7月1日から、「牛レバ刺し」の販売・提供が禁止されてしまいます。レバ刺しファンにとっては、心から悲しいできごとです。
この話題、レバ刺しが苦手なかたは無関係のように思えますが、実は「恋愛市場が冷え込んでしまう恐れ」があることが、とあるアンケート調査によって分かりました。

 

規制によって大混乱するレバ刺し市場

 

平成24年7月から食品衛生法に基づいて、牛の肝臓を生食用として販売・提供することが禁止されます。腸管出血性大腸菌O157による食中毒の危険性があるためです。
いわゆる「牛のレバ刺し」がメニューに出せなくなってしまうのです。厚生労働省は「牛レバーは生で食べず、中心部まで十分に加熱して食べましょう」と呼びかけています。(※1)

もちろん焼きレバーもおいしいのですが、生肉ならではの味わいと、ぷりぷりさくさくしたあの食感が好きだったのに……!

6月29日現在、「レバ刺しが違法なものになってしまう前に」と、全国のレバ刺しファンが焼肉店などに殺到しているようです。東京・新橋の某老舗やきとり店(おいしいレバ刺しを提供することで有名)の店主は「んもう、さっきからレバ刺しレバ刺しって、問い合わせばっかりで仕事が進まないんだよね。何者か知らないけど、電話切るよ」と、キレ気味に対応をしてくれました。ただ、「予約をお願いしたいんですけど」と言っただけなのですが。

店主をキレさせるほどの駆け込み需要。レバ刺し人気の高さが分かりますね。我々は本当に惜しいひとを亡くしました。

 

レバ刺し規制によって恋愛市場が盛り下がる?

 

実は、恋愛盛りの女子たちにとってもレバ刺し規制は見逃せない問題です。レバ刺し規制によって恋愛市場が冷え込んでしまう可能性が、このアンケート調査から分かりました。

グルメクーポンサイト『ぐるなび』が、男女1,157名に行ったアンケート調査(※2)によると、レバ刺しを「かなり好き」「好き」と答えたのは全体の45.8%。そのレバ刺しファンの回答を分析してみると、こんな特徴が明らかになったのです。

●その1:レバ刺しファンは肉食系

「自分は肉食系である」(女性のみ)と回答したレバ刺しファンが56%なのに対し、アンチレバ刺しは38%にとどまりました。

●その2:レバ刺しファンはお酒好き

「アルコールが好き」と回答したレバ刺しファンが71%なのに対し、アンチレバ刺しは41%にとどまりました。

●その3:レバ刺しファンは飲食業界の救世主

「食費は惜しまない」と回答したレバ刺しファンが55%なのに対し、アンチレバ刺しは43%にとどまりました。

●その4:レバ刺しファンは結婚したい

「今後、絶対に結婚したい」「できれば結婚したい」と回答したレバ刺しファンが76.7%なのに対し、アンチレバ刺しは59.7%にとどまりました。

「レバ刺し」というちょっとクセのあるお肉を愛するひとはもちろん「肉食系」と言えるでしょう。そして、出会いやデートにかかせない、アルコールや外食への意欲も旺盛。そして結婚願望も高い。つまりレバ刺しファンは、恋愛市場を活性化するには必要な人材です。

ソーシャル焼肉会マッチングサイト『肉会(にくかい)』を運営する伊藤春香(はあちゅう)さんも、「いち肉好きとして、今回のレバ刺し規制は大変残念に思っています」との心境を打ち明けてくれました。そして、レバ刺しがなくなることで焼き肉を楽しむバリエーションが減り、ひいては食文化の衰退につながるのでは、と指摘しています。

「レバ刺しファン」から、大好物を取り上げるというひどい仕打ちはどんな社会的影響を生むでしょうか。彼・彼女らの生きる気力が下がってしまい、恋愛市場が盛り下がってしまうこともじゅうぶん考えられますよね。これは由々しき事態!

 

レバ刺しに代わる恋愛市場の救世主とは?

 

食中毒の危険性へ対応策をとることはもちろん大切です。だからといって全面的な禁止は、あまりにも多くのものを巻き込んでしまうことが分かりました。

現在は「レバ刺し規制前夜」で、ある種の興奮状態にあるレバ刺しファン。7月以降、なくなってから初めて実感する喪失感を味わうことでしょう。はたして、ぽっかり空いた「レバ刺し」の穴を埋めるものはあるのでしょうか。豚レバや鶏レバがその役割を担ってくれるのか、興味深く注視したいと思います。

(取材)ソーシャル焼肉会マッチングサービス『肉会』運営者 伊藤春香(はあちゅう)さん
http://nikukai.jp/

◆牛レバ好きはこちらもお好き?
うなぎ、牡蠣、山芋、キウイなど「真のED改善フード」を検証!

 

関連コラム

 

男子の変わったオナニー方法6選
男が「スポーツ観戦」に熱くなる理由
精力増強作用がある動物が乱獲されている
ビールで喘息になる?防腐剤アレルギーに注意
人口甘味料を定期的に摂ると6倍太る

 

おすすめ特集コラム

 

月間Bestコラム10選
「漫画」はモテ人生の教科書!漫画に学ぶ“モテモテ道”
「結婚」が頭をちらつく未婚女性が読んでおくべき記事7選
「女って怖いな…」と思わずにはいられない記事5選
サボリ女子のホメられBodyの作り方
(取材)
ソーシャル焼肉会マッチングサービス『肉会』運営者 伊藤春香(はあちゅう)さん
http://nikukai.jp/
肉会とは、フェイスブックアカウントでログインし、友人とペアを組 んで登録
すると、焼肉を一緒に食べる相手をマッチングしてくれるサービス。2012年5月
14日 スタート。成立数は518件。

(参考)
(※1)【牛レバーを生食するのは、やめましょう(「レバ刺し」等)|厚生労働省】
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syouhisya/110720/index.html

(※2)【レバ刺し好きの恋愛観・結婚観調査、レバ刺し再現レシピ|結婚トレンド研究所 - ぐるなびウエディング】
http://wedding.gnavi.co.jp/release/research/liver-sashimi/

Written by 郷雷子

恋愛】の最新記事
  • 職場恋愛とは無縁…男性が同僚女子を「彼女にしたくない」と思う瞬間
  • 幸せな結婚をしたいなら!自分の欲望に正直になろう
  • 「富山県」に嫁ぐが正解?富山県民が幸せな結婚生活を送る理由
  • セックスの満足度が段違い! 女性がオーガズムに達する秘密の方法
  • 良いセックスはキスで決まる!男を悶々とさせるキスとは?
  • 彼氏からの愛情表現が物足りない…マンネリカップルに刺激を与えるのは嗅覚!
  • 熱い夜を過ごしたい! マンネリ彼氏、草食系男子を欲情させるテク6選
  • 男性が本命女子には「絶対しないこと」