「仕事が忙しくて、全然恋愛ができていない」「男がいないあまりに、つい脳内妄想を繰り広げてしまう」
最近、そんな女性たちが数えきれぬほど存在しています。

彼氏ができたらこんなことをしたい、してもらいたいと頭のなかで思うだけならタダですが、これが末期症状になると現実の世界にも影響を及ぼし始めます。

今回は、妄想の行き過ぎが発端となって、現実でやらかしてしまった独女たちの失敗エピソードをご紹介します。

 

妄想しすぎで失敗!独女の恋愛失敗エピソード

 

● その1:エロさをアピールしようと思ったら…

「いままでの彼氏にはできなかったエロさをアピールしていきたいと思い、ヒモパンやガーターベルトなど、エロい下着ばかり買っていた私。昨年女子同士で旅行に行ったとき、『え、なにその下着! エロッ!』とドン引きされて初めて普通の下着を1着も持っていないことに気付きました」(29歳/飲食)

● その2:ペアリングに憧れすぎて…

「ネックレスやストラップを彼とペアで揃えることに、内心憧れていました。なかでもペアリングは、『彼氏ができたら絶対に欲しい!』と思っていたので、気分だけ味わうために、本格的な指輪をひとり分だけ作ってもらうことに。すると、会社の飲み会で『××さんは婚約しているんですよね、残念だな』と勘違いされて、せっかくのお誘いがパー。ほかの指だとサイズが合わない、着けないのももったいないしで、完全に失敗です……」(31歳/IT)

● その3:彼との旅行を夢見て、趣味は温泉と公言したら…

「もともと温泉が好きな私。一度は男性と行ってみたいと夢見て、周囲に『温泉が趣味』と公言していました。しかし、上司や、合コンで知り合った男性から『旅行が趣味な女って金がかかりそう』というシビアな意見を聞かせられ、温泉好きは封印することに。なかには、『温泉が趣味だなんて、もしかしてエッチな目的で?』といった、変な輩まで増えてきたので……」(30歳/広告)

● その4:デートで行きたい場所を下見していたら…

「彼とのデートで行きたいと思っていた、都内某所の遊園地や動物園。雑誌で見るだけでは飽き足らず、実際に現地の下見をしていたら、すっかりお一人様のイメージが定着してしまいました。いつの間にか、彼氏がいなくても平気な身体に……。『××さんは、生涯独身を貫くらしいよ』と勝手に噂されて、ますます男が遠のくばかりです」(32歳/小売)

● その5:彼氏に言われたいセリフをメモしていたら…

「彼氏いない歴5年目に入ったせいか、エア彼氏と日夜妄想を繰り広げている私。それだけでは飽き足らず、彼氏に言われたい甘いセリフをiPhoneにメモっていたら、間違ってその文面を会社の先輩に送信してしまいました。数分後、『真面目に婚活しなよ』と言われ赤っ恥」(33歳/製造)

 

妄想を目の辺りにした周囲の反応は、思った以上にシビア!

 

脳内で妄想する彼との淡い恋も、周囲から見ればただの幻想に過ぎません。

アラサー女子のみなさん、妄想のし過ぎはほどほどにしておいて、より現実的に彼との出会いを考えた方が身のためですよ。

 

関連コラム

 

あのアイドルグループも愛用!アロマが香る優しい肌触りの洗剤
10年間悩んだ恋がわずか1日で実った…究極の方法
男のことを分かった気になっているだけ?社二病婚活女の実態
キャリアと恋愛は両立可能!「恋する女」だけが本当の成功を掴む

Written by 柚木深つばさ
Photo by Juliana Coutinho

恋愛】の最新記事
  • 幸せな結婚をしたいなら!自分の欲望に正直になろう
  • 「富山県」に嫁ぐが正解?富山県民が幸せな結婚生活を送る理由
  • セックスの満足度が段違い! 女性がオーガズムに達する秘密の方法
  • 良いセックスはキスで決まる!男を悶々とさせるキスとは?
  • 彼氏からの愛情表現が物足りない…マンネリカップルに刺激を与えるのは嗅覚!
  • 熱い夜を過ごしたい! マンネリ彼氏、草食系男子を欲情させるテク6選
  • 男性が本命女子には「絶対しないこと」
  • 私の性欲は異常⁉ 女性の性欲の理由とコントロール方法