
 
以下の点に気をつければ、結婚詐欺はある程度未然に防ぐことが出来るのです。
 
 
●1、出会う場所に注意する
 
出会い系サイトなどには、詐欺師の他にも悪意のある人間が多く潜んでいる。それゆえ、安易に心を許してはいけない。たとえ彼氏でも慎重に。
 
 
●2、お金は絶対に貸さない
 
たとえ恋人同士でも、2人の間が壊れるような額のお金の貸し借りはしないこと。もし、どうしても貸す場合は借用書を作成する。親しき仲にも礼儀あり、である。
 
 
●3、根拠のない口約束には要注意
 
「実家の借金がクリアになったら結婚したい」など、結婚の条件に金銭を絡めたり「近いうちに大金が入る」などの言葉は、結婚詐欺師の常套手段。少額の貸し借りで実績を作り、相手に信用させるという手口もよく使われる。よって金銭関係の話は必ず裏を取るようにする。
 
 
●4、相手の身元はきちんと確認しておく
 
何よりも大事なのは相手の身元を知ること。結婚を考える相手なので、相手の住所、勤め先、家族、そして交友関係などの情報は把握しておくこと。
 
 
結婚詐欺は相手に「騙す意思」があったかどうかを立証出来ないと、詐欺罪として訴えるのは難しいのです。
 
つまり、たとえ訴えても「もうすぐ結婚するつもりだった」と言われてしまえば、それまでなのです。
 
また、騙されて「貞操」を奪われたとしても、貞操は財物にみなされないため、肉体関係について訴えることも出来ません。
 
 
それゆえ、詐欺罪は未然に防ぐことが何よりも大切なのです。
 
アラサーともなれば結婚を焦る気持ちが芽生えるのも当然です。しかし、結婚は人生にとって大きな出来事。恋に溺れず、相手がどんな人間かを見極めることも大切です。
 
卑劣な詐欺にあって悔し涙を流さないためにも、恋人とはオープンな関係を築くように努めましょう。
 
Written by つん子
Photo by Natasha d.H
 
■婚活中の29歳と35歳女性は注意!結婚詐欺男の標的に
■「結婚したい」と焦るアラサーが狙われる!婚活詐欺の被害例4選
■3ヶ月以内にあなたの目の前に現れる結婚相手候補、その姿

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • 本当に自分を愛してくれる人を見つけられない人へ|エマちゃん
  • 嫉妬は失恋の元?orラブラブになるきっかけ?上手な嫉妬の活用法
  • 壁は絶対に超えられる! 職場恋愛がスタートした瞬間4選!
  • 顔が好きという理由で自分を好きになってくれるのはうれしい?
  • いい子なのに幸せになれない原因|エマちゃん
  • 恋愛でメンヘラ化してしまいやすい女性の5つの特徴
  • 【体験談】「セフレから彼女に昇格なんて無理」はウソ?
  • 男女はどうして分かり合えないのか |ラブホスタッフの上野さん