THE MANZAI2013(フジテレビ)で優勝こそ逃したものの、放送後話題になったのが「東京ダイナマイト」のみのもんたネタ。
大きなスキャンダルとして話題になった「みのネタ」を絡め、放送コードギリギリとの声もありましたが、個人的には天晴れ、よくやったと賞賛を送りたい気持ちです。
終了後にハチミツ次郎がツイートした『せっかく生放送でやっとんじゃけえハラハラするような漫才やらにゃあ意味がなかろーが』にもしびれました、カッコいい!

男たるものここぞというときの潔さが欲しいもの。
「こんな仕事されたら思わず惚れてまう」という職場エピソードを紹介したいと思います。

 

こんな仕事されたら、惚れてまうやろ!

 

●その1:部下のミスはオレのミス
「大きなミスをしてし営業から電話でガンガンに怒られ、事後処理もテンパってグダグダ。冷や汗かきまくりで仕事をしていたとき。『今日はもう帰って、一旦気持ち落ち着けて来い』と定時で帰らせてくれた上司。翌朝、会社に行くと、無精ひげをはやして疲れた顔の上司が缶コーヒーをすすっていました。徹夜してくれたらしい。涙が出ました」(26歳/メーカー)

●その2:賢者は黙して語らず
「鳴り物入りの新上司が着任。初日から既存のシステム批判をのたまい、無理難題をふっかけてくる上司に、部下一同困惑、チーム内もギクシャクしていました。普段はあまり目立たない同僚だけが黙々と仕事を続けているので『あの上司ムカつかない?』と振ると、冷静に『でも、あの人の言ってることあってる』と。目が覚めた気分になりました。実際システムが回り始めてみると、仕事の効率が倍に。この一件で、わたしの中では、地味な同僚から、できる男に一気に昇格しました」(29歳/印刷)

●その3:要件は命令口調で
「明日までの会議資料にさんざんダメだしをくらった挙句、終電間際で一人泣きそうだったときに『資料送れ、校正やっとく、電車乗れ』のメールをくれた先輩。翌朝にはファイルが返送されて、会議にも無事間に合いました。マジで惚れそうになりました」(27歳/イベント企画)

●その4:やるべきことは全て片付けた
「自社製品に問題が起こり、リコール騒動に発展してしまったのですが、そのときプロジェクトリーダーに抜擢された上司のことです。半年かけてリコール&対策を完了させて、いざ打ち上げという段で『オレ、会社辞める』と風のように転職していきました。やるべきことは全て片付けた、というのが退職理由。かっこよすぎるだろ」(30歳/医療メーカー)

●その5:開ボタンはおまかせあれ
「どんなに急いでいても、エレベーターは一番最後に降りる常務62歳。『お先にどうぞ』とすすめるわたし達に『いいから早くおりなさい』と気を使わせないコメントもさすが。元祖ジェントルマンって感じです」(29歳/商社)

 

真の男気あふれる男とは

 

男性の中には、女性ウケを狙って媚たアピールをする人もいますが、そんなエセアピールにだまされてはいけません。むしろ媚びない態度の中に、真の男気が隠れているもの。

話題のスイーツを行列して買ってくるのが男気じゃないんです。

ちょっと職場を見渡してみてください。実は目立たないあの彼の仕事が、すごかったりするものですよ。

 

関連コラム

 

人生がガラッと変わる…あなたの出会いを叶える場所と方法は?
「2人の間に亀裂が…」長期休みで恋人間のトラブルが続出
仕事、恋愛、結婚、出産…人生の幸せを自分で掴む“卵活”とは?
絆が深まり結婚できる可能性が高い!? 職場結婚のメリット4選
Written by フランクひらがな
Photo by AGmakonts

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • 愛し合う、パコる…聞き流すわけにはいかないセックスの呼び方
  • 婚活では男の尻に注目!デキる男は尻で決まる3つの理由
  • 恋愛に模範解答なんてない。相手の反応を考えすぎるのやめませんか?
  • 幸せな結婚をしたいなら!自分の欲望に正直になろう
  • ゲイ風俗とゲイバーで働いていたオカマだけど質問ある? 〜ゲイの恋愛事情編〜|もちぎ
  • 付き合っていても不安になる理由。期待・深掘り・妄想はしないこと
  • 男性は「エロい彼女」が欲しい!思わずドキッとさせるちょいエロとは?
  • 「セックスフレンド」との正しい付き合い方10カ条