結婚を前提に交際中だった一般男性と破局したと、年明けに告白して話題となった女芸人・椿鬼奴。

なんと実に10年ぶり(!)の交際だったせいか、相手に合わせないといけないというプレッシャーを極度に感じて、恋愛が重荷となっていたと話していました。

彼女のように10年ぶりとは言わなくても、久しぶりに恋人が現れた女子に共通する「あるある!」を調査しました。

 

数年ぶりの恋愛で女子あるある!なエピソード

 

数年ぶりに恋愛市場へ復帰した女子に共通する「あるある!」を調査してみました。

●その1:ボロい下着しかない

「4年ぶりに彼氏ができました。その彼氏といざお泊りというときに、手持ちの下着を見て愕然としました。買い換えた方がいいとしか言えないような、ボロボロな下着しかなかったんです。3〜4年近く古い下着を着け続けていたということですね……」(26歳/美容関連)

●その2:キスのタイミングが分からない

「5年ぶりに恋人ができました。長いブランクのせいか先日、初めてのキスに緊張する中学生みたいな感じになってしまいました。彼がそっと接近してきたときに、慌てて応じようとして頭をぶつけたりとか。本当に恥ずかしい!」(27歳/営業)

●その3:連絡を取るきっかけを掴めない

「どういうタイミングで、何を目的として、メールや電話で連絡を取ればいいのか分かりません。用もないのにメールをするのは迷惑だよね……とか悶々と考えてしまうんです。やっぱり3年も恋をしていないと、恋愛感度が鈍っている気がします」(30歳/エンジニア)

●その4:デートスポットの知識がない

「7年近く干物女的生活を送っていた私。その間ほとんどデートもしていません。休みの日はひとりで美術館に行くか、家でDVDを観るかといった、非常に枯れた暮らしを送っていたので……。次のデートはどこに行きたいとか、何したいとか聞かれてもネタがありません」(32歳/メーカー)

●その5:セックス時にぎこちない

「恋愛市場はおろか、セックス市場から離れて3年。このブランクは大きいですよ。だから久しぶりにできた彼と初エッチというときに、緊張してガチガチになって身体が開きませんでした。3回目でようやく成功。処女なのかと疑われたほどです」(31歳/公務員)

 

日常的に恋愛スイッチをオンに!

 

しばらく恋愛の現場と離れていると「不慣れ感」が出るのも当然。

日常的に恋愛スイッチを入れておき、恋愛に必要な筋肉を鍛えておくことが、次の恋へスムーズに進めるきっかけとなるのかも知れません。

 

関連コラム

 

円満の法則!芸能人夫妻から分析「相性いいカップル4パターン」
男が決して明かさない本音!今カノと結婚に踏み切れない理由7選
そこを見てたのか!見た瞬間に男が幻滅する「女性のムダ毛」5選
セックスで想像以上に燃える魅惑のロールプレイ5選
Written by 池田園子
Photo by rolands.lakis

恋愛】の最新記事
  • そろそろ色気を身につけたい!男性が魅力的に感じる「自然な色気」とは?
  • 最高の彼氏になる可能性を持つ男、その名は「ドエム男」
  • “レンタルされる女”と“購入される女”の違いとは?
  • 男性心理がわからなければ青年漫画を読め! 繊細なオトコゴコロとは?
  • 恋愛も爆発だ! 岡本太郎の「恋に強くなる名言5選」
  • 電車内も注意!男性に嫌われるNG行動3つ
  • レンタル彼氏って実際どうなの? 利用者の声を聞いてみた
  • おっぱいが大好きでたまらない♡ 男性が“おっぱい愛”を持つ3つの理由