「私の運命の人はいずこ?」と嘆いている女子の皆さん。
もしかしたら、もうすでに運命の人と出会っているかもしれませんよ。

国立社会保障・人口問題研究所が行なった『全国の夫婦に関する調査』によると、女性が結婚相手と出会った平均年齢は、23.7歳だったそうです。
また、確率的にみると、16歳のときにはすでに84%の割合で将来結婚する人と出会っているという話もあります。

身近にいた人が、実は運命の人だったというのはよくある話。
そこで、思わず胸がキュンキュンするような、身近な人との運命の出会いエピソードを集めてみました。
これを見れば、あなたの結婚観が変わるかもしれませんよ。

 

私たちすでに出会っていました! 胸キュンエピソード3選

 

●胸キュン警報レベル1:初恋相手と20年後の再会

Aさんの初恋は小学生。同じクラスのB君のことが好きだったそうです。
しかし、遠い場所へ引っ越すことが決まり、転校する前にB君に告白をしようと彼を待ち伏せしましたが、結局勇気を出せずに気持ちを伝えられないまま、離れ離れになってしまったそうです。

引っ越したあとも、ときどきB君のことを思い出していたというAさん。
でも、大人になり、Aさんにも結婚を感じさせる彼氏ができました。
しかし不思議と、その相手とは結婚する気にはなれず、断ってしまったそうです。

その1カ月後、大阪駅で見覚えのある顔の男性に声をかけられます。
「もしかしてAさん?」
なんとその人は、初恋相手のB君だったのです。

それからふたりは会うようになり、その後結婚したそうです。
大阪駅で偶然に出会った日のことを「あれは運命だったよね」と、いまでもふたりで話すのだとか。

そして、出会ったことで分かった真実があったそうです。
引っ越す前に告白しようとB君を待ち伏せしていたあの日。B君もまた、告白をしようとAさんの自宅の前でずっと待っていたそうです。

あの日はすれ違ってしまったふたりが、20年後に偶然再会したのです。
(引用:『発言小町』再会して結ばれたエピソードを教えてください。)

●胸キュン警報レベル2:思い出のディズニーランド

アメリカのフロリダ州に住む、ドナ・ヴシナスさんは、結婚を目前に控えたある日、夫となるアレックスさんと古い家族写真を整理していたそうです。

そのときふと、アレックスさんの目に1枚の写真が飛び込んできました。
それは、ドナさんが5歳のときに家族でディズニーランドに行ったさいに撮られた、数十年も前の写真です。

白雪姫の7人の小人のキャラクターと一緒に、ドナさんが兄弟らと笑顔で写る写真を見て、アレックスさんは気付いたそうです。
「彼女のうしろに写るベビーカーを押す男性は、自分の父親ではないか?」と。

気になったアレックスさんは、1980年ごろに撮影した家族写真を調べてみたところ、アレックスさんが3歳のときに家族でディズニーランドへ行ったときの写真が出てきたそうです。

そこには、ドナさんの写真に写る男性と同じ服装をした父親の写真がありました。

そう、すでにふたりはこのとき、ディズニーランドですれ違い、同じ写真の中に写り込んでいたのです。

しかも、当時ドナさんはアメリカ、アレックスさんはカナダという異なる国に住んでいたのにも関わらず、ふたりはそのとき、その場所で、その瞬間に、1枚の写真の中に収まっていたのです。

●胸キュン警報レベル3:30年後の真実

テレビや新聞でも紹介された、ある夫婦の運命の出会いエピソード。
香川県出身のM・Kさんは、30歳のころにお見合いのすえ、Yさんという26歳の女性と結婚をします。当時としては晩婚でした。

夫妻は関西に移り、焼肉店を開きます。その後は一人娘も生まれ、幸せな結婚生活を送っていました。

結婚から30年経ったある日のこと。
お墓参りのため、香川の実家に家族で帰省していたとき、父と娘のふたりだけでタクシーに乗り、母Yさんの実家に向かっていた車中で、M・Kさんは娘に対してこんな話を始めたそうです。

「昔このあたりに橋があってね。10歳のころに荷物をリヤカーに積んで橋を渡ろうとしたけど、重くて運べずに困っていたら、偶然通りかかった男の子と女の子の兄妹が押してくれたんだよ」

子どものころの何げない出来事と思えますが、M・Kさんにとっては50年以上経っても、心に深く刻まれた記憶だったのです。

その後、今度は母と娘でタクシーに乗って外出していたとき、M・Kさんが話をした思い出の場所を通りすぎようとしたときに、Yさんが娘に話し始めました。

「子どものころ、ここに橋があってね。重そうなリヤカーを引いた男の子が橋を渡れなくて困っていて、兄と一緒に押してあげたことがあったの」と。

娘の中でふたりの記憶が合致します。
「お母さん、その男の子ってお父さんじゃない!?」
そうです。ふたりは50年以上も前に出会っていたのです。お互いに忘れられない記憶として心の中に留めておきながら……。

そして、娘がその架け橋となったのです。

 

すでにあなたも運命の人に出会っている?

 

こうして数々の胸キュンエピソードを見てみると、運命の出会いというものを信じたくなりませんか?

条件や打算で結婚相手を探しているあなた。
実はすごい遠回りをしているのかもしれませんよ!

身近な人や、すでに会ったことのある人が、あなたの運命の人かもしれません。

 

関連コラム

 

思いもよらない言葉が人生を激変…叶わぬ愛を成就させた方法とは
「××だけ?」成功報告が殺到している驚きのダイエット法
遺伝子レベルで合う男性を見つけ出す方法は誰もが持つ●●だった
科学的根拠で納得!恋愛に役立つ豆知識15連発

Written by カタタク
Photo by Dustin J McClure

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • 恋愛成就間違いなし! その恋を諦めてしまうその前に……
  • 彼のあのLINE…私を好きだから?それとも別に意図があるの?
  • もうイク演技は必要ない? 女性がオーガズムに達する秘密の方法
  • 恋の予感?あなたにときめきを与えてくれる異性の特徴を占います!
  • 二週間後のあなたの恋愛状況をタロットで占います
  • 姓名判断|今の職場で、私を恋愛対象として見ている人はいますか?
  • 片思いで悩んでいる人必見! 恋愛を成就させる最短ルートを限定公開!
  • 熱い夜を過ごしたい! マンネリ彼氏、草食系男子を欲情させるテク6選