お花見の季節です。今年は寒さが長引き、ゆっくりとした歩みの桜前線でしたが、今週から気温も暖かくなり各地で満開となることでしょう。
お花見はいつもの飲み会と違った雰囲気で、かっこうの出会いの場でもあります。しかし、お花見だからこそ目立ってしまうのが「困った行動をする女性」。貴女はそんなこと……ないですよね?

お花見のNG行動7選


男性筆者が“オトコ目線”で、お花見のNG行動をご紹介します。

●その1:「寒い、寒い」と連呼する

盛り上がっている席の片隅で、「寒い」を連呼し、屈みながら身体を震わせる女性。よく見れば、首周りが大きく開いたワンピースに、ストッキングすら履いていない。春とはいえ、屋外で行う花見は寒く感じることもあります。防寒は常識です。

●その2:ひとりでいる

みなの輪に入るわけでもなく、桜を見ているわけでもない。かといって、酔っている風でもない。ひとり、離れたところで哀愁を漂わせている……わけでもなく、携帯をいじっている。正直、何しにきたのでしょう。

●その3:カラオケで熱唱する

公園にカラオケの機材を持ち込んでくるだけでもかなりのヒンシュクものです。そこへ女性特有のしめっぽい歌を大熱唱。過去の恋愛を思い出したのか涙まで流すしまつ。周囲の花見客も唖然。決して、あなたの歌に聴き入ったわけではありませんよ。

●その4:スポーツをする

「バレーボール」「バドミントン」「フリスビー」。これらはアウトドアでよく遊ばれますが、花見ではご法度。他の花見客に当たれば凶器です。料理や飲物に当たれば大惨事。「童心に返ってフリスビーで遊んじゃう無邪気なあたし」という演出は不要です。

●その5:花より男子

目当ての男性の隣を独占し、離れない。お箸、おしぼり、ティッシュ、つまようじ、デザートスプーン、およそ必要なものは手元のカバンから出てきます。その備えの良さと押しの強さに、周囲も引き気味です。「花より男子」とはうまいこと言いますよね……。

●その6:トイレの真横に場所取りをする

お花見会場の女子トイレはいつも長蛇の列で、女性は苦労するでしょう。もちろんトイレが近ければ便利です。だからといって、トイレの真横を場所取りするのは理解できません。風下なら、さらに最悪です。

●その7:おつまみが堅苦しい

「デパ地下の季節限定オードブル」「有名パティスリーのプチタルト」といった、持ち寄りのおつまみに異常なこだわりを見せる女性たち。男性は完全に蚊帳の外です。食パンにハムときゅうりを挟んだサンドイッチとか、鮭おにぎりとかでいいじゃありませんか。

お花見の華は桜と女性である


桜の花を背景に、女性という華を愛でるのも趣があっていいものです。せっかくのお花見なのですがから、あなたの華を枯らさないでくださいね。

Written by Wicca
Photo by skyseeker

何気ない行動を男目線でチェック!女子力がダウンするしぐさ6選
大人のおもちゃで大失敗…恥ずかしい体験
我が強すぎるアラサー独身女の特徴

恋愛】の最新記事
  • セックスの満足度が段違い! 女性がオーガズムに達する秘密の方法
  • 良いセックスはキスで決まる!男を悶々とさせるキスとは?
  • 彼氏からの愛情表現が物足りない…マンネリカップルに刺激を与えるのは嗅覚!
  • 熱い夜を過ごしたい! マンネリ彼氏、草食系男子を欲情させるテク6選
  • 男性が本命女子には「絶対しないこと」
  • 私の性欲は異常⁉ 女性の性欲の理由とコントロール方法
  • 笑っちゃいけないけど笑っちゃう!恋愛不幸話6選
  • 女子が「彼とはもう付き合っていけない」と悟った瞬間5選