SEXが美容と健康によい影響を及ぼすことは、医学的にもある程度、証明されている。

「SEXの後は女性の気分が高まるので、規則的にSEXしている女の人はうつ病やヒステリーになりにくい」というニューヨーク州立大学の研究報告があるのだけれど、似たような報告は少なくない。

 

「SEXでキレイに」は医学的にもあながち嘘ではない

 

日頃、男性の体臭に触れている女性は、血液中の女性ホルモンの濃度が高くなるというカトラーという博士の研究報告もあって、これは素人でもなんとなく頷ける。

それに、女性ホルモンの分泌が高まるということは、肌も潤い、瞳も濡れ、バストもぷるるんふくよかになるわけだから、SEXできれいになるというのは医学的にもあながち嘘ではないのだ。

そうそう、余談だけれど、男性専門外来の先生に直接聞いた話では、男性の唾液に一番多く含まれているテストステロンという男性ホルモンを取り込んでいる女性は、やはりうつ病になりにくいのだそうだ。
何せテストステロンというのは、男性を雄々しく逞しくするホルモンの代表格であって、別名「やる気ホルモン」とも言われている。
女性を元気で活動的にさせてくれる源にもなるわけだ。
医師に頼んで、テストステロンの注射を希望することも可能だが、余程のことがないと処方はしてくれないし、第一、化学的な物質を注射するということは当然副作用も考えられる。

だったら、ディープキスのほうがずっとハッピーだし、健康的だ。

 

カラダを魅せる相手がいることが最強のモチベーショ

 

素人考えでも、SEXは女性をキレイにしてくれる要素が満載だ。

カラダを魅せる相手がいるというのは、それを磨くための最も強力なモチベーションになる。
顔は社会的な要素が強いから、仕事や集まりで出かけるたびにたいていの女性は化粧で装い、自分をキレイに見せることに専念する。
ところが、カラダだけはやはりモチベーションがないとなかなか磨くチャンスがない。

ボディローションで毎日お手入れしているボディと全く何もしないボディではやっぱり天と地ほどの開きがでてしまう。
ケアしているボディのほうが断然オンナ力が高い。
髪、爪、ペディ、キュアとディテールにこだわった手入れはやはり彼氏がいる時といない時では自ずと熱の入れ方が変わってくる。
そういう意味で、女磨きのモチベーションとしてSEXにまさるものはないと思う。
当然、SEXを通じて彼に愛されているという実感は立ち居振る舞いにも出てくるはずだ。

 

「SEXでキレイになる」の意味を誤解している女性も…

 

しかし……、である。
最近、雑誌などで「SEXでキレイになる」という考えが独り歩きしてしまっていてSEXさえすれば美しくなれると誤解されているフシがある。
SEXしていないという焦りから、「脱ブスSEX」に走ろうとする女性も少なくないはずだ。
しかし、こういう思考回路でSEXする女性は逆にブスのスパイラルにはまってしまうのだ。

今さら言うまでもなく、愛を確かめ合う行為としてのSEXが最も幸福なものであり、 それにより心が満たされた結果のキレイさというものが、本物の美しさなのである。
愛が介在しない刹那的なSEXは女性を輝かせるどころか、くすませ、とてもはすっぱな雰囲気を醸し出させてしまう結果になる。
容易に寝られる雰囲気は、確かにオトコの人を引き寄せるものなのだけれど、寝るためのハードルが低いオンナは、一層本物の愛から遠ざかってしまうものなのだ。

 

好きでもない相手とのSEXはNG!

 

そう考えたときに、SEXでキレイになるの嘘に気付かなければならない。
たとえ空白の期間を耐え忍んでも、本物の恋に出会えるまでじっと待つ。
ましてや、好きでもない相手とは迂闊に寝ない。
このスタンスを保ってこそ、本当にSEXでキレイになる女性になれるのである。

恋愛・美容エッセイスト|南 美希子フェイスブックページ
恋愛や美容にまつわる情報や、近況など、元テレビ朝日アナウンサーによる、最上級の女になるための持論を展開中!

 

関連コラム

 

男女で異なる「セックス観」とは
恋愛下手女がときめけない2つの理由
「本物のオトコ」を見極める方法
ノーブラ状態でおっぱいが大きくなる!
「プチ断食」で“ぷるぷる美肌”に?

 

おすすめ特集コラム

 

月間ランキングTOP10
2012年!絶対に読んでおくべき記事5選
お腹が痛くなるほど笑っちゃう!「笑えるネタ記事5選」
女性の体は宇宙のように神秘的で奥深い!6選
南美希子の恋愛計算式「ワタシ+」

 

南美希子プロフィール

 


南 美希子
司会者、エッセイスト。
東京生まれ。
元祖女子アナ。
聖心女子大学3年生のときアナウンサー試験に合格。
テレビ朝日のアナウンサーを経て独立。
田中康夫氏との「OHエルくらぶ」、三宅裕司氏との「EXテレビ」などで司会をつとめる。
光文社のJJに「お嫁に行くまでの女磨き」、VERYに「40歳からの子育て」を長年にわたって連載し、熱烈な支持を受ける。
現在もワイドショーのコメンテーターやシンポジウムのコーディネーター、トークショー、講演、執筆などで活躍中。
化粧品「フォークイーンズ」の開発や美容医療情報のフリーマガジン「MITAME」の編集長もつとめる。
講談社「グラマラス」では「LOVE握力」というタイトルのブログエッセイを連載中。
近著に「オバサンになりたくない!」「美女のナイショの毛の話」(ともに幻冬舎文庫)がある。
Written by 南美希子
Photo by anieto2k

恋愛】の最新記事
  • 男性の7割がエッチしたくなる「秘密のスイッチ」?
    男性の7割がエッチしたくなる「秘密のスイッチ」とは?
  • 付き合う前に「ホテルに誘う男性」に流されないための心得3箇条
  • 好きな人に告白してはいけない? 脈ナシ男性を振り向かせる秘訣
  • 浮気、ヒモ、DV…ダメ男にはまった女性が陥る「不幸志向症」
  • 告白文化はレア?欧米ではスタンダードな「デーティング期間」
  • 容姿?性格?価値観?恋人に対してもっとも重視するべき要素TOP3
  • 一筋縄でいかない恋にハマる! AB型女子の隠れたセックス観
  • 「好きやねん!」大阪府民の恋愛傾向と相性を徹底解説!