毎日ご飯を作って、洗濯をして、服を選んであげて……
あなたは、彼に好かれたいあまり、“母親代わり”になっていませんか?
 
このような関係を続けていると、いずれは彼氏に捨てられることになります。
この“母親代わり”がふたりの愛が冷めさせる理由を、心理的な観点から説明します。
 

母親代わりになるのは、彼への依存!?

 
多くの女性は、子どものころから人の世話をするよう、無意識的にしつけられています。
母親が、父親や子どもの世話をするのを見ることで、大人の女性とはこういうものだ、という像を描くため、これは自然なこと。
 
もちろん、人の世話をするのは、女性らしく育つ上で重要なことです。
ですが、大人になって男性と付き合うときにまで、彼に対して母親のように接するのはやめたほうがいいんです。
 
母親代わりをしたがる心理の根底にあるのは「彼を子ども扱いすれば、必要な存在になれる」という依存心だからなんです。
 
本来、大人の男女は、パートナーシップを築かなくてはいけません。お互いを信頼しあう気持ちが、男女の関係において大切なのです。
 
どちらかが依存してしまうと、その関係は破綻することになります。いずれ彼は、なんでも手を焼こうとするあなたのことを重荷に思い、逃げ出してしまうでしょう。
それは、子どもが成長し“反抗期”が来るのと同じように、避けられないことなのです。

彼とパートナーシップを築く方法とは

 
では、彼に対してどう接すれば、大人の男女としてのパートナーシップを築けるのでしょうか。
その方法を3つ紹介します。
 
●その1:母親口調をやめる
 
「ちゃんとカギもった?」
「こっちのネクタイにしなさいよ」
 
こういった母親口調を続けると、彼はあなたがいなければなにもできないと感じ、自信を失ってしまうことに。自信を失うと、人を愛する余裕がなくなり、結果としてあなたのことを嫌ってしまうのです。
 
まずは意識して母親口調をやめ、自分のことは自分でしてもらうようにしましょう。
 
●その2:有能で頼りになる大人の男として扱う
 
男性は、人から頼りにされるほど、気力がみなぎるもの。もともと、家庭や社会を守ろうとする本能があるのです。
 
彼がなにかをしようとしているときは、「○○くんにまかせるよ」などの声をかけ、頼りにしていることを伝えましょう。
彼は実力以上の力を発揮し、社会でも活躍してくれるはず。
 
●その3:彼に責任をもってもらうことを決める
 
彼とあなたで、責任の所在を明確にするのも、パートナーシップを築く上で大切です。たとえば同棲しているなら、お風呂の準備は彼、洗濯物はあなた、という風に。
 
お互いに責任をもつことで、その関係性は依存から協力へと変化します。
 
これでふたりのパートナーシップは、より深まっていきますよ。

本当の意味で男を立てよう!

 
男性と付き合うということは、けっして母親代わりになって甘やかすことではありません。大人の男女として、お互いを信頼しあい、協力しあうことです。
 
不必要な世話焼きはやめ、頼るところはしっかりと男性に頼るよう、意識しましょう。
それが本当の意味で“男を立てる”ということなのです。
 
(yummy!編集部)
 
■男に尽くす!いいオンナでも、男に嫌われるタイプ
■男から愛される女性になれる「思い込み」という恋愛マジック
■彼に「ずっと本気で愛される女性」の特徴は絶妙な距離感にあり?
 

公開日:2013年5月25日
更新日:2020年1月14日


 

恋愛】の最新記事
  • あなたは本命?彼の気持ちが気になったら「ブランチデート」に誘おう
  • 恋愛とか結婚って必要なの?|エマちゃんの幸せライフハック
  • 奥手な女子でも大丈夫! 男性に好意を伝える恋愛テクニックとは?
  • あなたは大丈夫?結婚相手候補から除外される女性の言動
  • ダメ男ばかり好きになる……ダメな恋愛を抜け出すには?
  • 男の適齢期は一瞬! 男性が出している「結婚したい」を見逃すな!
  • 心理学の「原因帰属理論」を使えば、結婚できない理由がわかる!
  • 彼氏に対する愛が一瞬で冷めるのはどんなとき?