慌ただしい年末年始。帰省の準備をしている方もいることでしょう。

今年は最大9連休。長いお休みは嬉しい反面、気になっている彼と会えない期間に身悶えしてしまいそうです。
しかし、そこで恋い焦がれるより、年明けに彼をドキッとさせるための活動に励んだ方が生産性のある休みにできます。

ではさっそく、休み開けに使える、彼をドキッとさせるためのちょいテクをご紹介いたします。

 

恋の駆け引きスタートは年明けがカギ!

 

●その1:なまりや方言を利用
普段は標準語で話していても、年末年始を田舎で過ごし、いざ東京に戻ってくるとすっかり田舎のなまりが染み付いてしまっていることも。

彼の前でうっかりなまりが出てしまったら赤面してしまいそうですが、このなまりこそ、東京生まれで方言をもっていない男性は「かわいい」と感じられるのです。

年明けならばなまりや方言が出ても不思議ではありません。積極的に利用しましょう。

●その2:お土産配布作戦
休み明け、田舎のお土産を配る方もいるでしょう。お土産を配るとほっこり感が生まれますよね。

以前、某会社の社長が、若い社員と触れ合うために「飴ちゃん作戦」なる、飴を配ってコミュニケーションをとる方法を実践していました。その作戦を気になる彼に「お土産作戦」として使ってみると、会話のきっかけにも繫がるはずです。

●その3:イメチェン
今年の連休は長いです。連休中に美容室に行き、初売りで新しい服を買い、ガラリとイメチェンしてみる手も。

ただし、男性はなかなか女性の髪型に気付かないという傾向も……。前髪を切ったりカラーを変えたりするだけでなく、ロングヘアを思い切ってバッサリカットする、パーマをかける等、一目で見て分かるイメチェンをしてみては?

●その4:正月ぼけをひきずらない!
長い連休の後はやる気がおきないもの。正月ぼけを引きずっていると身だしなみに手を抜いてしまう危険性があります。
年明けもシャキッとすると彼の目に鮮明に飛び込んでいくはずです。休みが終わってしまった絶望感に打ちひしがれる気持ちも分かりますが、寝癖をつけたまま彼に会うなんてとんでもありません。メリハリをつけて、身だしなみに注意!

●その5:新年のあいさつ
やはりこれが基本中の基本です。
年賀状は出していても、改めて直接「新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします」と声に出してあいさつをすると、普段とは違う新鮮な印象を与えられるはずです。あいさつを侮るなかれ!

 

休み中に女を磨くべし!

 

来年も良い出会いがあるよう、日頃の清い行いで運を寄せ付けましょう。ゆっくりと年末年始の連休を過ごしつつ、新年に彼をドキッとさせるテクを磨いてくださいね!

 

関連コラム

 

時間とお金がない…時短女子必見おしゃれツール
Twitterでフォローを外したくなる人の特徴5選
床に置いちゃダメ!片思い中は気を付けたい携帯電話の取り扱い
やっぱり好き?無意識だけど「元カレに未練アリ」女子が増殖中
Written by 姫野ケイ
Photo by Ian Alexander Norman

恋愛】の最新記事
  • 失恋を引きずり苦しんでいるあなたへ。忘れるための処方箋
  • やりすぎは注意! 男性が引いちゃう女性からのアプローチ
  • 不倫が本気の恋愛に!? 本当にあったやばい恋愛エピソード
  • 「きっとまた傷つくんだ…」過去の恋愛トラウマのせいで素直に恋できない人へ
  • 出会いから超高速で交際まで!男性に「一目ぼれ」を意識させる反則技!
  • マンネリを感じたことのある男性は半数以上!乗り越え方のコツ
  • 愛される女性は自立している!男性に好かれる真の「大人の女性」とは?
  • 4股で修羅場!? 穴があったら入りたい! 20代の「恋愛黒歴史」