恋愛上手の女性とは、男性から告白をしてくるように仕向けるのが上手な人。男性は心理的に「自分から告白したほうが彼女を大事にする」という傾向があると言います。ぜひとも相手から告白されるテクニックを手に入れたい! そこで、恋愛上手な女性たちに、男性から告白を引き出すフレーズを聞いてきました。
「デート中の男性といい感じなんだけど、最後の一手は彼に決めてほしい」という女性必見です。

 

男性からの告白を仕向けるフレーズ6選

 

気になる男性とのデート中に、こんなフレーズを使ってみましょう。

●その1:男性の意見を全肯定する姿勢をみせる

「○○くんの考え方、すごく分かる」とか「それすごくいい考えだね」といった、男性の意見を全肯定する姿勢をみせましょう。すると男性は、「断られないかも」と思って告白する勇気が湧いてくるのだとか。

●その2:曖昧な言葉を言われたら、話の先を促す

相手が「○○ちゃんって可愛いよね〜」「○○ちゃん、好きなひといるの?」などと、探りを入れてきたときはチャンスです。こちらも「で、何が言いたいの?(Sぽい笑顔で)」とか「つまりどういうこと?」と言って、話の先を促してあげましょう。でも、急かしてはいけません。恋の駆け引きを楽しむのがコツ。

●その3:間接的に褒める

あまり女性のほうから、「あなたってカッコイイね」と直接的な褒め言葉を言うのはよくありません。「オレにベタ惚れだな」と余裕をかましてしまうからです。そういうときは間接的に褒めるのが有効なのだとか。
たとえば、「女友だちに○○くんのこと自慢しておいたよ」と言えば、「え〜オレのどこが自慢なの?(ニヤニヤ)」「そんなの知らない(ニヤニヤ)」のような、恋人未満のイチャイチャを堪能しつつ、男性の気分を盛り上げることができます。

●その4:恋愛観を今の状況に当てはめて話す

恋愛の話題になった際に、なんとなくいまの状況をほのめかすのが恋愛上級者。たとえば、相手と飲みながら「彼氏とは、一緒にお酒飲んだり美味しいもの食べるデートが好き」と言ってみたり、友人男性には「友だちから仲良くなって付き合うパターンが理想的かな」と言ってみましょう。

●その5:親密な関係であることをほのめかす

ふたりの関係がある程度親密なほうが、男性も安心して告白できます。「○○くんだから言うけど」や「誰にも言わないでね」などと、相手を特別な男性と意識していることを伝えるとよいでしょう。

●その6:「この子が彼女になったら……」と期待させる

いくら仲が良くても、お付き合いするメリットがなければ、わざわざ告白しようとは思いません。そこで、彼女になったらこんないいことがあるよ、というエサをチラつかせてみましょう。
たとえば、「わたし、甘えるのとか苦手なんだけど、彼氏とかなら思いっきり甘えちゃうんだよね〜」とか「エロいって言われたことがある」などと、甘い妄想をかき立てるものがいいですね。ひとによっては、「彼氏の前ならけっこうSになるかも」が効果がある場合も。

 

男のハンター心をくすぐるのが重要

 

付き合う直前がいちばん燃える時期でもあります。尽くしまくって彼氏をゲットする作戦もありですが、恋愛の駆け引きをたっぷり楽しんで、彼のハンター心をくすぐりましょう。そうすれば、「付き合って欲しい」という告白の言葉を引き出すことができるのです。

◆仕事だけのお付き合いにしないために読んでおきたい。
仕事だけで終わらせたくない!取引先男子を落とす7ステップ

 

関連コラム

 

フェイスブックの基本データでドキッとした事
結局は古風な女らしさに弱い男たち
男が本音を暴露!セックスに関する素朴な質問
飲み会の話題に隠されたイマドキ男の本音
「ちょいブス女子」に対する男の本音

 

おすすめ特集コラム

 

月間Bestコラム10選
「漫画」はモテ人生の教科書!漫画に学ぶ“モテモテ道”
「女って怖いな…」と思わずにはいられない記事5選
自分を売り込むプロ=芸能人に学べ!「恋愛の極意」7選
サボリ女子のホメられBodyの作り方
Written by 餅月かおる
Photo by Tivoli Myers

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • 「好きになること」「愛すること」って、どういうこと?|エマちゃん
  • 「ひとりの人とだけ恋愛もセックス もする」以外の恋愛の形もある
  • 思わず赤面!アンダーヘアにまつわる恥ずかしい体験談5選
  • 人気占い師・富士川先生イチオシ!恋愛運アップの縁結び神社4選!
  • 実は気が短い?O型女子の性格にゾッとする「10の本性」
  • 日本で「デーティング期間」を導入するメリット・デメリット
  • 何かに依存する恋愛は後で必ずツケを払うことになる
  • 受け身系女子だけど 恋愛したいんですけどどうしたらいいの? 〜負け続けたくない 女子たちへ〜