今や海外旅行は当たり前。
語学留学程度なら海外旅行の延長という感じで気軽に参加できるので、短期間でも海外生活を経験することができます。
しかし、中途半端に海外経験を経た自称・帰国子女のなかには、傍から見ると笑っちゃうような外国かぶれ女子も。

ついつい、“かぶれ発言”しちゃった、痛い女子の目撃談を紹介します。

 

海外通のつもりで、かぶれ発言する女子8選

 

●その1:「ずっとアメリカだったから」

「職場に派遣でやってきたアメリカ帰りのバイリンガルちゃん。確かに英語はぺらぺらなんだけど、仕事では全然使えない。しょうがないからファイリングを頼んだら、真ん中に穴を開ける方法がわからないんだとか。
『ずっとアメリカだったから、こういうのわかんないんです』だって。それさすがにアメリカに失礼でしょ」
(目撃者30歳/メーカー営業)

○その子の言うアメリカではファイルから書類が上下に飛び出しまくってるんでしょうか?

●その2:「この発音しかしらない」

「ランチの会話で急に聞きなれない単語を発した、語学留学帰りのA子。
みんなでなに、なに? って聞き返すと『”blender”(ブレンダー)この発音以外わからないから』と。要はジュースミキサーのこと。もうめんどくさいから日本語で言ってくれ」
(目撃者29歳/デパート)

○カタカナ英語で発音するのがよっぽど嫌だったんでしょうね。確かに日本語で言ってくれれば、それで一件落着。

●その3:「文法的に……」

「NYに3ヶ月住んでたという派遣ちゃんが『これって文法的にあってるんですか?』と英文メールについて上司と30分もめてた。仕事がはかどらなくってしょーがない。通じれば良いじゃん」
(目撃者32歳/医薬品メーカー)

○日本人が大好きな英文法の罠に陥ってしまったようですね。

●その4:「イタリアでは……」

「イタリアを旅してくると言って、2ヶ月イタリア各地を回って帰国したB子。
行く前には合コンと酒が何よりも大好きだったくせに「イタリアではお酒で酔っ払うのはマナー違反だから」と、合コンでも一人ワインを静かにクルクル。
完全にイタリアかぶれになってるな、と。その一ヵ月後には元通りのB子に戻っていました」
(目撃者27歳/派遣)

○ここは日本なので、酔っ払っても良いんですよ。

●その5:「メルシー」

「海外の企画ものを扱うイベント会社勤務で、海外出張も年に4回以上というC子。イベントが変わる度に『メルシー』とか『グラッツェ』とか言わないで欲しい。本当に返しに困る」
(目撃者35歳/保育士)

○特にハイテンションで言われると困りますよね。落ち着いて「どういたしまして」と返してみてはどうでしょう。

●その6:「フロス磨きいってきます」

「最近職場に派遣で来た子が、あまりに席を頻繁にたつと噂に。実は何か食べるたびにフロス磨きをしているのだとか。彼女曰く『アメリカでは歯医者で保険きかないから』。
ついに上司から『おかし食べないで』とおやつ禁止令がでました」
(目撃者31歳/IT)

○アメリカ人は歯が命? 日本は歯医者も保険ききますしね。

●その7:「外人しかダメなの」

「オーストラリアでのワーホリ中に超モテたというD子。
以来『私、外人じゃないとダメかも』と言っているが、言い寄ってきたという男性陣の写真を見せてもらったら、どれも推定50歳オーバー。
それは外人限定じゃなくて、中年以上限定かもよ」
(目撃者29歳/広告代理店)

○日本でも外人にモテたら「外人限定」、中年にモテたら「中年限定」

●その8:「英語のお仕事」

「20代後半に語学留学。帰国後は英語を武器にバリバリ仕事をしてやると、鼻息も荒く帰国しました。
運よく入れた職場は『海外営業部』。そこは『小学校から親の仕事の関係で〜』という生粋の帰国子女ばかりが集結したような部署。
面接時に『英語は抵抗ないので、問題ありません』と豪語したことを悔やんだことは言うまでもありません」
(筆者の経験談)

○たかが半年程度のちゃらい語学留学では、仕事に使える語学など身につくはずもありませんでした。赤西仁が半年でどれだけ英語が身についたのかが気になるところです。

 

かぶれ女子は良くも悪くも順応性が高い?

 

海外が近くなった今、職場や友人の中にこのような海外帰りのかぶれちゃんを目にしたことがある人も多いことでしょう。
そんなかぶれ女子はある意味、順応性があるため、数ヶ月後には生粋の日本人に戻っていたりするので、そこもまた痛痒くて突っ込まずにはいられませんよね。
語学スキルも中途半端だと、筆者のようにさらに痛い結果になることもあるので要注意ですよ。

芸能界の“かぶれ発言”の第一人者、押尾学氏。
「日本の音楽シーンを俺が壊してやる」→家庭が崩壊
「小さい頃、FBIになりたいと思ったことはありました」→実刑確定
……口だけ番長にもほどがありますね。

間違っても、第二の押尾語録としてネットで暴露されないように気をつけましょう。

◆誰にも聞けない…恥ずかしい体験
大人のおもちゃで大失敗…恥ずかしい体験

 

関連コラム

 

北朝鮮の世襲政治を紐解く
ブータンを幸せへ導いた日本人
男は読まない方がいい記事10選
世界の「!」ファーストレディたち
アメリカ人のオーガニック魂

 

おすすめ特集コラム

 

月間ランキングTOP10
2012年!絶対に読んでおくべき記事5選
お腹が痛くなるほど笑っちゃう!「笑えるネタ記事5選」
女性の体は宇宙のように神秘的で奥深い!6選
南美希子の恋愛計算式「ワタシ+」
Written by フランクひらがな
Photo by Robert Bejil Photography

恋愛】の最新記事
  • レンタル彼氏って実際どうなの? 利用者の声を聞いてみた
  • おっぱいが大好きでたまらない♡ 男性が“おっぱい愛”を持つ3つの理由
  • 良いセックスはキスで決まる!男を悶々とさせるキスとは?
  • 彼氏からの愛情表現が物足りない…マンネリカップルに刺激を与えるのは嗅覚!
  • 熱い夜を過ごしたい! マンネリ彼氏、草食系男子を欲情させるテク6選
  • ココ・シャネルの名言から学ぶすぐにモテる恋愛の法則とは?
  • Facebookが離婚の原因に!? 彼の真実を知る方法
  • もう若くない! 30代を過ぎたらキャラ作りはやめるべし!