恋愛とは、特定の相手に対する強烈な執着とも言えます。
執着はときに狂気さえもはらんでいて、普段は穏やかで理性的な人間でも、おそろしいほどの執着を発揮する場合さえあるもの。執着するがゆえに、激しい嫉妬をしてしまい、相手から重いと思われてしまうことも。
 
好きな人に「重い」と思われてしまわないように、嫉妬との上手な付き合い方についてみていきましょう。
 

恋に落ちた瞬間から人は嫉妬のワナにハマる

 
執着と嫉妬は背中合わせの存在であって、たとえ健康的な執着であっても、いったん人を本気で愛すると、人は嫉妬の呪縛から逃れることはできません。
 
つまり、恋に落ちた瞬間から人は嫉妬のワナにはまっているのです。
裏返せば、嫉妬を伴わない恋愛は本物の恋ではないのであって、彼が誰かほかの女性のことをなにげなく褒めただけでも、心の中に嫉妬の炎が点されるのが普通なんです。
 
そんなわけもあり、彼に浮気の痕跡が見られたときには、嫉妬の炎はメラメラと燃えさかり、この地球を燃え尽くしてしまうのではないかと思うほど、激しく勢いづくのです。
 
そう、まずはこの原理原則を知っておくことが大切。
そうすれば、それをコントロールする術もおのずとみつかるかもしれません。

嫉妬が理性を失わせ妄想に走らせる

 
ところで、嫉妬とはおそろしいもので、ときどきとんでもない妄想を引き起こします。
そして悪いことに、自分の中に目覚めた妄想が、さらに嫉妬の炎を勢いづかせるのです。
 
たとえば、彼からの電話が1日途切れたとしましょう。
毎日欠かすことなくかかってきたおやすみのラブコールがない夜は、誰だってとてつもない不安に陥るものですよね。
 
何度電話しても、メールを送っても、返事がない。これはおかしい。
きっと、だれか他の女と過ごしているに違いない。
もしかしたら、ベッドでしている最中かもしれない……
 
そう想像しただけで、たまらなく不安になります。
そして仮想の敵を作り、その仮想の敵である女に、とてつもなく嫉妬するのです。
 
仮想の敵を考えただけで、心の中に黒々とした雲がモクモクと立ち込め、表情が曇り、あなたのなかから優しさとやわらかさと美しさが消えていきます。
何度も何度も、しつこいほど電話やメールを送り続けます。
 
そして、一日あけて彼から電話があったとしましょう。
 
妄想にかられたあなたの第一声は自然とものすごい剣幕での、「浮気していたのね!」という一言になってしまうことでしょう。
 
「いやあ、酔っぱらっちゃってスマホ落としちゃってさあ……本当、ひどい目にあっちゃった。ずっと君の声が聞きたかったんだよ」
 
この一言をまずあなたに伝えたくて電話をかけた彼は、あなたのものすごい剣幕に驚いて、思わず売り言葉に買い言葉。
 
「なんだって! 俺がどんなに苦労していたか、わからないだろ!」
 
思いがけない衝突を引き起こし、いつしか恋愛は不幸な方向に向かっていきます。
たとえ彼がウソをついていたとしても、男の人はかわいくだまされてくれる女性を選ぶもので、つねにカリカリと嫉妬の炎を燃やす女だけは勘弁、というのが男の本音です。
 

賢い女は嫉妬すらも恋のスパイスに変換

 
こんなふうに、嫉妬のあまり自分で自分の首を絞めるというおろかな過ちだけはおかしてはなりません。
 
賢明な女は、どこか自分の誇りと余裕というものを忘れず、間違っても妄想の嫉妬にはかられてはいけないということを知っています。
さらに、嫉妬を恋のスパイスにするすべさえも身につけているものです。
 
(yummy!編集部)
 
■男性が嫌う「重い」女性全員に共通する特徴と、型破りな解決方法
■「嫉妬心」とうまく付き合う、たった一つの方法
■愛情と嫉妬心の違い|「嫉妬されないと愛されていない」は勘違い!?
 

公開日:2013年7月12日
更新日:2020年2月4日


 

恋愛】の最新記事
  • もう離したくない♡ 彼氏からずっと愛される女性の特徴
  • 脈アリ?恋愛対象外?やたら馴れ馴れしい男性の本当の気持ち
  • これだけはどうしてもムリ!女性たちのちょっと変わった男性へのこだわり
  • かわいいのにモテない!第一印象が悪い女性の特徴
  • モテる男を本気にさせる。その他大勢にならない方法
  • 隣の芝は青く見える?「略奪愛」がうまくいかない理由はコレ
  • 2人きりのときに男に嫌われるNG行動3つ
  • 重すぎる!彼氏の心が離れていくNG行動はコレ!