後悔先に立たずとはよく言ったもの。
しかし、恋愛においてはついくよくよと後悔してしまうのが乙女心。
そんな女子が軽やかに次の恋愛に羽ばたけるよう、「後悔しない別れ方」を紹介したいと思います。

 

後悔する失恋には2つのパターンある

 

出会いの数だけ別れの数がある……なんてありきたりなセリフが身に染みる“別れの時”。

大好きだった恋人に別れを告げられた経験がある方、後悔せずにきっぱりと別れることはできましたか?

後悔してしまう別れ方には、2つのパターンに分けられます。
どちらのパターンかを自ら認識し、きちんと反省すれば、その経験を次の恋愛に活かすことが出来ます。

以下にAとB、2タイプのチェックリストを作成しました。
どちらのチェック項目が多いかで、あなたの「後悔パターン」が判明します。
まずは自分の「後悔パターン」を認識してみましょう。

 

Aタイプチェックリスト

 

下記の15項目に当てはまる数を数えてみてください。

《Aタイプ》
●1:食べるペースが遅い。
●2:流行にうとい。
●3:「考えすぎだよ」と人に言われることが多い。
●4:気に入った服は、色違いで同じものを購入する。
●5:待ち合わせに遅刻をしてしまうことが多い。
●6:食事の時になかなかメニューが決められない。
●7:テーマパークが好き。
●8:恋人でも女友達でも、仲間内の“お揃いグッズ”が好き。
●9:頼まれると断れない。
●10:頭痛薬を常備している。
●11:料理は得意だが掃除が苦手。
●12:仕事内容を注意されただけで、自分自身を全否定された気持ちになる。
●13:かっこ悪い自分は人に見せたくない。
●14:自分の価値をさげたくないという、山よりも高いプライドを持っている。
●15:でも高いプライドは決して人に知られないようにしている。

 

Bタイプチェックリスト

 

次に、下記の15項目に当てはまる数を数えてみてください。
Aタイプの数と比べて、どちらが多いでしょうか?

《Bタイプ》
●1:立ち食いや1人ラーメンが平気。
●2:限定品に弱い。
●3:ブログや日記は3日坊主。
●4:なんでもシロクロはっきりつけたがる。
●5:取扱説明書が苦手。
●6:出歩くのが好きだがよく迷子になる。
●7:フットワークが軽い。
●8:シカトはするが、されるのは耐えられない。
●9:団体行動が苦手。
●10:噂話は好き。
●11:情が深くて怨みも深い。
●12:掃除は好きだが料理は苦手。
●13:気になることがあると調べずにはいられない。
●14:話を聞くより聞いてもらう事の方が多い
●15:プライドは高いが、状況によってはその場で捨てることも出来る。

 

Aタイプは「あの時○○すればよかった」パターン

 

Aタイプに当てはまる項目が多いあなたは、彼に振られて「あの時○○すれば良かった」と後悔しているのではありませんか?

あなたは、人に嫌われたくないために、感情を抑える癖が付いてしまっているのかもしれません。自分の感情を抑えてでも、周りへ同調しようとするタイプです。
もしかしたら、付き合っていた彼にも素直な感情を見せたことがなかったかもしれません。

思い返してみた時に、「あぁ、やっぱりあの時はこうしておくべきだった……」と、悔やんでしまった経験があるのではないでしょうか。

“しなかったこと”と“出来なかったこと”とは違います。

出来なかったことは、その時の自分の限界なのですから、後悔はそれほどないはずです。
しなかったことは、単なる出し惜しみです。出し切らなかった自分への後悔は長引いてしまいます。

別れの時は感情を押さえることなく「思っていることを素直に伝える」努力をしてください。

最後くらい、自分の本当の気持ちを伝えましょう。
抑えていた気持ちを吐き出せば、どんな結果になっても後悔はしないはず。

失敗することはかっこ悪いことではありません。
逆に、後悔することほどつまらないものはないのです。

恋愛では、素直な気持ちを相手にぶつけることも必要です。
嫌われるのを恐れるだけではいけません。
同じ後悔をしないためにも恋人には精一杯、自分の思いを伝えるようにしましょう。

 

Bタイプは「あの時○○しなければよかった」パターン

 

Bタイプに当てはまる項目が多いあなたは、彼に振られて「あの時○○しなければ良かった」と後悔しているのではありませんか?

誰だって後悔するようなことはできるだけしたくないですよね……。
それが本心じゃないなら、なおさらのこと。

たとえその場の勢いだったとしても、“してしまったこと”は取り消せないのです。
本気で思っているわけではないのに、暴言を吐いたり、相手の欠点を指摘したりしては、お互いに傷つくばかりです。

あなたは日頃から、彼に一方的な感情をぶつけてしまってはいませんか?

後先考えずに行動してしまう癖があることを自覚し、別れの時は言葉を発する前に「一呼吸おく」ことを意識してください。
冷静になることで自分の本心が見え、次に出てくる言葉や行動が変わることでしょう。

本当の気持ちが伝われば、彼の気持ちだって変わっていたかもしれません。
もしも彼の気持ちが変わらなかったとしても、無駄に傷つけ合うことは避けられたかもしれません。

人と人とは一期一会。
たとえ相手とわかり合えなかったとしても、一度は愛し合った間柄。
最後まで敬意を払うことを忘れずにいたいものですね。

 

後悔のない行動をすれば未練は断ち切れる

 

「あの時こうしていれば、こうしなければ未来は変わっていたのかもしれない」という後悔は、もしもの可能性を期待してしまっている感情=未練を生みます。

未練があると、なかなか次の恋愛には進めないものです。
別れ際に後悔をしないような行動をとれば、未練に振り回されるリスクを減らすことができます。

そして、不本意な別れの後、「わたしにはあの人しかいない……」などと視野を狭めてはいけません。

断言しますが、次の出会いは必ずあります!

もしも恋に終わりが来てしまったら、後悔をしない別れ方をして、軽やかに次の恋愛に羽ばたきましょう。

世の中に男性はいくらでもいるのですから! 星の数ほどね!

 

関連コラム

 

グサリと刺さる恋愛名言6選 〜元祖オトメン・太宰治編〜
彼氏のケータイを盗み見たいという衝動を抑える方法
合コンのオマケ『バツイチ男』が一番モテる理由
恋が燃える法則 あらゆる恋バナの元祖はシェイクスピア!?
美人だけに得させない!ブスでもモテ人生を歩む方法

Written by 沢田七海
Photo by Jack Batchelor

恋愛】の最新記事
  • 職場恋愛とは無縁…男性が同僚女子を「彼女にしたくない」と思う瞬間
  • 幸せな結婚をしたいなら!自分の欲望に正直になろう
  • 「富山県」に嫁ぐが正解?富山県民が幸せな結婚生活を送る理由
  • セックスの満足度が段違い! 女性がオーガズムに達する秘密の方法
  • 良いセックスはキスで決まる!男を悶々とさせるキスとは?
  • 彼氏からの愛情表現が物足りない…マンネリカップルに刺激を与えるのは嗅覚!
  • 熱い夜を過ごしたい! マンネリ彼氏、草食系男子を欲情させるテク6選
  • 男性が本命女子には「絶対しないこと」