男性にプレゼントを贈る際、何を贈るか悩んだ経験がある方もいるでしょう。
特に来月は3月で異動や旅立ちの季節。今までのお礼をこめて男性上司や同僚、気になる彼にプレゼントを贈るのもいいですよね。
しかし、渡してはいけない意外なNGプレゼントもあるのです。そんなものを気になる彼にプレゼントしてしまっては、今後の発展が期待できなる危険性も……。そこで、今回は実は贈ってはいけないNGプレゼントをご紹介していきます。

 

うっかり贈ってない? NGプレゼント5選

 

●その1:お守り
学業や健康など、相手の検討を祈って神社やお寺のお守りを渡す人もいますが、実はお守りは本人が自分の身銭で買ってこそ意味のあるものなのです。様々な色やデザインのものが売られていますが、そんな数あるお守りの中から迷いに迷って選んでも、ご利益が得られるのは選んだ本人。
渡す相手のことを真剣に思って、願いを込めて渡せば効力を発揮するようですが、お守りをプレゼントされるのはよほどの仲でないと、愛が重過ぎるように感じることでしょう。
宗教上の理由で受け取ってもらえないこともあるのでやめておくのが無難です。

●その2:ハンカチ
お値段もそこそこで、手軽にプレゼントしやすいハンカチ。ちょっとしたブランド物のハンカチをプレゼント用に包装してもらうと見栄えも良いですよね。それに、ハンカチを持ち歩くのはエチケットでもあるので、「使える物をプレゼントできた」という気にもなりそうです。
しかし、そんなお手軽プレゼントであるハンカチを漢字で書くと「手巾(てぎれ)」。縁を切るという意味になってしまうのです。彼と良い縁を結びたいならハンカチは贈らない方が吉ですね。

●その3:本人がこだわっているブランドのもの
その人が特定のブランドが大好きだと、そのブランドのものを贈れば喜ばれそうですし、選びやすいですよね。しかし、相手がかなりそのブランドに入れこんでいる場合、既に持っていたり、好きなブランドだからこそ厳しく、「このブランドの服は好きだけれど小物のデザインはちょっと……」というように、好みとそうでないアイテムが別れていたりします。
彼はこのブランドが好きだからこのブランドのものを贈ろうという単純な考えは、かえって失敗することもあり得るのです。

●その4:グラスなどの食器類
質素な食器のラインナップに見かねて、「食器類をプレゼントしよう」と考えるかたもいるかもしれません。でも、付き合っている彼であってもそれはやめておいた方がいいでしょう。
飲食系の仕事でもしていない限り、男性にとって食器は家庭的なイメージが強いもの。それを女性からもらうとなると、どうしても結婚の2文字を連想してしまうのです。
良かれと思って贈ったプレゼントが、この上なく重いプレゼントになってしまう可能性がありますのでご注意を。

●その5:ネクタイ
意外ですが、ネクタイは本人がシャツやスーツと合せた色・柄を選んでいることも。それを知らないまま自分の好みでネクタイをプレゼントしても相手はコーディネートに困ってしまいます。
ファッションにこだわりのない人なら喜んでくれそうですが、おしゃれ男子に渡すのなら、相当リサーチが必要になることでしょう。

 

モノより気持ちが大切?

 

今まで知らずにプレゼントしていたNGアイテムも含まれていたのではないでしょうか。ならば、何をプレゼントすればいいんだ!? と思ってしまうかもしれません。しかし、ちょっとくらいNGなプレゼントを贈ってしまっても、感謝の気持ちは伝わるはず。できれば、モノよりも気持ちを大切にしたいものですね。

 

関連コラム

 

思いもよらない言葉が愛を成就、生を感じる事が出来た瞬間
口説かれてる?社交辞令?男のホンネを暴くメール翻訳
年上男性を夢中にさせるには?愛され女子の7ヶ条
「なんでこんなことするの?」男が理解できない女の習性5選
Written by 姫野ケイ
Photo by tiverylucky

恋愛】の最新記事
  • 失恋を引きずり苦しんでいるあなたへ。忘れるための処方箋
  • やりすぎは注意! 男性が引いちゃう女性からのアプローチ
  • 不倫が本気の恋愛に!? 本当にあったやばい恋愛エピソード
  • 「きっとまた傷つくんだ…」過去の恋愛トラウマのせいで素直に恋できない人へ
  • 出会いから超高速で交際まで!男性に「一目ぼれ」を意識させる反則技!
  • マンネリを感じたことのある男性は半数以上!乗り越え方のコツ
  • 愛される女性は自立している!男性に好かれる真の「大人の女性」とは?
  • 4股で修羅場!? 穴があったら入りたい! 20代の「恋愛黒歴史」