「男性」「女性」の性差はあって当然ですが、それを一方的に「俺は男だから」で通されたら、なんだか釈然としないですよね。付き合っている相手や、上司に同僚など、まわりにそんな男性はいませんか? いまどき男尊女卑はありえない、と思っていても、育ってきた環境などで、それを普通だと思う人はいるものです。ここではそんな「男だから」と押し通す彼らの「普通」を探ってみました。

 

「男だから」家事はしない

 

一番多く実感するのは、家事などの家の中の作業の分担ではないでしょうか。「光熱費、家賃、食費が折半なのはわかるんですが、料理、掃除、洗濯などは全部私なんです」と、釈然としない気持ちを打ち明けるNさんは27歳の会社員。「彼のほうが私より、不規則な仕事だから、自然とそうなっていったのですが、正直、これならひとりで暮らしたほうが楽です。家賃全部出してくれるなら、まだ私が家事しようかなって思うんですけど」なるほど。それはそうですよね。彼氏に改善を求めないのですか、と質問すると、「言ったんですよ、そしたら、お前は女だろ、とそれで終わりました。それ以上は言えなくて」ううむ。「お前は女だろ」も「俺は男だから」の対になるもので、ほとんど同じ意味ですよね。こうなると話が通じません。Nさんも、別れを考えているようです。

 

「男だから」女性は守る!

 

ただ、この男尊女卑の温床になりそうな「俺は男だから」思想ですが、一応、いい面もあるそうです。書店でアルバイトをしているFさんは26歳、同棲こそしていませんが、付き合って三年になる彼がいます。「私の彼は、男とはこうあるもの、という考えが強いので、絶対に重い荷物とかは私に持たせません」おお、そんなことが! 「それに、女に支払わすのは男にすることじゃないって、いつも絶対に奢ってくれます。友達と遊んで終電がなくなったら、危ないからって迎えに来てくれます。女の子はか弱いからって」いくらなんでも素晴らしすぎる! Fさんの彼だけが特別なんじゃないですか? 「いいえ、彼のまわりの男性はみんなそうみたいですよ。運動部だったので、体育会系の縦社会でそう教え込まれたみたいです」なるほど……! 体育会系の俺様イズムにそんなメリットが!

正直、「男だから」という彼をよしとするかは、付き合っていくあなた次第です。でも、「男だから」という考えを持っているというだけで、彼のすべてを判断するのは危険です。どういうふうに行動するかで、判断してあげてほしいと思いました。
Written by Gow! Magazine編集部(Women Issue)

恋愛】の最新記事
  • 職場恋愛とは無縁…男性が同僚女子を「彼女にしたくない」と思う瞬間
  • 幸せな結婚をしたいなら!自分の欲望に正直になろう
  • 「富山県」に嫁ぐが正解?富山県民が幸せな結婚生活を送る理由
  • セックスの満足度が段違い! 女性がオーガズムに達する秘密の方法
  • 良いセックスはキスで決まる!男を悶々とさせるキスとは?
  • 彼氏からの愛情表現が物足りない…マンネリカップルに刺激を与えるのは嗅覚!
  • 熱い夜を過ごしたい! マンネリ彼氏、草食系男子を欲情させるテク6選
  • 男性が本命女子には「絶対しないこと」