一緒にご飯を食べるって幸せですよね? 外で豪華にレストランデートもいいですし、たまにはほっこりおうちで手料理デートも! 彼と一緒に美味しいものを食べる。これぞ至福。でも、ちょっと待ってください。その「美味しいもの」、彼にとって本当に美味しいものですか? あるいは、彼にとっての美味しいもの、あなたにとって美味しいものですか? 我慢していませんか? 我慢……させていませんか? そんな、食べ物の好みが彼と違った場合についてのあれこれを、考えてみました!

 

些細なことだと思いながら

 

食べ物の好みなんて些細なこと、と思いながらも意外とストレスが溜まるものです。たとえば「チキンナゲット」。ハンバーガーショップなどで、誰もが一度は食べたことがあると思います。モスバーガーのそれは、ソースが選べるんですよね。そう、「マスタード」か「バーベキュー」か。Hさんは、長年なんの迷いもなくマスタード一択でした。バーベキューは甘すぎるし、なによりあの酸っぱ辛い風味がチキンなゲットの油っぽさを打ち消してくれる! そう信じていました。ところがあるときそのとき付き合った彼と初めてモスバーガーに入ったとき、彼はこう言ったのです。「チキンナゲット、バーベーキューソースで」……え? と思ったものの、すぐには声には出せず、Hさんはあとから「マスタードじゃないの?」と彼に訪ねました。彼は彼できょとんとして「なんでマスタード?」と問い返す始末。「ナゲットにはバーベキューだろ!」「マスタードでしょ!」話は噛み合わず、意地になったのか彼はそれ以来、Hさんがマスタードソースを注文するたび不機嫌になったといいます。以来、彼の前でマスタードソースを食べれなくなったというHさん。些細なことですが結構ストレスが溜まったといいます。「今の彼はマスタードソース派なんです。くだらないことだと思うんですが、すごく嬉しいんです」まさか、今の彼氏もそんなところで自分の株が上がっていると思ってはいないでしょうね……。

 

育った環境の違い

 

チキンナゲットのソースなどは完全に個人の好みですが、育った環境からくる好みの違いもあります。関西のお好み焼きと関東のもんじゃ焼きなどですよね。ここまでくると、もう違いを受け入れて楽しむほうがベストでしょう。
そう、違うのは当たり前なんです。問題はそれを素直に言えるか、相手の好みを受け入れられるかどうか、ということです。自分の好みを受け入れてもらいたかったら、先に相手の味も試してみましょう。なにか発見があるかもしれません。
でも、無理はほどほどに。
Written by Gow! Magazine編集部(Women Issue)

恋愛】の最新記事
  • かわいい……♡ 男性が彼女を抱きしめたくなるのはどんなとき?
  • 実家暮らしの女性は、なかなか結婚できない!? その理由とは?
  • 男性から嫌われるマザコン女。傾向と特徴を聞いてみた!
  • 実は男性が引いている……女性がやりがちなNG行動を徹底調査!
  • 恐ろしすぎる……「彼ママ」「彼姉妹」が口には出さない本音
  • 男性が本命彼女にしたいと思っている相手にとる行動
  • めんどくさい女だけどモテる!めんどくさい女特有のモテ要素とは?
  • 後悔しかない……死にたくなるくらい恥ずかしい別れのエピソード集