最近テレビでやたら見かける女性タレント、鈴木奈々(24)。モデル出身でおバカキャラで売っている彼女は、女子からの支持率は低い。だが、モテるための素質、さらにはひととして学ぶべき点が多いに秘められているタレントなのだ。
おバカタレント・鈴木奈々の“賢い”エピソードをご紹介しよう。

 

鈴木奈々の「賢いおバカ」テクニック

 

新世代のモテキャラとして注目の女性タレントといえば鈴木奈々(24)だ。
2007年にモデルデビューを果たし『Popteen』(角川春樹事務所)の看板モデルを務めたあと、タレントしても一躍人気に。独特なキャラが受け、テレビで見かけない日はない。それもそのはず、ニホンモニター調べによる「2012上半期タレント番組出演本数ランキング」では、なんとベッキーに次ぐ第6位(175番組)!

そんな鈴木奈々の売りはなんと言っても「おバカキャラ」である。
地元で最も偏差値の低い高校に進学したものの、10教科中9教科で1を取って退学となり、通信制高校に再入学して卒業した経歴を持っている。確かに学力的にはおバカだったのかも知れないが、テレビでの活躍を見ていると「単なるおバカ」には思えない。むしろ「賢いおバカ」だと思う。そんな鈴木奈々の魅力を見直してみようではないか。

●その1:苦手なことを認めて克服できる

2011年、所属事務所が企画しているUstream番組『Twin Plamet Channel』にレギュラー出演していたころ。司会のてんちむに代わり、代理で司会を務めていたことがある。最初はやたら噛むことが多く、見ていられないほどであった。
しかし、できないことをまず認め上達するために何をすればいいか考える、鈴木奈々はそれができる女だった。生放送を終えて「めっちゃ緊張した! 噛み噛みだった。司会の腕磨いてくる!」「MC下手でごめんなさい」と反省を繰り返した。
その結果、近年では『オトナへのトビラTV』(NHK)などのテレビ番組やファッションショーで、堂々とMCをこなすようになっている。

●その2:インパクトのある「おバカキャラ」で勝負

このUst番組をきっかけにテレビ番組への出演も増えてきた。それ以降、おバカキャラを売りにバラエティ番組で活動することとなる。ただ、ふつうの「おバカキャラ」ではすでに飽和状態のため、すぐに飽きられてしまう。
2011年8月に放送された『踊る!さんま御殿!!』での、衝撃的な売り出し方は参考になる。なんとタレントでありながら彼氏の存在を明かし、さらに「彼氏の名前が漢字で書けない」という渾身のおバカネタを披露。司会のさんまだけではなく、お茶の間に強烈なインパクトを与えたことは間違いない。

●その3:おバカ×社会貢献=好感度アップ

社会貢献活動にも携わっている鈴木奈々。これまで、性教育を考える「厚生労働省後援 愛です!エデュケーション・キャンペーン」のメンバーに選ばれたり、東日本大震災復興支援のため益若つばさと小森純が立ち上げた募金プロジェクト「We are the one」に参加していたことも。「おバカなのに社会問題に取り組む」とギャップを見せながら、ちゃっかり好感度もアップさせているところが賢い。

●その4:キャラ作りに努力を惜しまない

鈴木奈々はとても努力家だ。その具体的なエピソードは7月15日放送の『爆笑 大日本アカン警察』でも明かされた。
その日、本番2時間前に楽屋入りした鈴木奈々。収録では「歌って踊れる」をテーマに話すことになっていた。話す内容を事前にメモにまとめ、それをマネージャーをMC役として、トークのシミュレーションを何度も繰り返す。練習中、マネージャーが少しでも目を逸らすと「見てて下さい!」と必死。わずか数分間のトークであっても、その姿は真剣そのものだった。
番組制作サイドから求められている鈴木奈々像を作るために、影ではそういった努力が積み重ねられていた。このキャラ作りの姿勢は見習うべきである。

 

「努力するおバカ女子」をモテの手本に!

 

男子は自分よりおバカな女子を好む傾向がある。しかし単純におバカ発言を連発するだけでは芸がない。鈴木奈々のように、キャラ作りに関して努力を徹底しない限り、そのおバカっぷりは中途半端なものになり、男子も食いつかない。

すなわち、努力する女がモテるのだ。鈴木奈々を「ウザい女!」とバカにする前に、参考にするのが賢いモテ女と言えるだろう。

◆これであなたもサッカー通!
これで脱にわかファン!ザックジャパンを通っぽく褒めるフレーズ

 

関連コラム

 

台湾映画「ハーバー・クライシス」に学ぶ!
「るろうに剣心」は深い!刃衛&斎藤一の魅力を解説
モデル栗原類が根暗なのに好感度が高い理由
「なでしこジャパン」の不遇すぎる歴史
「賢者タイム」の攻略テク5選

 

おすすめ特集コラム

 

月間Bestコラム10選
「漫画」はモテ人生の教科書!漫画に学ぶ“モテモテ道”
「結婚」が頭をちらつく未婚女性が読んでおくべき記事7選
「女って怖いな…」と思わずにはいられない記事5選
サボリ女子のホメられBodyの作り方
(参考)
【2012上半期タレント番組出演本数ランキング(ニホンモニター調べ)】
http://www.n-monitor.co.jp/pressreiease/2012/0712.html

Written by 池田園子
Photo by 鈴木奈々公式ブログ

関連キーワード
エンタメ, 恋愛】の最新記事
  • 芸能界でも話題! リピーター続出の「ウラナ」って何?
  • これさえあれば夜は満足♪イケメンに襲われ放題の無料マンガ特集
  • ドン引く?笑える?男子の自慰行為へのあくなき探究心4選
  • ゴックン!女性が使うとオトコが喜ぶイヤらしい「擬音」10選
  • 見抜かれてる!SNSの使い方で警戒されるのはこんなオンナ4選
  • ガキ使よりも紅白!?正月の話題に見るオバサン度チェック!
  • 「プリキュアダンス」で感動!?芸人・前田健の知られざる才能
  • 男の人生を変える?ロックンローラー・矢沢永吉の影に内助
あなたへのおすすめ