かつて「裸族」というと、アフリカの原住民のイメージだった。ところが最近になって「裸族ブーム」が訪れており、叶姉妹をはじめ、宮沢りえ、大島優子、夏菜、深田恭子、長澤まさみ、沢尻エリカなど、今をときめく女優陣が裸族ライフを送り始めたのだとか。

たしかに、一時期激太り報道のあった深田恭子、沢尻エリカは、今では見事なスタイルを維持している。そこで、裸族ライフの魅力に迫るとともに、筆者が実際に体験してみた。

全裸で過ごすと美しくなる理由


まずは、女優たちが言う「裸族になるメリット」をご紹介。

全裸になると何に効くのか……。鏡へ全裸を映すことで、肉の付き方を認識し、肥満具合を自覚することができる。さらに、全裸でいると、服を着ているときよりも体感温度が低くなっているので、体温を維持するためにカロリーを消費しやすくなるといわれている。つまり基礎代謝が上がるということ。

全身鏡を部屋の隅々へ配置し、どこにいても様々な角度からボディチェックできるようにしておくのが基本的な「裸族の過ごし方」だ。
たとえば深田恭子は、帰宅すると服をすべて脱ぎ捨て、全裸で加圧トレーニングを始めるそうだ。藤原紀香も自宅では全裸トレーニングを行っているという噂。長澤まさみも映画『モテキ』の撮影前、家にいるときは常に全裸で、セクシーなポーズの練習をしていたという。それがあの艶っぽい演技につながっていたのだろう。

関連キーワード
ビューティー, 恋愛】の最新記事
  • 男は彼女の浴衣姿をかわいいと思う?彼氏に喜ばれる浴衣選びのコツ
  • 今年こそは!彼と水着デートのためのダイエット
  • 水着やオフショルなどで見えるおなかや二の腕を痩せる方法!
  • 話題の恋コスメとは?実際に使用して効果があったアイテムをご紹介!
  • 露出の夏が来る…!スキマ時間に簡単に出来るダイエット
  • 知っておきたい♡ 彼ウケバツグンの水着の条件って?
  • 水着姿…男性はどこを見ている?ここだけは痩せておきたいパーツ4選
  • 雨の日でもかわいいデート服でおしゃれを楽しもう!