ある調査によると独身女性の6割が彼氏なし。理由は「イイ男がいないから」。
彼氏は欲しいけど、こういう理由ではもうお手上げですよね。

しかし、世界最大級の出会い系サービスにかかれば、この問題すら解決してしまうのです!

 

あらゆるデータが証明する驚きの彼氏なし率

 

●20〜30代未婚者の6割に恋人がいないことが判明。
(2010年9〜10月 内閣府「結婚・家族形成に関する調査」より)

●独身女性の7割が恋人不在、しかも5割が3年以上交際していないことが判明。
(2010年11月 電通総研「結婚や恋愛に関する調査」より)

●インターネットで行った調査で、25〜39歳独身女性の55%が現在恋人がいないと回答。
(2011年1月 マクロミルのインターネット調査より)

なんという結果でしょうか。彼氏がいない独身女性がこんなにたくさんいるなんて……。確かに、私がここ1週間で会った女友達9人で集計すると彼氏なしは7人。私を入れたら10人中8人。さらに悪い結果になってしまいました。

彼氏ができない理由として多く挙げられるのが「出会いがない」「イイ男がいない」というもの。

若い頃は
「やさしい人がタイプかな〜」
「好きになるタイプってバラバラなんだよね」
「告白されると好きになっちゃう」
なんて、あいまいな事ばかり言っていました。

それが、妙齢になり結婚を意識したとたん、
「年上で落ち着いてるインテリ系で、職業は公務員か大手企業」
「家事と育児に関心があって、浮気の心配がなければ顔は並でOK」
「年収450万円以上、長男不可、ギャンブル癖なし、借金なし」
と、どんどん具体的に……。

するといつのまにか身近にイイ男がいない……という悲惨な状況になってしまうようです。

 

世界最大の出会い系システムが超すごい

 

雑誌『クーリエ・ジャポン11月号』にて、「特集・出会いも恋も科学のしわざ 世界最大のデートサイトの“秘密”」という面白い記事を見つけました。

世界最大の出会い系サービスである、アメリカの『マッチ・ドットコム』のオフィスに訪問し、オンラインでの出会いについて様々な試みが語られています。(日本版『マッチ・ドットコム』URL:http://jp.match.com/)その中で、とても興味深い“男女を出会わせる機能”が紹介されていました。

その機能とは、「シナプス」というコードネームで呼ばれるアルゴリズムで、さまざまな条件を組み合わせて、男女をマッチングします。
ただ「人種」「年齢層」などの、会員が申告した希望条件だけでマッチングしているわけではありません。本人が認識していない好みのタイプまで分析しマッチングするというのです。

「本人が認識していない好みのタイプ」とは?

出会い系サービスでまず登録するのは、自分のプロフィール。そして、好みのタイプを登録して、お互いの条件が一致するのを待つのが一般的ですよね。
しかし、人間は自分が思っているほど、自分自身の好みを知っているわけではないのです。

この事を心理学で「認知的不協和」と呼びます。
自分自身で認識している好みのタイプはありますが、実際に行動してみるとタイプ以外の異性に目が行ったり、妥協したり、欠点を補って余りある長所に惹かれたりするものです。むしろ、最初に申告した好みのタイプと、実際に気になるタイプはかなり異なるというデータも。

そういった人間の誤差を含めてマッチングしてしまうのが「シナプス」のすごいところ。

どういう仕組みかというと、
「この人、実年齢はけっこういってるけど、いい身体してるから全然あり」
「バツ1か〜、でもかなりおいしい年収だしな〜」
なんて考えながら、ぽちぽち男性のプロフィールをチェックしているユーザーの行動を、シナプスはデータとして取り入れます。

すると、たとえ希望条件に「30代まで」「離婚暦なし」と申告していても、次回からは条件からハミ出した男性も含めてマッチングしてくれるのです。

情報の伝達時に形成され、さらに追加情報を受けるたびに強化される、とはまさに脳の構造「シナプス」そのもの!
最近の出会い系サービスはずいぶんと進化しているのですね…。

 

自前のシナプスを活用してセルフマッチング

 

記事の中でも、
「もともと私が求めていた条件にインド南部出身の男性は入っていなかったけど、出会って恋に落ちて結婚したのはインド人だった」
「希望とは違うずんぐりした体型で、しかも希望の年齢層より上の男性だったけど、会ってみたら気に入った」
という、シナプスの素晴らしいマッチング機能で出会えたカップルが紹介されていました。

自分で認識している「好みのタイプ」からハミ出した男性とも、こうして幸せなカップルになれるのです。
もっと言うならば、自分で狭い檻の中へ入り、その窮屈な世界で「イイ獲物がいない」と嘆いているなんてもったいない。

私の好みのタイプはB型、今まで付き合ってきたのも全てB型男子。
今までは新しい出会いがあってもB型以外は見向きもしませんでした。もしかすると「O型だけどオレサマ・ドS男子」という相性がよさそうな男性だっていたかもしれないのに……。私も考えを改めなければいけませんね。

私達が『マッチ・ドットコム』のシナプスのアルゴリズムを開発する事はできないけれど、私達の脳には本物の「シナプス」があります。

もしもあなたが、身近にイイ男がいないとお悩みでしたら、好きなタイプの条件を少しずつ広げて、自分のシナプスに学習させてみてください。
これまで見えていなかったイイ男達が、続々とリストアップされてくるかもしれませんよ。

 

関連コラム

 

実録!5人のアラサー処女の“変”なロストバージン
ヤリマンだとバレない『愛され逆ナンパ』講座
あなたの周りにも必ずいる『クララ男子とハイジ女子』
妊活でめざせデキ婚!?彼氏との結婚を早める秘策とは!
恋愛のパワースポット『鈴虫寺』の勝率8割で願いが叶う理由

Written by 郷雷子
Photo by Illusive Photography

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • 「セックスフレンド」との正しい付き合い方10カ条
  • 高校生までの恋愛と大人の恋愛は何が違うの?
  • 尻軽じゃない「この人、脈ナシ」と思ったら諦めるのが幸せへの近道
  • 「好きになること」「愛すること」って、どういうこと?|エマちゃん
  • 「ひとりの人とだけ恋愛もセックス もする」以外の恋愛の形もある
  • 思わず赤面!アンダーヘアにまつわる恥ずかしい体験談5選
  • 人気占い師・富士川先生イチオシ!恋愛運アップの縁結び神社4選!
  • 実は気が短い?O型女子の性格にゾッとする「10の本性」