DVの一種で、身体的な暴力は伴わないものの、相手を精神的に傷付ける「モラハラ(モラルハラスメント)」。

言葉や態度で相手を攻撃することがほかのDVとは違う特徴です。

最近は結婚後にモラハラの本性を現す男性が増えているそう。

結婚前のカップルの間でもモラハラは存在しているのでしょうか。

モラハラ経験者の声を取材しました。

 

モラハラ被害はカップルの間にも!

 

暴力を伴わない心のDV・モラルハラスメント。

最近、対等な関係であるはずの恋人や夫婦間でもモラハラ被害が増えているそう。

結婚前のモラハラ経験のある女子を取材しました。

●その1:キレると手がつけられない

「結婚も考えている彼氏は、付き合う前は物腰やわらかく穏やかな人でした。それでいて男らしい面もあるステキな人に見えていました。学生時代から付き合って5年になりますが、交際後にようやく本性を知りました。彼はキレると手をつけられなくなるんです。些細なことで口論になり、一度キレると直接手は上げないものの、家具を蹴ったりモノにあたったり、大声を出すのはしょっちゅう。ドアには彼がパンチした穴があいています。だけど、彼はいい職場に勤めていて、普通の男性の何倍も稼いでいたりします。彼以上のスペックの人に出会える気がしなくて、別れられないです」(28歳/メーカー)

●その2:別れの理由を説明しろと責め立てる

「数ヶ月前に関係を終わらせた元カレは、とにかく別れるのに苦労した相手でした。別れ話になったとき、これ以上話すことはないと突き放すと、『別れたい理由を論理的に説明してほしい』と書かれた超長文メールが何十通も来ました。何かしら返信するまでメール攻撃は止まらなかったです。『俺のメールの意味、ちゃんと分かってるの? 頭悪いの?』『どうして返信すらできないの?』とかも来ましたね。あれは精神的にしんどかったです……」(30歳/営業)

●その3:期待通りのリアクションがこないとキレる

「友だちと同棲している彼がモラハラなんです。同棲前まではびっくりするほどイイ人だったみたいですが、いざ同棲をスタートしてからはすっかり豹変。彼女がテレビを見て笑ったのを自分が笑われていると解釈したり、話に対して彼の期待通りの反応がなくてムカついたとか、そういった些細なことで突然キレて、大声で怒鳴るようになったらしいです。彼女としては彼の怒りポイントがまったく理解できないので、怯えてしまって、最低限の会話しかできなくなり、笑顔も作れなくなったみたい。あまりにもひどいので、周りの力でなんとか別れさせました」(26歳/エンジニア)

●その4:自分の否を認めず八つ当たりする

「別れた彼がモラハラでした。たとえば夜デートで食事に行って、私が美味しそうなお店を指さしても、彼が『グルメな俺が選んだ店の方が美味しいから口出しするな』と不機嫌になるんです。仕方なく彼の行きたいお店で食事を終えると、美味しかったものの割高で、お互いに少し険悪な雰囲気に。すると突然彼から『どうして俺の行動を止めなかったの? もっと自分の行きたいお店、主張しろよ!』とキレられました。こういった理不尽な怒りを頻繁に爆発させるので、限界を感じてお別れしました」(28歳/医療)

 

少しでも違和感を感じたら……

 

怒りのきっかけや度合いが、常人のレベルをはるかに超えているモラハラ。

ちょっとでも「おかしいな」と感じたら、相手のモラハラを疑い、専門の窓口へ相談した方がよいでしょう。

 

関連コラム

 

「いい男」かどうか見極められない女子に読んでほしい記事5選
口癖、束縛…危険な香りがしたら要注意!DVしやすい男性の特徴
見た目年齢「−21歳」を実現した驚異のスキンケアとは?
大好きだった彼。彼女が復縁した方法とは?
Written by 池田園子
Photo by anieto2k

恋愛】の最新記事
  • 不幸体質から抜け出せ! 恋愛で絶対にやってはいけない悪い習慣3つ
  • デートで彼をチェックする女性
    相手の本性を見極めるコツ、2回目のデートは男性のココをチェックせよ!
  • セックスフレンドの「本気だよ」はどこまで信じられる?
  • 決めつけてない?恋愛観を変えてみよう!
  • 恋愛するといつも不幸になってしまう女子たちへ|胎盤JD
  • もうついていけない…男性が理解できない女性の「気分の変化」
  • いつまでも童貞の心を忘れないピュア男子の魅力とは?
  • 扱いづらい性格を逆手に取る!B型男子を落とすフレーズ10選