日々、仕事に明け暮れている女性にとって、セフレとの関係(=肉体関係のみの付き合い)は、わずらわしい恋愛感情がないから楽だと言います。

ですが、内心では将来を見通せる、ちゃんとしたお付き合いを望んでいる女性も多いはず。

そこで今回は、筆者の回りにいる女性たちに聞いた、セフレとの関係を断ち切った瞬間をご紹介します。

 

セフレとの関係を断ち切った瞬間

 

ズルズルと続いていたセフレとの関係。

一体どんなきっかけで関係を断ち切ることができたのでしょうか。

過去セフレがいたことのある女性たちにリサーチしてみました。

● その1:彼との間に「子供ができた」と嘘をついた

「セフレと分かっていながら、どうしても彼との関係を進展させたかった私。試しに『子供ができたんだけど……』と嘘をついたら、彼から『責任は取れない』と言われてガッカリ。それで決心がついて、彼との関係を終わりにしました」(28歳/美容)

● その2:親にセフレとの結婚を急かされた

「どうやら、私に彼がいることを悟った親。『その相手とはいつ結婚するの? 今度連れてらっしゃい』と、しつこく聞くようになってから、セフレとの関係も考えるようになりました。まさか、『体だけの付き合いだから』なんて言えるわけもなく、真面目に婚活しなきゃ、婚期も逃すことになると思ったので……」(30歳/販売)

● その3:彼が急に太ったように見えた

「元々、彼の体が目当てで、セフレとの関係を続けてきた私。でも、あるとき、彼のお腹が妙にでっぷりし出したと気づいてから、気持ちが一気に冷めてしまいました。同時期、私がダイエットをし始めたから、というのもあると思いますが……」(29歳/製造)

● その4:年下のセフレに恋愛相談を持ちかけられた

「エッチしたあと、彼が突然深刻な顔で『実は、いま職場で気になる子がいるんだけど……』と、恋愛相談を持ちかけてきたんです。セフレとしての情もあるし、一応アドバイスはしたのですが、普通セフレにこんな話する? そのKYさにかなり萎えてしまいました。それ以来彼とは会っていません」(31歳/IT)

● その5:仕事と趣味が充実してきた

「仕事が軌道に乗り始めて、趣味で始めたスポーツも楽しくなってきたころ。セフレとの関係が不思議とつまらなく感じるように。たぶん、彼と付き合っていたときは、どこか寂しい気持ちがあったから……。その寂しさが解消されたら、彼との関係も心底どうでもよくなりました」(32歳/広告)

 

セフレにメリットを感じられなくなったら潮時の合図

 

本来セフレとは、“体だけの付き合い”と割り切った関係です。

それ以上の関係を望むようになったら、もしくはセフレとの関係に飽きたら、キッパリとその相手とは縁を切った方が良さそう。

関係を断ち切るタイミングが分からない女子のみなさんは、ぜひ上記のエピソードを参考にしてみてくださいね。

 

関連コラム

 

「セックスフレンド」との正しい付き合い方10カ条
重い女はNG!セックスフレンドを持つのに向いてない女子の特徴
21歳も若く見える!? 驚きのコスメの正体とは?
思わず赤面!冬にボディケアを怠った女の恥ずかしい失敗談5選
Written by 柚木深つばさ
Photo by Michael Benatar

恋愛】の最新記事
  • 男性の7割がエッチしたくなる「秘密のスイッチ」?
    男性の7割がエッチしたくなる「秘密のスイッチ」とは?
  • 付き合う前に「ホテルに誘う男性」に流されないための心得3箇条
  • 好きな人に告白してはいけない? 脈ナシ男性を振り向かせる秘訣
  • 浮気、ヒモ、DV…ダメ男にはまった女性が陥る「不幸志向症」
  • 告白文化はレア?欧米ではスタンダードな「デーティング期間」
  • 容姿?性格?価値観?恋人に対してもっとも重視するべき要素TOP3
  • 一筋縄でいかない恋にハマる! AB型女子の隠れたセックス観
  • 「好きやねん!」大阪府民の恋愛傾向と相性を徹底解説!