これだけは肝に銘じてほしい。
恋人を得ると同時に背負い込まなければならないのが、嫉妬という厄介な感情であるということを。

 

そう、本物の恋にもれなくついてくるのが嫉妬心なのだ。
だから、恋をするには相当の覚悟も必要なのである。

 

嫉妬心の湧かない恋はすでに朽ちてしまった恋か、疑似恋愛にすぎない。
そんなものはほとんど価値のないものなのであって時間の無駄にすぎないから、嫉妬心の
伴わない恋なんてものはさっさとゴミ箱に捨ててしまうべきである。

 

嫉妬心…それは恋する女の自然な感情

 

こんな経験はないだろうか。
小学生時代、ものすごく仲がよくて親友だと思っていたはずの同性の友達が別の女の子と自分以上に親しそうにしているのをみてメラメラと嫉妬心が湧いてきたことが……。

 

こんな風にたとえ同性の友人でさえ、とっておきの存在だと思っていた相手が自分以上に他の誰かと親密にしている光景をみてしまうと、ついついやきもちを焼いてみたくなるものである。
それが、心も身体もすべて占有したはずの恋人となれば、たとえ一瞬であってもほかの誰かに占有されるということはもう許しがたく耐えがたいものであることは今さら言うまでもない。

彼と腕組みして歩いているとき、すれ違った女性を思わず彼が振り返った時でさえ、嫉妬の感情はメラメラと頭をもたげてくるのである。

「やだ、今のコってものすごく下品で不潔な感じ。
あなた、もしかしてあんなのがタイプだったの。
もう、がっかり……。最低ね!」

 

なんて、まったく縁もゆかりもない女性にでさえ目一杯悪態をついてしまい、ついついカレにつらくあたってしまうのである。

でも、これがまさに恋する女の自然な感情なのだ。

ただこんなのは軽度の嫉妬であって、一瞬にして消えてしまうからまだたわいがない。

 

ところがこれが確証のある浮気だったりするともうただ事では済まないのである。
相手のオンナを殺してやりたいと思うほどの憎しみと同時に、カレへの絶対許せない感情がない交ぜになって、どんな可愛い顔もまるで般若の面と化し、心も鬼のように醜くなってしまうのである。

 

さらに、現在進行形のカレの心移りにとどまらないのが嫉妬の厄介なところなのだ。
例えば、カレの昔の彼女の話をこんな風についついカレの口から聞いてしまったとき……。
「実はカノジョのこと、結婚しようと思うほど好きだったんだ。それが、やむにやまれぬ事情で別れちゃってね……。」なんて告白されると、もう偶像にすぎない過去のオンナが頭の中でとてつもなく大きな存在になってきて、猛烈なジェラシーの対象となってしまうのである。

 

やれやれと、自分でもため息をつきたくなるくらい持て余してしまうのがこの嫉妬心というヤツなのだ。

でも最初に書いたように、本物の恋にもれなくついてくるのが嫉妬心であって、基本的に恋するあなたは嫉妬の呪縛から逃れることはできないのだ。

関連キーワード
恋愛】の最新記事
  • 安らぎor情熱|あなたが次にめぐりあう恋はどっち?
  • キスはもはや前戯だった!!男を悶々とさせるキスとは?
  • 「この子とは普通の恋愛が出来そう」と男性が思う瞬間とは?
  • 今まで「好きな人」と結ばれなかった原因
  • 【クリスマスまでに彼氏を作る戦略】キリスト教徒じゃないけど神に感謝!
  • 賢く関係を続けていくために!セフレにまつわる記事4選
  • 大好きだけどこれだけはムリ!彼氏と別れたくなった性の不一致
  • 発覚!モテる男性ほど最終的には安定した女性を選びたがる!